一人暮らしだけど猫を飼いたい! 一人でも子猫を飼う方法!

一人暮らしだけど猫を飼いたい! 一人でも子猫を飼う方法!

家に誰も居ないことが多くなってしまう一人暮らし。そんな中、子猫を育てることは出来るのでしょうか? 実は猫は一人暮らしの方におすすめのペットなのです。まずは一番大事な「子猫の時期」に飼うポイントを解説します。

  • サムネイル: 関 慶之
    関 慶之
  • 更新日:

1.一人暮らしで飼う子猫

猫は、一人暮らしの人におすすめのペット

犬と同じように、一人暮らしで猫を飼うのは難しいと考えている人も多いと思いますが、実は猫の場合は【一人暮らしの人でも問題なく飼うことが出来ます。】それでは子猫の飼育はどうでしょうか? 子猫をむかえるにあたって重要になってくるのが子猫の時期です。何ヶ月の子からなら一人でも飼えるのでしょうか?

生後2~3ヶ月の子猫なら大丈夫!

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

生まれて間もない子猫の場合、体調を崩しやすかったり、ちょっとした事でも死んでしまう可能性があります。やはり24時間様子を見てあげる必要があり、一人暮らしで飼うのは厳しそうです。また性格面でもしっかりと面倒を見て母猫の代わりになれないと問題が生じやすいです。お留守番が大丈夫な時期が生後2、3ヶ月くらいからになりますので、そのくらいに成長してからお家に迎えるのがいいでしょう。

生後半年以上経った猫の場合

生後半年を過ぎた猫をむかえる場合、個体差はありますが、新しい環境に馴染むまで時間がかかるかもしれません。猫の性質を理解し、根気強く向き合える方であれば問題ありませんが、生後半年を過ぎた猫は初心者の方には逆に飼い辛いかもしれません。

一人暮らしで子猫を買う場合、ベストな期間は生後2~3ヶ月ということです!

2.飼う前に、まず考えるべきこととは

猫は一人暮らしでも飼いやすいといっても、簡単に飼える訳ではありません。
まず飼う前に、考えるべきこととは?

飼育環境

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

予想される問題点とは

・発情期に泣きグセがひどい子になる可能性があります。(去勢や避妊手術の有無には関わらないようです。)
・留守中の一人遊びで、物を倒したりして騒音になること可能性があります。

⇒なるべく防音性の高い物件を選ぶようにしましょう。

一人暮らしだとマンション等集合住宅に住む場合がほどんどだと思います。子猫の泣き声や騒音によってトラブルになる可能性も少なくありません。

また、猫は適度な運動が必要です。ある程度の運動が出来る部屋の広さなのか、猫の運動用の設備を整えることが出来るのかも考える必要がありそうです。

金銭的負担な問題

日頃の餌や猫砂代など、もちろん出費は増えます。それに加え定期的な検査代や、もしもの時の手術代などの医療費も貯金しておく必要があります。猫の一生でかかる費用は約80万程度と言われています。(購入代金、手術代、洋服などの趣味雑貨、お葬式代は除く)予期せぬ病気やケガなどをフォローするためにも、貯金必須ですし金銭面も考えるべき問題となってきます。

動物病院、ペット保険の把握

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

まずは近くの動物病院を事前に把握しておくこと必要があります。営業時間や休診日などを確認し、もしもの時のために何件か病院を調べておくいいでしょう。また、動物病院の料金は病院ごとに違います。思いがけなく大きな出費になる場合もありますので、事前にペット保険に加入しておくのもオススメです。保険料はそれぞれの保険会社、保障内容によって変わりますので、医療保険と同じ感覚で比較検討してみてください。

子猫を迎えた日からしつけができるか

まず第一にしつけたい項目

・トイレ
・爪とぎ

この二点は最低限、小さい頃からしつけておく必要があります。お部屋や家具を爪とぎから守るためにも、子どものころから甘やかさずにしつけを行いましょう。

10年以上一緒に暮らし、世話ができるのかよく考える。

一度飼いだしたら、その子が亡くなるまで一生飼わないといけないということを忘れないでください。その覚悟がない限り、猫を飼うことはできません。寿命やかかりやすい病気、性格などは、猫の種類によって違います、そういった性質も事前に調べ、ちゃんと面倒みれるかもう一度考えてみて下さい。

まとめ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

猫はその性質上、一人暮らしの方でも飼える動物です。しかし、住宅環境や、かかる費用や猫の種類による性格の違いなどを事前に確認して考える必要があります。子猫を飼い始めたら、もう後戻りはできません。しっかりと考えてから判断をしましょう!

内容について報告する