猫と”しつけ”。どうしたら快適な猫ちゃんとの生活が送れるの???

猫と”しつけ”。どうしたら快適な猫ちゃんとの生活が送れるの???

「トイレで、おしっこをしてくれない…」「壁が爪研ぎでボロボロに…」「どうしたら、快適に一緒に暮らせるの?」そんな猫ちゃんの”しつけ”について、まとめてみました。

  • サムネイル: mogmog
    mogmog
  • 更新日:

目次。

1.猫にとっての”しつけ”
2.猫の”しつけ”についての考え方。
3.どんな”しつけ”の方法があるの?
4.最後に。

1.猫にとっての”しつけ”

■猫は自分で判断する動物

 「犬は人の言うことをちゃんと聞くのに、猫はちっとも言うことを聞かないし芸もしない」とよく言われます。
しかし、これは大きな誤解。猫に学習能力がないわけでも、知能が低いわけでもありません。

 群れを作って生活をする犬には、もともとリーダーの指示に従う習性があります。
一方、野生時代に単独生活を送ってきた猫は、自分の身を守るために何事も自分で判断する習性をもつ動物です。
だから、犬のように他者の命令に従う必要もなかったのです。
猫にだって教えれば、オテやオスワリを覚える能力はありますが、必要がないことなので覚えようとしないだけなのです。

出典 www.kao.co.jp

2.猫の”しつけ”についての考え方。

■ ①怒るときは怒りましょう

猫が悪いことをしたら怒る、これはもちろん当りまえかもしれません。
ただ、大事なのはその場ですぐ怒ることです。
後で叱っても猫は何で?今は何も悪いことしてないのにと納得いきません。
猫は耳がいいため、大きな声を出すと叱られる、怒られると認識します。
なので、悪いことに対して常に同じ声で怒ると”僕、叱られる”と認識して悪いことをしないようになります。
ここでポイント!
怒るのはいいですが、叩くのはよくありません。
また、怒ってすぐ改善されたらすぐ褒めてあげることを忘れないようにしましょう。

出典 newtown-inuneko.com

■②ダメなものは絶対ダメ!

ダメなものは絶対ダメです。
昨日はOKだったのに今日はダメ?と猫も分からなくなります。
かわいそうから。。。と思って許してしまいがちですが、妥協してはいけません。

出典 newtown-inuneko.com

■③ ①と②を覚えてもらうまで続ける

すぐ覚える猫とそうでない猫、それぞれです。
飼い主がやめてしまうと猫は僕の勝ち!と思います。
猫に負けず1と2を覚えるまで続けていきましょう
飼い主さんをリーダーとして認められ、家が安心できる場所になっていると不安感が無くなり、無駄吠えも徐々にしなくなります。
そして「いけない」と軽くいうだけで無駄吠えを抑えるトレーニングすることが出来ます。

犬のしつけとさほど変らないと思いますが、猫は単独狩猟性の名残もあり、干渉される事を嫌いな性格の持ち主なので
しつけのときは犬よりも時間がかかる場合があります。
根強くしつけをし続けることに心がけましょう。

出典 newtown-inuneko.com

3.どんな”しつけ”の方法があるの?

■子猫のときに…

子猫のころから人間のペースで、抱っこされたり、
遊んでもらったりしていた個体ほど、気ままさが少なくなりますから、
小さいころからたっぷり遊んであげましょう。
遊びながら、人間に触られることに慣れていくのが、しつけの基本です。

出典 http://www63.tok2.com

■トイレのしつけ

※ 尿・便の回数でどのくらいしているか日頃からチェック
① トイレの場所を決める
・猫が来る前に場所を決めておく。
・廊下の隅などで、猫が安心し・落ち着いて出来る場所に。
・前にその子が使っていた砂があれば入れてあげる。
・トイレが不安定・近くに恐がるものがあるとしない。
・トイレの場所が安全でないと猫が判断した時他所でやっちゃう。
・汚れたらこまめにお掃除できる場所に置く事もポイント。

② 猫が床のにおいをかぎながらウロウロしたら
・この行為をしだしたらすぐ!トイレの中に入れる。
・トイレタイムは、見てみない振りをして見守る。

③ 最中は静かに
・どんな状況であっても駆け寄ったりはしない。
・ビックリして途中で止めてしまう。覚えてからも同じ。

④ 終わったら
・猫は自分で砂をかけて隠す。
・終わって出てきたらその場で誉めてあげる。

○ トイレ以外でやっちゃったら
すぐにお湯で拭いて、消臭スプレーを。
においが残っているとまたそこでやっちゃう。

⑤猫差
・覚えるまで②~④をくりかえす。時間がかかる子もいる。
・完ペキに覚えればすぐに掃除をしても大丈夫。それまでは、少し残す。

○ トイレの場所を変えたい時
・トイレの場所を変えたい時は、目に見える範囲で少しずつ移動。
・家ごと引越の時は、1番に猫に『ここがトイレ』と教えてあげる。

出典 www.f3.dion.ne.jp

■つめとぎのしつけ

○ つめとぎ器の種類
・ダンボール製・布製とさまざま。家の中に無いような材質の物を。
・ちゃんとしつけないと家中がボロボロに。家の中に同じような、材質のものが有るとそれもつめとぎ器だと思うのでご注意。

① つめとぎ器と、場所をはじめに見せときましょ。

② つめが伸びてきたり、興奮したりするとガリガリする。
・ガリガリしだしたらすぐにつめとぎ器の場所へ連れてく。
・間に合わないときはその場で怒る。

③ ②を覚えるまで続ける。

○ とぎ心地が悪くなると、違う場所を探し始めるので時々チェックを。
・特に室内猫の場合、伸びたつめを切ってあげるのも忘れずに。

出典 www.f3.dion.ne.jp

■その他

4.最後に。

『しつけ』と言う言葉の意味。

“(人間に都合が良いように)言うことを聞かせる”と誤解していませんか?犬の躾方法で猫を躾けようとしていませんか?

そもそも猫は犬と違って飼い主を“自分より身分が高い敬うべき存在”とは思っていません。
ですから、人に命令されても従う気は無いのです。
『しつけ』の本当の意味は、“作法を仕込むこと。家庭の教育”です。
そして、そういう意味の躾は猫にも十分に可能です。


猫を上手にコントロールするための一番重要なことは、命令する(=人間の都合を押し付ける)のではなく、『猫の立場で物を見る』と言うことです。
これで、ほとんど100%の問題が解決します。

成功の鍵は、猫の立場で物を考え、猫にも納得できるような有効的な躾け方を知ることです。
それでは、猫の立場で考えてみましょう。

出典 www.geocities.jp

いかがでしたか???
困った猫ちゃんの行動も、少し視点を変えると解決できるかもしれませんね!

猫ちゃんとの楽しくて、素敵な毎日が過ごせますように!!!

内容について報告する