【犬の餌】量と回数は、どのくらい? 成長に合わせて変えていますか

【犬の餌】量と回数は、どのくらい? 成長に合わせて変えていますか

愛犬に与えるベストな食事とは!? 大切なのは種類だけではありません。今回は犬の体重や年齢によって変わる、餌の種類や量、回数。また子犬の成長に合わせて餌を切り替えるタイミングについて、詳しくまとめました! 参考にしてみて下さい。

  • サムネイル: zenigame
    zenigame
  • 更新日:

1.犬の食べ物

犬にとってベストな食事は、やはり『ドッグフード』です。

人間が食べる味の濃い食べ物は、犬の体にとっては栄養バランスが非常に悪く、時として毒にすらなってしまいます。一度濃い味のものを食べてしまうと、その味に慣れてもっと欲しがるようになりますので気をつけましょう。実際にドッグフードを口にしてみれば分かりますが、犬の餌はほとんどが薄味です。

人間が口にする食材の中で、ワンちゃんに与えても害がないものはいくつかあります。ドッグフードはもちろんワンちゃんのために作られたご飯ですので、基本的にはドッグフードを食べさせましょう。

2.様々なドッグフード

ドックフードはワンちゃんの健康に必要な栄養がバランスよく含まれています。

しかし気を付けてほしいのが"ワンちゃん用のフードをお腹いっぱい与えれば何でもいい"という訳ではありません。おやつとして与える用に作られている物は、食事の代わりにはなりません。総合栄養食と書かれているフードをメインの食事として与えましょう。

いざ、ドックフードの売り場に行ってみると、沢山のフードがあって迷ってしまいますよね。まずは大まかな違いについてみていってみましょう。

・ドライ
・セミウェット、セミモイスト(半生タイプ)
・ウェット

ドライフード

通称「カリカリ」と呼ばれる、乾燥しているドッグフードです。ドックフードと言えば、こちらを連想する方も多いのではないでしょうか? とても一般的なフードです。開封後でも長期間保存することができ、少ない量でカロリーや栄養素を効率的に取り込むことが出来る為、コストパフォーマンスにも優れています。

セミウェット(半生タイプ)

最近見かけることが多くなったのがこの「半生タイプ」のフード。カリカリの硬い食感を好まないワンちゃんに人気です。程よく水分を含み、自然な香りがワンちゃんを誘います。カリカリに比べるとお値段は高め、保存がきかない為、少量のパックで売られていることが多いです。

ウェットフード

水分を多く含んだフードです。缶詰やレトルトパウチの状態で売られています。大抵のワンちゃんは大好きです! ですが、毎日与えるにはお値段も高く、カリカリと併用して、食欲増進用のトッピングとして与えられることもあります。また、特にウエットや半生タイプのフードは保存料にも注意が必要です。

ドライ、セミウェット、ウェットは水分量が違い、硬さや嗜好性が違います。その他にも犬種別のフードや、年齢(ライフステージ)に合わせたフードなどが販売されています。

3.食事の回数

続いては、食事の回数やタイミングについてです。食事の回数はワンちゃんの"ライフステージ"によって異なります。ライフステージとは年齢によって区切られた、成長段階のことです。

子犬の場合

1日3回~5回

子犬の場合は、1日3回から5回に分けて与えます。消化器官が未発達であるため、きちんと消化できるように少ない量を、何度かに分けるのが食べやすい与え方です。低血糖を予防するためにも、フードはしっかりと与えましょう。

成犬の場合

1日2回

しっかりと体が出来てきた成犬の場合。一日に必要な量を朝晩二回に分けて与えるのが一般的です。運動量が多い場合は、もう一食増やすのもいいでしょう。

老犬の場合

1日3回

消費カロリーや運動量が減ってくる老犬の場合、必要量を三度に分けて与えてあげると良いでしょう。

4.1日に必要な食事の量は? 1回どの位?

フードの量を決めるポイントは『愛犬の体重』を知ること

一日に必要な餌の量は与えるフードによって異なります。まずは愛犬の体重を測り、与えているペットフードに書かれているグラフと照らし合わせてみましょう。1日に必要なエサの量を知ることが出来ます。一日に必要な量が分かったら、朝晩に分けて与える場合の1回に与える量を計算することが出来ます。

毎回、量をグラムで測って与えるのが大変な場合は、すり切り1杯でちょうど愛犬の必要量になる大きさのカップ、などを用意しておくと便利です。

5.1ヶ月ごとにみる、成長に合わせたフード!

どの時期にどんなフードを与えればいいか、ということをさらに具体的に見ていきましょう。

1ヶ月

生後3週間頃から歯が生えはじめ、離乳食をスタートします。市販の離乳食、もしくは子犬用のドライフードを人肌ほどの温度のお湯か犬用ミルクでふやかして与えましょう。母犬と同居の場合、慣れるまでは母乳と併用していきましょう。

2ヶ月

大体ご家庭にワンちゃんを迎えるのはこの時期でしょうか。この時期のご飯は離乳食として子犬用のウェットフード、またはドライフードをお湯でふやかして与えます。

3ヶ月

個体差があるので様子はしっかりと見ていきますが、徐々にドライフードのままで食べられることを目標に、ふやかす度合いを調節していきましょう。

4ヶ月

この頃は成長期です。栄養価の高い子犬用のフードを与えましょう。

6ヶ月

犬種にもよりますが大体この頃、食べる量が安定してきます。子犬の餌の必要量は6ヶ月ごろが最高で、これを境に食事量は減っていきます。今まではしっかりとした体を作るために太らせるような感覚で与えてきましたが、特におやつは必要以上に与えないようにしましょう。

8ヶ月

この頃、子犬は成犬並みの大きさになりますので、成犬用フードに切り替えていきます。体重の増加が止まったら切り替えの目安です。

▼ポイント

成犬用のフードに切り替えていくのは、生後8ヶ月から10ヶ月が目安です。いきなり切り替えると食べなくなってしまう恐れがあるので、子犬用のフードの中に少しずつ成犬用のフードを混ぜるようにして与えていきましょう。

フードの切り替えの時は、必ず便の状態を見てください。もしも下痢をしているようなら、そのフードの量や質が合っていないのかもしれません。

1歳

十分に大人の体です。成犬用フードを与えていきましょう。

7歳

犬種によって違いはありますが、おおむね7歳からが老犬となります。運動量が減り、新陳代謝の機能も低下します。フードの見直しを検討しましょう。以降、10歳、11歳、13歳などが見直しのタイミングです。消化が良く、高タンパクで低カロリーの老犬用のフードを与えましょう。

ワンちゃんの成長に合わせて、与えるドッグフードも切り替えていってください。適切なものを食べさせてあげてくださいね。

最後に

いかがでしたか? ワンちゃんの食事は健康や寿命へ直結します。長く健康に一緒に過ごすために、しっかりと食事管理をしてあげてくださいね。またワンちゃんにとって食事は楽しみでもあります! 犬の年齢、それぞれの好みや体調・健康面に合わせて適切な食事を心がけてあげましょう。

内容について報告する