猫のノミアレルギー性皮膚炎|症状・原因・治療法まで|病気

猫のノミアレルギー性皮膚炎|症状・原因・治療法まで|病気

猫のノミアレルギー性皮膚炎とは、ノミの唾液が体内に入ることでアレルギー反応を引き起こす病気です。強い痒みによって皮膚を引っかき、出血します。脱毛や湿疹、ただれなどが見られることもあります。病院で炎症を抑えてもらいながら、ノミを駆除しましょう。

  • サムネイル: 秋月 落葉
    秋月 落葉
  • 更新日:

目次

1.ノミアレルギー性皮膚炎とは
2.ノミアレルギー性皮膚炎の原因
3.ノミアレルギー性皮膚炎の治療法と予防法

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

ノミアレルギー性皮膚炎とは犬や猫、人間などノミに寄生されることがある動物はすべて発症する可能性がある病気です。長期に渡ってノミに寄生されている猫ちゃんは、特にかかりやすいと言われています。

猫ちゃんの病気、ノミアレルギー性皮膚炎についてご紹介していきます。

1.ノミアレルギー性皮膚炎とは

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

ノミアレルギー性皮膚炎とは、体内に注入されたノミの唾液によってアレルギー反応が起きる病気です。

ノミの唾液がアレルゲンとなり、1匹でもノミに刺されたときに、強いかゆみをともなう皮膚炎が起こります。

出典 https://www.bayer-pet.jp

ノミは吸血する際に、血が凝固しないように唾液を猫ちゃんの体内に注入します。この唾液によってアレルギー反応が引き起こされます。

猫ちゃんの場合は犬よりもこの病気になりにくいです。しかし、ノミに寄生されれば発症する可能性があるので徹底したノミの駆除が必要となります。

症状

■脱毛
■湿疹
■ただれ
■出血

ノミアレルギー性皮膚炎の症状は背中から腰、尻尾の付け根、肛門まわりなどによく出ます。皮膚は真っ赤になり、皮膚を触ると熱っぽく感覚が過敏になります。そして次第に毛が抜けてきたり、湿疹やただれ、カサブタが見られるようになってきます。

出典 http://www.petjpr.com

ペットはかゆみを我慢できないので、そのままにしておくと、口で噛んだり後足でひっかいたりして、皮膚の表面に傷を作り、そこから細菌感染をおこして、更に悪化させてしまいます。

出典 http://peterrace.jp

ノミアレルギー性皮膚炎の主な症状は痒みです。特に体や尻尾の付け根など、ノミが寄生していることが多い部位に強く症状が現れます。猫ちゃんが体を掻きむしるため、出血が見られます。皮膚の傷から細菌感染を起こすと、さらに病状が悪化します。

他にも脱毛や湿疹、ただれなどが起こります。皮膚に炎症が起きている状態は猫ちゃんに強いストレスを与えるため、食欲減退や落ち着きがなくなるなどの行動をとることがあります。

2.ノミアレルギー性皮膚炎の原因

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

■ノミの吸血

ノミは、猫から吸血する際にその血が固まらないように抗凝固成分の入った唾液を吸血に 先立って刺したところに注入します。この唾液の中にアレルギーの原因になるアレルゲン が含まれています。

出典 http://www.masunaga-vet.net

ノミは血を吸うときに、ペットの皮膚の中に唾液を注入します。その唾液に対して免疫反応がおこり、アレルギー体質のペットが過剰に反応して、ひどい皮膚炎をおこしてしまうのがノミアレルギーです。

出典 http://peterrace.jp

ノミの唾液にアレルギー反応を示したことが原因です。吸血の際に体内に侵入した唾液に対して、免疫反応が過剰に働くことで炎症が起こります。ノミアレルギー性皮膚炎の症状は個体によって様々で、症状が現れない猫ちゃんもいます。

長期に渡ってノミに寄生されている猫ちゃんは、ノミアレルギー性皮膚炎を発症しやすいとされています。最初のうちはアレルギー反応を示さなくても、ノミの唾液が長時間に渡って蓄積したことで急に炎症を起こすことがあります。

3.ノミアレルギー性皮膚炎の治療法と予防法

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

治療法

■投薬
■ノミの駆除

皮膚炎の治療には、抗アレルギー剤や消炎剤、皮膚を強化させるための必須脂肪酸などを使い、炎症や痒みを和らげることも必要となりますが、まずはノミを駆除すること、これが最も大切になります。

出典 http://peterrace.jp

アレルギーはノミ一匹でも発症することがありますが、手でつぶしたりシャンプーをする駆除法では最後の一匹まで退治することは困難なため、あまり良い方法とはいえません。ペットの体についているノミに関しては現在効果も高く持続性もある医薬品としての駆除薬があるので、それを動物病院で処方してもらいましょう。

出典 http://www.petjpr.com

痒みや湿疹などの症状を抑えるために抗アレルギー剤や消炎剤を投薬します。炎症を抑えつつ、猫ちゃんの体にいるノミの駆除を行います。ノミの駆除は家庭で行うこともできますが、徹底した駆除が必要なので病院で処方される駆虫薬を使うことが望ましいです。

成虫を駆除しても、卵が孵化して再びノミが繁殖することがあるので注意が必要です。猫ちゃんの体だけでなく、生活している場所も駆虫する必要があります。

予防法

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

■ノミの駆除

犬や猫の体表に寄生する成虫とその他環境中に生息する卵、幼虫、サナギに対して定期的に駆除を行い、感染を予防する。

出典 https://www.bayer-pet.jp

予防も、ノミを近づけないことです。現在は、月に一度飲む薬や、スプレータイプのい い薬がありますから、動物病院で相談してみて下さい。

出典 http://www.masunaga-vet.net

猫ちゃんにノミを寄生させないことが予防法です。外飼いの場合はノミ避けの薬や首輪を使うことで、ノミが寄生しづらいようにしましょう。もし寄生されてしまったら、早めに駆虫することが大切です。

最後に

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

アレルギー症状は猫ちゃんによって様々です。ノミに寄生されても症状が現れない猫ちゃんもいますが、唾液が蓄積されたことで急激にノミアレルギー性皮膚炎になることもあります。早めに駆虫をしてあげて、皮膚炎になることを防ぎましょう。

内容について報告する