【猫】血尿が出て、何度もトイレに。。尿路結石、原因と対策とは??【尿路結石】

【猫】血尿が出て、何度もトイレに。。尿路結石、原因と対策とは??【尿路結石】

猫の尿路結石の原因、症状、治療法について、わかりやすくまとめました!

  • サムネイル: utsumieri
    utsumieri
  • 更新日:

もくじ

1.尿路結石の病態と病状
2.尿路結石の原因
3.尿路結石の治療法と予防方法
4.最後に

1.尿路結石の病態と病状

尿路結石症(尿石症)とは
腎臓から尿管、膀胱、尿道の中に結晶や結石ができる病気で、
膀胱や尿道を傷つけたり、尿道に詰まったりします。
猫下部尿路疾患(FLUTD)の代表的な病気の一つ。
結石は砂粒くらいの小さなものから、数cmの固まりまでさまざまです。

出典 http://www.kao.co.jp

一番多いのがストルバイト結石

尿路結石は構成する成分によってストルバイト結石(リン酸アンモニウムマグネシウム結石)、シュウ酸カルシウム結石、尿酸結石、シスチン結石などに分けられます。一番多いのがストルバイト結石で、次に多いのがショウ酸カルシウム結石です。

出典 http://peterrace.jp

血尿になったり、トイレに何度も行くようになり、おしっこをするたびに痛みを感じたりすることも

尿路結石の元となる結晶は角がとがった形をしていて、とても硬いものです。
尿路結石症の初期はこの小さな石がおしっこの通り道を内側からチクチクと刺激するため、膀胱炎になったりおしっこに血が混ざるようになったりします。膀胱炎になったペットはトイレに何度も行くようになり、おしっこをするたびに痛みを感じたりすることもあります。

出典 http://peterrace.jp

雄は尿道が細く詰まりやすいため注意

オスの犬や猫はメスに比べて尿道が細く詰まりやすいため、特に注意が必要です。

出典 http://peterrace.jp

以下のような症状が出る

飼い主さんが気づく症状として「オシッコがあまり出ていない感じがする」「オシッコの時間が長い」「どことなく元気がない」「水を飲む量が増えてきた」「血尿」などがあります。ほかにも、オシッコがたまった膀胱を圧迫されるため抱かれるのを嫌がったり、膀胱や尿道にある石が粘膜を傷つけるため、排尿する度に痛くて悲鳴をあげたりすることも多いようです。

出典 http://www.petjpr.com

トイレに行く回数が増える、
頻繁にトイレに行くのにオシッコが少ししか出ない、
トイレでうずくまっている、オシッコをするときに痛がってなく、
血尿が出る、トイレ以外の場所で粗相をする、落ち着きがなくなるなどの症状

出典 http://www.kao.co.jp

2.尿路結石の原因

猫自身の体質、食事の内容や生活習慣

オシッコの中にマグネシウム、リン、カルシウム分などのミネラル成分が増えたり、尿のpHバランスが崩れたりすることで結石ができやすくなります。
猫がもともとあまり水を飲まずに濃度の濃いオシッコをすることも原因の一つで、猫自身の体質も影響します。食事の内容や生活習慣も関わっています。

出典 http://www.kao.co.jp

飲水量の不足、肥満や運動不足

尿石症になる原因としてビタミン・ミネラルバランスの悪さ、飲水量の不足、肥満や運動不足などがあります。また尿結石を作りやすい体質もあるため、遺伝性も考えられています。膀胱炎を始め、細菌の感染も尿結石を作る原因となります。

出典 http://www.petjpr.com

メスに発症しやすいが、オスの方が重症化しやすい

尿石症はオスにもメスにもある病気ですが、基本的にはメスの尿道のほうがオスより太くて短かく外部からの細菌が侵入しやすいため、メスに起こることが多いようです。

出典 http://www.petjpr.com

オスは結石ができにくい代わりに、たとえ小さな結晶でも尿道につかえてしまうことが多々あります。
それがやがて尿道の途中で完全に詰まってしまうとオシッコが出なくなり、大変危険な病気になってしまいます。

出典 http://www.petjpr.com

3.尿路結石の治療法と予防方法

治療法

投薬や手術による治療

軽度の場合は、結石を溶かす薬や療法食を利用します。
膀胱や腎臓に砂状ではなく大きな石がある場合は、手術で取り除くこともあります。

出典 http://www.kao.co.jp

食餌療法

結石の種類によっては、尿を酸性にする食事で結石を溶かす方法もあります。
この方法は時間を要し、徹底的な食事管理が必要なため、飼い主さんの協力が不可欠です。

出典 http://peterrace.jp

手術療法

大きな結石がある場合は、外科手術をすることによって取り除くのが一般的です。

出典 http://peterrace.jp

予防方法

適切な食事と飲水量の増加

再発しやすい病気なので予防が大切です。結石ができる原因として食事内容も関わっているので、ミネラルバランスがよく、適切なオシッコのpHをコントロールする適切な食事を与えるようにしましょう。
また、水を上手にたくさん飲ませる工夫をすることも大切です。

出典 http://www.kao.co.jp

適度な運動
トイレはいつも清潔に

適度な運動は肥満防止と水を飲む量を増やす効果もあります。
そして、猫がオシッコを我慢することがないように、トイレはいつも清潔にしておくことも病気の予防になります。

出典 http://www.kao.co.jp

4.最後に

いかがでしたか?

上記のことを参考にしつつ、猫ちゃんに異変を感じたら、すぐに獣医さんに連れて行ってあげましょう。
猫ちゃんも飼い主さんも、健康で元気に過ごせることを願っています!

内容について報告する