【猫のしつけ】 爪とぎをやめさせることはできるの?

【猫のしつけ】 爪とぎをやめさせることはできるの?

猫たちの爪とぎにお困りの方はおられませんか?実は爪とぎのしつけが成功できない飼い主は多いのです。困った爪とぎをやめさせることはできるのでしょうか?

  • サムネイル: Sesa3
    Sesa3
  • 更新日:

爪とぎを やめることはない!

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

猫にとって爪とぎは、自然なことです。

人間にとっては困りものですが、何も悪いことではないのです。

猫の爪とぎの主な理由の1つは、爪の手入れです。人間も爪を切らないで伸ばしっぱなしにして置くと大変不便ですね。同じように猫も爪の手入れを行わないと、何かと不便なようです。猫の爪は、古くなると「カサブタ」のようになりその下に新しい爪が生えてきます。 「バリバリ」と爪を引っ掛けるようにしているのは、この「カサブタ」を剥がそうとしているのです。古い爪を剥がすことによって、表面を常に鋭くしているのです。

出典 http://nekono.info

猫の爪とぎ対策

爪とぎをやめさせることはできませんが、部屋がボロボロにされるのを防ぐことはできます。

猫ちゃんは学習する動物であり、習慣になる動物です。
親猫ちゃんが壁で爪とぎをしていれば、マネをしてしまいます。
複数頭飼っている場合は、大人の猫ちゃんから爪とぎの場所を覚えさせましょう。
単独飼育の場合は、あなたが親代わりになるのですから、
子猫ちゃんの内から爪とぎの場所を覚えてもらうために、
爪とぎの場所に連れて行き、両手を持って「カキカキ」して覚えさせてあげます。

出典 http://neko.beginners-cafe.com

お気に入りの爪とぎを用意する

猫たちは家を破壊しようと爪を立てるわけではありません。爪とぎ自体が目的なのです。

用意した爪とぎよりも、柱や家具のほうが研ぎやすければ、そちらに爪を立てます。

猫が気にいる爪とぎが見つかるまでいろいろ試してみましょう。

● 猫が好む爪とぎとは… ●
・どっしりとして、安定した爪とぎ
・引っかかりの良い素材
  (木製、布地、コルクなど猫によって好みが違う)
・またたびの香り付き

壁や家具を守る

柱や廊下の角など、どうしても同じ場所で爪とぎしたがる子がいます。

猫の習性だと諦めて、よく爪をとぐ場所に爪とぎを設置することができます。

また、爪とぎしたがらなくなる、つるつる素材の壁紙が市販されています。

爪とぎをやめさせることができなくても、こうした対策グッズを利用することで、壁や家具を保護することができます。

●猫用壁紙の使用感想●
爪とぎ保護としてではなく、猫トイレの尿飛び(笑)から壁のクロスを守るために購入しました。
半透明ですが全く違和感なく部屋と壁に馴染んでいます。
かなり不器用な方ですが簡単に貼り付けられました。数回剥がして貼り直してを繰り返しましたが、
クロスが剥がれることはない絶妙な粘着レベルだと思います。
正直剥がす時にクロスも剥がれるだろうなと思っていただけに、いい買い物が出来ました。

出典 http://www.amazon.co.jp

ネイルキャップ

猫の爪にはめるプラスチック製のキャップが市販されています。

小さなお子さんがいる家庭は、これを使うと安心かもしれません。

定期的な 爪切り

定期的に爪切りをすれば、家具などに爪を立てられても、それほど大きな傷にならずに済みます。

2週間に1回を目安に、爪切りをしましょう。

爪きり頻度は、2週間毎にチェックして、伸びていたら切るのが一般的です。

出典 http://nekoneco.net/neko-tsumekiri-654

まとめ

猫たちが爪とぎをやめることはありません。

それでも、お気に入りの爪とぎを与えれば、他の場所ではあまり爪を立てなくなります。

傷つけられたくない家具や壁を保護するのも有効です。

爪とぎは猫たちの習性なので、ある程度 大目に見ましょうね!

内容について報告する