トイレに爪とぎ…初めて猫を飼うときに覚えてもらうしつけ

トイレに爪とぎ…初めて猫を飼うときに覚えてもらうしつけ

猫を飼う上で気になるのが決まった場所でのトイレや爪とぎをきちんと覚えてもらえるのかどうか。猫ちゃんは自分にとって「いやなこと」はしません。ここでは基本的なトイレ・爪とぎのしつけと、ついたら困る噛みぐせをつけさせないしつけ方をまとめました。

  • サムネイル: ゆき 真白
    ゆき 真白
  • 更新日:

もくじ

1.基本
2.トイレ
3.爪とぎ
4.噛む

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

家に猫ちゃんを迎えるとき気になるのがトイレなどのしつけ。ここでは「トイレ」「爪とぎ」「噛む」などの猫ちゃんに覚えてもらいたい基本的な行動のしつけについてまとめました。

1.基本

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

大きな声で叱らない

猫は大きな音が苦手なので、大きな声で叱るのはやめましょう。目を見て「ダメ」と短く強くはっきりと叱るのがいいですね。

叩かない

叩かれたことで飼い主さんを嫌いになったり、攻撃的な性格になることがあります。猫ちゃんとの関係が悪くなる一方なので、叩くのは絶対にやめましょう。

叱るときは現行犯

時間が経ってから気付いて叱っても、猫は何で怒られているのかわかりません。現行犯でないものは叱らないようにして、叱るときはいけないことをやったその時その場にしましょう。

工夫する

猫は犬と違ってしつけることが難しいです。根気強く教え込むのも大事ですが、壊されたくないものがあったら、あらかじめ触られないようなところに置いたり、固定しておく。入ってほしくない場所がある場合は、足がかからないような柵をして入れないようにするなど、飼い主さん自身の工夫も必要です。

2.トイレ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

ペットを飼う上で欠かせないのがトイレのしつけです。しかし、猫のトイレのしつけはあまり難しくありません。

落ち着けるような空間にする

猫が過ごしやすい場所に設置するとよいでしょう。騒がしかったり、不安定な場所であったりすると、猫ちゃんは安心できません。ショップやブリーダーから購入した場合、子猫のときから使っているトイレや猫砂があれば、それと同じものを使用すると特に教えることなく使ってくれます。

合図が出たらトイレへ連れていく

猫は用を足す前に、床の匂いを嗅いだり砂をかくような動きを見せます。もしそういった行動が見られたら、トイレに連れて行きましょう。それを数回繰り返せば、猫は自然とトイレに行くようになります。いつまでも作ったトイレでしてくれない場合は、場所を変えるなど工夫しましょう。

こまめに掃除する

トイレを覚えたらこまめに掃除するようにしましょう。猫は綺麗好きなので、トイレが汚れていると仕方なく他の場所でする可能性もあります。外出が多くまめな掃除が難しい場合は、トイレを複数用意しておくとよいでしょう。

3.爪とぎ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

猫にとって爪とぎはトイレと同じ必要な行動です。やめさせるのではなく、爪とぎ器を用意しましょう。

爪とぎ器を用意する

爪とぎ器には「紙」「布」「縄」「板」など様々な種類があり、どれが気にいるのかは猫ちゃんによるので、猫ちゃんがよく引っ掻いているものと似たものを購入するとよいでしょう。中には爪とぎ器と同じ素材の家具などを引っ掻いてしまう子もいるので注意しましょう。猫ちゃんがよくいる場所に置いておくと使ってくれる可能性が高まります。

匂いをつける

ガリガリと爪とぎを始めたら、トイレと同様爪とぎ器まで連れいってもいいですし、前もって猫ちゃんの足を擦り付けておいてもよいでしょう。擦り付けることで匂いがつき、そこが猫ちゃんの縄張りの一つになります。縄張りになれば、自然と自分から行くようになりますよ。

安定させる

グラグラと不安定だと爪をといでいる途中で動いてしまい、猫ちゃんもとぎづらくなってしまうので簡単には動かないようなものにするか、きちんと固定するようにしましょう。

4.噛む

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

噛みぐせはつかないように子猫のうちからしつけましょう。

騒がない

叫んだり騒いだりしないことが大事です。飼い主さんが騒ぐのを見て楽しんでいる可能性もあるので、目を見て強く「ダメ」と言いましょう。放さない場合は、飼い主さんが猫から離れて無視をしてください。「噛むと遊んでもらえない、構ってもらえない」と覚えさせることで噛まなくなります。

たくさん遊ぶ

噛む可能性として、おもちゃがない、遊び足りないということも考えられます。ケージに入れっぱなしで運動不足だったり、飼い主さんが忙しくて遊ぶ時間が減っていたなど、心当たりがある場合はたくさん遊んであげましょう。

様子をうかがう

また、構いすぎでも噛む可能性があります。猫ちゃんは自分が構って欲しいときに構ってもらいたいのです。猫がどこか行こうとしたり「もういい」という態度を示したらすぐに解放してあげましょう。ボディランゲージをきちんと見極めることも大切ですね。

最後に

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

猫は気ままな性格なので、犬に比べてしつけるのは難しいですが、「トイレ」「爪とぎ」など猫ちゃんの習性によるものは、すぐに覚えてもらえます。「噛む」などいけないことを教えるしつけは、根気強く覚えさせるのが大事です。

内容について報告する