猫の爪について【まとめ】

猫の爪について【まとめ】

猫の爪についてしっかりとした知識をもっていますか?爪に関する知識からお手入れの方法まで、まとめました!

  • サムネイル: tomo1006
    tomo1006
  • 更新日:

もくじ

1.猫の爪について

2.猫の爪のお手入れ【爪とぎ】

3.猫の爪のお手入れ【爪切り】

1.猫の爪について

まずは、猫の爪の特徴をまとめました!

■猫の爪の特徴

猫の爪は前足に5本、後足に4本ずつあり、薄い層状になっています。
猫の爪は自由に出し入れすることができ、普段引っ込めて隠しているのは、その鋭さを保つ為と、足音を消す為です。猫にとって身を守る最大の武器です。

出典 ww3.tiki.ne.jp

完璧には引っ込まない後足の爪は、前足に比べて鋭くはないが、獲物を襲ったり、キックするには充分。逃げる時の必勝手段の木登りにもこの爪が大いに活躍している。

出典 ww3.tiki.ne.jp

■猫の爪の内部構造

ネコちゃんの爪は、タマネギのように何層にもなっていて、真ん中に血管や神経があります。

出典 http://www.anicom-page.com

爪はその血管や神経を中心として層を重ねて伸びていき、外側の層は時間とともに固くなります。一番外側の固くなった層の使い古した爪をはがし、先端をとがらせて新しく柔軟性のある爪にするため、猫は爪とぎをするのです。

出典 http://www.sankei.com

■猫の爪が飛び出すメカニズム

犬の爪とは違い、猫は爪を出し入れすることができます!

その構造はこちらです。

絵の「黄色」は骨、「水色」は腱(けん)を表しています。
爪は力を抜いている時には引っ込んでいます。
猫が爪を出そうとすると、爪を支えている骨の下側の腱を後ろに引っ張ります。(オレンジの矢印の方向)
すると紫の丸で示した関節が「ちょうつがい」となり爪が出てくるという仕組みです。
そしてまた力を抜けば爪が引っ込みます。

出典 http://pet.nifty.com

2.猫の爪のお手入れ【爪とぎ】

紹介した通り、猫は、爪の構造上の理由から古い爪を研いで新しくする必要があります。

■猫の爪が落ちてた!大丈夫なの??

キレイにはがれた爪は非常に立体的な形をしており、はじめてみた人なら「猫がけがをしたのではないか」とちょっと驚いてしまうかもしれません。もちろん猫は爪がはがれたとしても問題はなく、はがれた部分もしっかりと鋭い爪が残っています。古くて不要な部分がはがれたと考えればいいでしょう。

出典 news.mynavi.jp

■猫の爪は勝手に剥がれるわけではない

猫にとって大事な爪は、自分で日ごろから手入れする部分のひとつ。飼い主が爪きりをしなくても、基本的には伸びすぎるということはなく、適度にはがしているので問題はありません。

出典 news.mynavi.jp

猫の爪とぎは本能で行われているため、やめさせることはできません。

しかし、好き放題にやらせておくと壁や家具がボロボロになってしまいます!

猫のしつけについてまとめました!

3.猫の爪のお手入れ【爪切り】

猫の爪は、爪とぎによって自分の爪の長さを調節することができます。

しかし室内飼いの猫の場合ですと、爪の摩耗が少なく、

飼い主さんが定期的に爪の長さをチェックし、必要があれば、爪切りをしてあげなくてはいけません。

■爪が伸びた状態が続くと・・

放っておくと柱や家具など色んな所で爪とぎをしてしまい部屋がボロボロになることもあります。
専用の爪とぎ器を用意してあげましょう。

出典 http://ww3.tiki.ne.jp

猫は、定期的に爪を切ってあげないと、伸びすぎた爪が巻きこみ足にくい込むおそれがあります。

出典 http://burmese.web.fc2.com

こちらに猫の爪切りの方法をまとめました!

よかったらご覧ください!

いかがでしたか?

しっかりとした知識をもって、

お手入れをしてあげたいですね!

内容について報告する