【はじめての】子猫の爪切りどうやる?! 【爪切り】

【はじめての】子猫の爪切りどうやる?! 【爪切り】

子猫にとっても、飼い主さんにとっても初めての爪切りは不安がつきもの。まずはやり方を覚えて、実戦に向けてイメージトレーニングで備えてください! 子猫の爪切りについて、アイテムからやり方動画までまとめてみました。

  • サムネイル: Momose_Hana
    Momose_Hana
  • 更新日:

1.子猫の爪
2.切り方とアイテム

1.子猫の爪

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

子猫の爪は小さくて、鋭く、ひっかかれると痛いんですよね…。だけど、子猫の爪切りをどうするか、悩んじゃう方も少なくないはず。

子猫の爪って切っていいの?? 

爪研ぎを引っかくことで猫の爪は短くなりますが、こまめに子ねこの爪を切っておけば爪研ぎをしない猫に育ちます。まだ幼い時期から爪を切ることに慣れさせておくと、成猫になったときも嫌がりません。

出典 http://kalkan.jp

成猫に成長した時に嫌がって爪切りが出来ない、ということがないように子猫の頃から爪切りに慣れさせておくことが大切なようですね。また、爪切りを教えておけば、家具や壁、ソファーなどで爪を研がれる心配もなくなりそうです。

爪の仕組み

猫の爪は内側と外側の2重構造になっています。内側はクイックと呼ばれ、神経と血管が通っているので、猫の爪を切る際にはクイックを傷つけない様に、外側のつめの先端だけを切ります。猫が自分で行う爪研ぎは外側の爪をはがす行為です。猫は内側に新しい爪ができると、古くなった外側の爪をはがすために爪研ぎをします。

爪切りをしないと

伸びた爪で飼い主さんがケガをするだけでなく、カーテンやカーペットにひっかけて猫自身が爪を折ったり、伸びすぎた爪で肉球をケガしてしまう可能性があります。

2.切り方とアイテム

爪切り

人間用の物でも問題ありませんが、猫用の爪切りを紹介いたします。ニッパータイプ、ギロチンタイプ、ハサミタイプなどがあります。

ニッパータイプ

ニッパータイプ

ギロチンタイプ

ギロチンタイプ

ハサミタイプ

ハサミタイプ

ハサミタイプの爪切りは小さな子猫の爪を切るのに適しています。猫には生まれた時から爪が生えているので、生後2ヶ月くらいから定期的に爪を切る癖をつけて慣れさせていけば、大人になっても楽に爪切りができるようになるかもしれませんね。

出典 http://www.axa-direct.co.jp

切り方

■1.動かない様に腕をしっかり固定する。
■2.肉球を軽く押して、爪を出す。
■3.神経と血管が通っている赤っぽいところ(クイック)を避け、先端の白い部分を1~1.5ミリ程度切る。
■4.前足の親指も同様にカットする。
■5.やすりをかける。

猫は足に触れられるのを嫌がるので、時間をかけて少しずつ慣れさせてあげてください。

まとめ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

いかがでしたでしょうか。大人になっても爪切りが苦手な猫ちゃんは沢山います…。子猫のうちから慣らしてあげるほうが、猫にとっても飼い主さんにとっても幸せですよね! はじめのうちは無理をせず片手づつ日を分けて切ってあげたり工夫してあげてください。どうしても上手くいかない場合は、病院やペットショップで相談してみてください。

内容について報告する