飼育放棄され、目も耳も不自由になったピットブル。それでも人の手の匂いに触れると…

飼育放棄され、目も耳も不自由になったピットブル。それでも人の手の匂いに触れると…

全身が皮膚病にかかり、衰弱しきっていたピットブル。目や耳も不自由な状態でした。保護し治療を施した結果、どんどん元気な姿に…。そして、ついに彼にも新しい家族が見つかります。新しい家庭では、幸せそうな様子を見せる、彼の姿がありました。

  • サムネイル: 蒼樹 りんどう
    蒼樹 りんどう
  • 更新日:

ある時、動物保護団体の職員さんが鎖に繋がれたワンちゃんを発見します。
犬種はピットブル。ですが、その全身は皮膚病に侵され、元の面影は一切感じられない状態でした。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

彼の名前は「ノーマン」。

後の獣医師による診断によると、なんと10年近くも虐待されていたようです。

その影響か、目はほとんど見えず耳もあまり聞こえない状態。皮膚病の他にも、関節炎など様々な病気にかかっていました。

そんなボロボロの状態でも、ノーマンは決して生き延びることは諦めていませんでした。

職員さんがご飯をあげれば、尻尾を振って喜んで食べ始めます。また、手を差し伸べれば顔をすり寄せてきます。人間に虐待された過去を持ちながら、そんな人間に近づいてくれるノーマン。その心は優しさに満ち溢れています。

そして彼は保護され、懸命な治療を受けます。
その甲斐もあり、

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

ピットブルらしい、美しく艶のある肌が顔を覗かせます。

治療から1ヵ月。
体力が極度に落ちていたノーマンも、ひとりで歩けるくらいに回復しました。でも関節炎の後遺症か、真っ直ぐ歩くことは難しいようです。

少しずつですが、元の元気な様子を見せ始めるノーマン。
実は、治療と平行して里親探しも始まっていました。

…そして、ついに里親が見つかったのです。

ノーマンは新しい家族の元へ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

今日はノーマン譲渡の日。
お世話になった保護団体の職員さんや獣医さんに別れを告げ、新しい飼い主さんの元へ。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

こちらが新しいノーマンのおうち。とても広々としたお庭です。 …それもそのはず。なんと新しい飼い主さん、ノーマンが快適に過ごせるように家を改築したそうです。

新しい飼い主さんと遊び、目一杯甘えます。
今までの不幸な時間を取り戻すかのよう。

その顔からは、"幸せ"が溢れています。

ノーマンの過去は本当にツラいものでした。でも、彼の新しい未来は希望に満ちています。
心優しい飼い主さんと、幸せなワンちゃんが増え続けることを願います。

参照元:https://www.youtube.com/watch?v=Plm_dMdEPT4

内容について報告する