検証、犬は人の体調を気遣うか?

検証、犬は人の体調を気遣うか?

私事だが、先日熱を出して寝込んだ。朦朧としつつも、そういうときにわが家の犬たちはどういう反応をするのか、さりげなく観察してみることに……。

  • サムネイル: いぬのきもち・ねこのきもち公式
    いぬのきもち・ねこのきもち公式

私事だが、先日熱を出して寝込んだ。朦朧としつつも、そういうときにわが家の犬たちはどういう反応をするのか、さりげなく観察してみることに……。

私が風邪をひくことは滅多にない。体だけは丈夫にできているのか、妻が風邪をひいても、インフルエンザをもらってきても、私には伝染らない。少し鼻がグズグズすることはあるが、熱を出して寝込むなんてことはまずない。この10年で一度もなかったのではないだろうか。そんな私が、先日38度を越える熱を出した。

朝起きると寒気がして、全身がだるく、なんとか起きあがったが頭がふらふらする。喉は痛いわ頭痛はするわで、こりゃダメだと朝の散歩は妻に任せてベッドに戻って横になることにした。散歩から戻った大吉と福助は寝室にやってきて、いつまでも起きてこない私を不思議そうな顔で見ていた。寝込んでいる私など、彼らは一度も見たことがないからだろう。

普段なら私が仕事部屋に行くと、少し後から大吉と福助がやってくる。そして、日中はずっと仕事部屋にいる。夕方の散歩が終わってから、また少しパソコンに向かい、20時頃になると仕事を切り上げて2階のリビングへ行く。だいたい毎日そういうリズムで生活しており、彼らも同じように部屋を移動するのが習慣になっている。だからだと思うが、しばらくすると、寝室から動かない私をおいて、大吉と福助はさっさと階段を降りて行ってしまった。

本当はそのまま寝ていたかったが、どうしてもその日にやらなければならない仕事があったため10時頃に仕事部屋に行くと、大吉と福助はそこで待っており「やっと来た、遅かったじゃん」という顔をしていた。どうにかこうにか仕事を片づけたのが午前11時頃。そこからまた寝室に行って横になっていたのだが、しばらくしたら大福コンビがやってきて、寝ている私の隣でバトルをはじめた。

たぶん、「休みなら、一緒に遊ぼうぜー!」というアピールだと思うのだが、あいにくそんな気力も体力もない。無視していると諦めたのか、そのうち彼らの「本気寝」の寝息が聞こえてきた。私はなんとか早く風邪を治したい一心で、枕元に着替えとタオルとスポーツドリンクをおいて、30分ほど寝て汗をかいたら着替えて水分補給する、ということをひらすら繰り返していた。その間、彼らは爆睡していた。

夕方16時頃になると、体温は37度台に下がったが、まだ頭と体がふらふらする。しかし、どんなに辛くても散歩は行かねばならない。気合を入れて、彼らに「散歩行くか」と声をかけると一目散に玄関に駆けていった。私はふらつきながら階段を降り、散歩に出かける準備をする。

なるべく早くウンチしてくれることを密かに願ったが、大吉と福助はなかなかウンチをしてくれない。朝もしなかったと聞いているので、なんとかさせておこうと粘ったが、ダメだった。仕方なく、一旦帰宅して、少し寝て、18時頃に再び散歩に行くことに。ここまででもう十分おわかりだと思うが、わが家の犬たちは人間(私)の体調がいくら悪くても、まったく気遣ってはくれないことがわかった。それはもう気持ちいいほどに。

内容について報告する