やったほうがいいの? 猫の爪切りの必要性と切り方のコツ

やったほうがいいの? 猫の爪切りの必要性と切り方のコツ

愛猫と一緒に暮らしていく上で欠かせないお手入れ。その中には爪切りも入っています。「爪とぎをしてるから大丈夫」ということはなく、「爪とぎ」と「爪切り」の役割は違います。そこで爪切りの必要性や切り方などをまとめました。

  • サムネイル: ゆき 真白
    ゆき 真白
  • 更新日:

もくじ

1.猫の爪切りは必要?
2.爪の切り方
3.切るときのコツ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

愛猫に引っかかれたことのある飼い主さんは多いのではないでしょうか。一緒に暮らしていく上で欠かせないお手入れ。その中には爪切りも入っています。必要のない猫もいますが、たいていの猫には必要なものです。ここでは、爪切りの必要性と切り方を紹介します。

1.猫の爪切りは必要?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

外に出さず、室内で飼うのであれば切るべきです。

外に出ている猫には、木登りをしたり外敵から身を守るためにも爪が必要です。硬いアスファルトやコンクリートの上を歩くことで自然と爪が削れるので、爪とぎをしていれば問題ないです。しかし、室内にいる猫は硬いところを歩かないので、爪は削れることなくどんどん伸びてしまいます。家具が傷つくだけでなく、カーテンなどの布製品に爪が引っかかって折れてしまったり、伸びすぎた爪が肉球に食い込むこともあります。

また、爪とぎをしているから切らなくてもいいということはなく、爪とぎの目的は古い爪を剥がし新しい鋭い爪にすることで、爪切りの目的は先端の尖った部分を切り落とすことになります。

2.爪の切り方

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

まず、猫を安定した場所に寝かせます。膝の上が切りやすくていいかもしれません。軽く肉球を押すと中から爪が出てきます。猫の爪は2層構造になっていて、飼い主さんが切るのは外側の爪です。光にかざすと、神経と血管の通っているところがピンク色に見えるので、そこは絶対に切らないようにし、先端の白く透明な部分のみ切ってください。

慣れないうちは鋭い爪の先を少し切るだけでいいと思います。慣れてきたらもう少し深く、内側の神経などが通っている部分から最低でも2mm離して切るとよいでしょう。深く切りすぎると出血するだけではなく、細菌などが入って化膿してしまうこともあるので、注意が必要です。

爪切りの頻度は2週間ほどが目安になります。

3.切るときのコツ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

初めて爪を切る場合、たいていの猫は暴れます。それを無理に押さえつけると、猫は爪切りを「イヤなこと」と記憶して、次からも暴れる可能性があります。まず肉球に触られることに慣れさせましょう。

抱かれることがあまり好きではない猫や、爪切りで痛い思いをしたことのある猫、いつまでも切るときに暴れる猫などには、寝ている間に切ったり、たくさん遊ばせて疲れたときに切ったりするといいです。一度に全部を切らず、数本だけ切ったりするのも有効な手です。

どういう場合であれ、あまり爪切りに時間をかけず、ある程度慣れさせることが大事になります。

最後に

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

いつまでも暴れる、どうしても爪切りを嫌がる場合は、動物病院で切ってもらうのもいいでしょう。しかし、長く一緒に暮らしていくのなら、コミュニケーションや信頼関係などの意味も込めて、飼い主さんが爪を切れたほうがいいです。1日1本ずつでもいいので、切ることに慣れさせましょう。また爪を切る際は、猫用の爪切りを使ってあげてください。

内容について報告する