フェレット|やんちゃな癒し系『フェレット』飼い方・特徴など

フェレット|やんちゃな癒し系『フェレット』飼い方・特徴など

近年、ペットとして知名度をあげ続けている小動物ペット。そんなフェレットについて、皆さんはどれくらいご存知ですか? フェレットの歴史や習性、なりやすい病気までフェレットについてありとあらゆる事をまとめました。フェレットについて知りたい方は是非ご覧ください!

  • サムネイル: yamakana
    yamakana
  • 更新日:
動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

1.概要

フェレットはネコ目イタチ科イタチ属、イタチの仲間です。体重:0.7〜2㎏、体長:35~38㎝、尻尾:12~19㎝。フェレットは約3000年前から人間との付き合いがあったと言われています。元々、ネズミなどを狩猟用、毛皮用として飼われていました。現在でもイギリスやオーストラリアなどの欧州では猟に使われているようです。その他にもハムスターやネズミと同様に実験用動物として使われていた歴史もあります。イタチ科は地球上で最も種類が多く「地球上最も成功した種」と言われていますがその反面、身体の作りが未熟な点は指摘されています。毛並みはふわふわとしており、嬉しいときに「クックック」怒っている時は猫と同様に「シャーッ」と怒るなど、声を出すことがありますので、フェレットの鳴き声に耳を傾けるとしつけに役立つかもしれませんね。

フェレットの性格は「大きくならない猫」といわれるほど大人になっても遊ぶのがだいすきでやんちゃです。雄の方がおっとりしていて雌の方が臆病だといわれています。しかし、ストレスに弱いため1日1回は必ずケージから出して遊んであげましょう。慣れてくると自分から飼い主に擦り寄ってきて甘えます。一緒にお昼寝をするなんて事もあるようですよ。好奇心旺盛でこちらの様子を伺うことなく遊びつづけるようです。また、フェレットは非常に深く眠るので「死んだ?」なんてことを思うこともあるようです。夜行性で狭いところがすきという習性を覚えておくと良いかもしれませんね。

2.歴史

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

フェレットの原種はヨーロッパケナガイタチといわれていますがモンゴルステップケナガイタチとの交雑によって誕生したともいわれており、古代エジプト人がフェレットを飼育していたという記録も残されており、紀元前350年にはギリシャの哲学者アリストテレスもフェレットのような動物について記述してある書物がみつかったようですが、詳細は不明のままです。フェレットは私達が生まれる遥か昔から人々と生活を共にしていたんですね。13世紀からはウサギ狩りの為に活躍、15世紀からは毛皮用としても活用されました。ペットのフェレットが野生化し自然や生態系を壊しかねないのでフェレットの飼育が禁止されている国があります。

アイスランド、オーストラリアの一部、アメリカの一部などでは飼育を禁止されている地域もあります。条件付きで飼育が可能な国もありますが、実は北海道の一部の地域ではその取り組みを行っています。人間の身勝手な行動により。この自体を招いてしまいました。フェレットを飼育する際には一生飼える覚悟を持てるかという事をよく考えましょう。

3.習性

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

フェレットは一日の大半を寝て過ごします。また、夜行性で平均して16〜20時間眠ると言われており、鳴き声もほぼないので一人暮らしでも非常に飼いやすいペットです。フェレットは狩猟時代の名残か本能的に狭い場所を好みます。細長くしなやかな身体を活かし人のてが届かない場所にも平気で入ってしまいます。一旦行方不明になるとどこに隠れたのかわからなくなる恐れがあります。好奇心旺盛な性格のため、高い所に登ってしまい降りれなくなるなんてことがあるようですのでフェレットを家の中で遊ばせる際は注意を払うようにしましょう。

しかし、遊ぶことが大好きなので最低でも1日1時間はケージから出して遊んであげましょう。適度な運動を心掛けましょう。また、フェレットはとても繊細な生き物でストレスを溜めてしまう事もありますのでうまくしつけてあげることが大切です。フェレットは暑さに弱く、寒冷地域出身のため寒さには強いです。適温は15~23℃で湿度は50%以上を目安にしましょう。夏の暑さ対策はクーラーを初め、小屋を風通しの良いケージに変える、小屋に保冷剤を置く、扇風機を回すなどがあります。フェレットは涼しい環境がなければ日本の夏を越える事はできませんので注意しましょう。

4.身体的特徴

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

■毛・皮膚

フェレットの毛は2つの毛で構成されています。アンダーコートとオーバーコートです。アンダーコートの方が短く柔らかな毛質でオーバーコートは長く少々固い毛質です。フェレットには特別ブラッシングなどは必要ありませんが、匂いが強い傾向にあるため月に1回程度のシャンプーをしてあげることで綺麗な毛質を保つ事、匂いを軽減させる事に繋がります。また、換毛期は春と秋です。この時期は抜け毛がすごいですが生理現象なので気にしなくて大丈夫です。

ただ、あまり抜け毛を食べさせると体内で詰まる可能性があるのでこまめに掃除をしましょう。フェレットの皮膚に、痒み、フケ、脱毛、発疹、が出た場合は注意が必要です。シャンプーがあわない、アレルギーやダニ、ノミの可能性もあります。フェレットの抜け毛があまりにも多い場合は副腎が病気になっている可能性があります。地肌が見えるくらいまで毛が抜けている場合は明らかに異常なので早めに動物病院に連れて行きましょう。

■歯

フェレットは非常に鋭い歯を持っています。フェレットの歯は人と同じように乳歯が抜けると永久歯が生えるようになっています。ハムスターなどとは違い、一生生え続けるわけではないので注意しましょう。まれに、フェレットの歯をカットしてしまう飼い主さんがいますが絶対にやめましょう。歯をカットすることでフェレットの健康は損なわれます。フェレットは歯髄炎という病気に掛かりやすいです。この病気に掛かると口臭がきつくなり、腫れます。放っておくとフェレットは徐々に衰弱してしまうので発見した際はすぐに動物病院へ連れて行きましょう。予防法として、歯につきにくいフードを与える事と歯磨きがあります。歯磨きは幼少期の頃から習慣にしておきましょう。

■臭腺

フェレットはイタチ科です。イタチ科は敵から身や縄張りを守るため臭線という嫌な匂いを発する線を持っていますが、日本にいるフェレットはほとんど臭腺除去手術と避妊手術が済んでからの状態でペットショップに輸入されてくるので嫌な匂いを発さない場合がほとんどです。しかし、小屋が不衛生であったり汚物が溜まっている状態ではもちろん嫌な匂いがフェレット自身にもついてしまいます。匂いだけでなく健康状態にも悪い影響しか及ばさないのでフェレットの健康のためにも毎日こまめに掃除しましょう。トイレの中で寝て、汚物まみれになっているなど珍しい話ではありませんので気をつけましょう。

フェレットが臭いからといって香水やスプレーなどをしてはいけません。フェレットは非常に嗅覚がよいためストレスになります。お風呂に入れてあげるのも効果的ですよ。人間用のシャンプーは使わずにフェレット用のシャンプーを必ず使いましょう。ゆっくりとやさしく洗ってあげるのが肝心です。幼少期のころからフェレットにお風呂を慣らすこともとても大切です。目安として2週間に1度の頻度でシャンプーしてあげると良いですよ。シャンプーをする際の注意点として、顔に水をかけない、熱い湯ではなくぬるま湯をかけることです。フェレットがびっくりしてお風呂を嫌いにならないように最善の注意を払いましょう。

■爪

フェレットの爪は自然に短くなる事もありますが、伸び続けるとフェレットも飼い主さんも怪我をする可能性があるので週に1度はケアしてあげる事をおすすめします。フェレットの爪切りには小動物用の爪切りを使いましょう。1人で爪を切る際にはフェレットが深い眠りに入っている間に爪を切ったり、お菓子で気を引きながら切る事も可能ですが、突然起きた時などにとても危険なので、なるべく1人はフェレットの身体を押さえ、1人は爪を切るなど2人体勢で爪を切ってあげる事をオススメします。また、爪には血管が通っているので切らないように充分注意しましょう。フェレットの血管を切ってしまった際には血が出るので驚くと思いますが、冷静に対処しましょう。充分に止血し消毒をすればさほど心配いりません。

■四股

フェレットの指は5本あり、肉球がついています。柔軟性のある身体で胴長で短足な体型は穴をもぐるのに非常に適しており、穴の中を通り抜けるのにも便利です。前足には水かきがついており、泳ぐ事が上手です。フェレットの歩き方は蹠行性と呼ばれる足の裏を完全に地面につける歩き方をします。これは、人と同じです。

フェレットは見た目に反して早く走る事ができます。フェレットのしなやかでやわらかい体と短い足の組み合わせは土や穴の中では非常に役にたちますよね。フェレットが足を引きずったり痛がる様子をみせていたら捻挫や骨折をしている可能性がありますので早めに動物病院へ連れて行きましょう。

嗅覚・視覚・聴覚

フェレットの視覚はあまり良い方ではありません。高いところから落ちるなど、落下事故も多いのでフェレットを遊ばせる際にはフェレットが高いところにのぼらないように気をつけましょう。視覚に反して嗅覚は非常に良く、嗅覚を頼りに生きていると言っても過言ではありません。飼い主さんの匂いを覚えると良くなつきやすくなる傾向にあるので、フェレットを家族として迎え入れた際はまずは匂いを覚えてもらうと良いかもしれませんね。嗅覚が優れているからといって危険なものを嗅ぎ分けられるわけではありません。

フェレットは非常に誤飲・誤食しやすいお動物と言ってよいでしょう。飼い主さんがしっかりと見張ってあげる必要があります。また、聴覚も悪くないのでうるさい場所に小屋を置くのはやめましょう。静かで人通りの少ない場所で飼育してあげるとフェレットの精神面にも良いです。

種類とカラー

フェレットのカラーはセーブルが基本色ですが、この他にもホワイト、アルビノ、シルバー、バタースコッチ、シャンパン、シナモン、ブレイズ、パンダ、パールなど様々な模様やカラーがあります。また、フェレットはそれぞれちがうファーム(繁殖場)で生まれています。ファームごとに独自の方法で繁殖されているので特徴や体型、性格までも異なります。ペットショップにいるほとんどのフェレットが海外のファームから輸入されており避妊・去勢手術が済んでいます。その理由として、野生化の防止や利益を確保するためだと言われています。フェレットを繁殖するには許可を取る必要があります。個体によって性格はかわるのであまりファームを気にしすぎない事も大切ですね。

【ファーム】

■マーシャルフェレット(アメリカ・ニューヨーク)
■パスバレーフェレット(アメリカ・ペンシルバニア)
■マウンテンビューフェレット(アメリカ・ニューヨーク)
■ルビーフェレット(アメリカ・アイオワ)
■カナディアンフェレット(カナダ・バンクーバ)
■ニュージーランドフェレット(ニュージーランド・南島)
■アンゴラフェレット
■ミスティックフェレット(ニュージーランド・北島)

■マーシャルフェレット

アメリカ・ニューヨークで60年以上の歴史があるマーシャル社のフェレットです。右耳の後ろに去勢手術、臭線除去手術、避妊手術が済んだ印の入れ墨が入っています。他のファームのフェレットよりも性格は温厚で毛並みも良く小柄なのが特徴。カラーバリエーションも豊富です。フェレットを初めて飼われる方にオススメのファームと言えますね。

■マウンテンビューフェレット

アメリカ・ニューヨーク出身のマウンテンビュー社。耳にマウンテンビュー出身の印の入れ墨が入っていて、全体的にマーシャル社のフェレットに似ていますがマーシャルよりも大人しく、雄の場合大きめの体になりやすいです。こちらも初心者向きのフェレットです。

■パスバレーフェレット

アメリカ・ペンシルバニア出身のパスバレー社。他のフェレットに比べ、病気に強く、気性も荒くなく遊び好きでがっしりとした体つきなのが特徴です。こちらのフェレットは入れ墨などは入っていません。

■ルビーフェレット

アメリカ・アイオワ出身のフェレット。顔が丸く、体つきがしっかりとしています。日本にはあまり入ってこないのでレアなフェレットと言えますね。毛並みが良いのが特徴です。

■カナディアンフェレット

カナダ・バンクーバー出身。骨格がしっかりとしていて丈夫そうな体つきが特徴です。他のふぇれっとよりも大柄なのが特徴です。とってもやんちゃな性格をしています。

【カラー】

■ブラックセーブル

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

セーブルよりも全体的に黒いのが特徴です。オーバーコートは黒く、アンダーコートは白〜クリームです。全体的に艶があり、鼻と瞳は茶色なのが特徴。

■セーブル

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

日本で最も多く飼育されていると言われているのがこのセーブルカラーのフェレットです。オーバーコートは濃い目の茶〜黒。アンダーコートは白〜クリームのカラーです。手足や目の周りは暗めの色で一見、タヌキのような顔立ちに見えます。

■ライトセーブル

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

セーブルよりも若干薄めの色をしているのが特徴です。オーバーコートやアンダーコートもセーブルより薄めの色で配色されています。しかし、手足と腹、尻尾が他の部位よりも濃いめの色で構成されている特徴があります。

■アルビノ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

全身真っ白で目だけ赤いのが特徴です。鼻はピンク色です。

■バタースコッチ

全体的に薄めの茶色で覆われています。オーバーコートが茶色。アンダーコートは白〜クリーム色。鼻はピンクで瞳は焦げ茶色です。

■シナモン

バタースコッチよりもより色素が薄くなったカラーです。オーバーコートは赤みのある茶色でオーバーコートは白〜クリーム色です。鼻はピンクで瞳は焦げ茶色。

■シャンパン

シナモンより更に色素が薄くなったような色です。オーバーコートはその名の通りシャンパン色。アンダーコートは白〜クリーム。鼻はピンクで瞳は焦げ茶色です。

■スターリングシルバー

オーバーコートは白と黒が混じった灰色でアンダーコートはシルバーです。季節(換毛期)や年齢によって毛色が変わるのも特徴です。

■ダークシルバーミット

全体的にスターリングシルバーと同じですが、ところどころ、シルバーミットよりも濃い色の部分があります。

■ブレイズ

後頭部から背中に掛けて白い一本の線が入っているのが特徴です。模様はその個体によって様々です。

■パンダ

名前のまんま、パンダ模様。手足に模様があります。輸入量が少なく人気なのが特徴。

■マークドホワイト

オーバーコート、アンダーコート共に白一色ですが、背中から尻尾にかけてまで黒いラインが一本入っているのが特徴です。ラインは季節や年齢によって薄かったり濃かったりします。

5.生態

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

出産

日本国内で販売されているフェレットはスーパーフェレットといい既に去勢が済んだ状態で販売されます。去勢されていないフェレットをノーマルフェレットと言いスーパーフェレットよりも体格ががっしりしており体臭や性格もきつい傾向にあります。フェレットを個人的に出産、繁殖させようとするのは非常に難しいです。フェレットの初回出産死亡率は11%で2回目は9%3回目は5%となっています。この数字をみてわかるようにフェレットの出産は命がけです。雌は発情期に交尾を行わないと最悪、死に至る場合があります。予防のためにも一般的なフェレットは卵巣、子宮が摘出されています。フェレットを繁殖させるには勉強が必要です。

雄は生後7~10ヶ月、雌は生後8~12ヶ月までに性成熟します。発情期は3月~8月のなかの年二回あり、繁殖適用年齢は2~5歳です。妊娠期間はおよそ42日間で、平均出産数は約8頭です。出産1週間前から食欲旺盛になり赤ちゃんを迎えるため忙しなく巣作りをするようになるでしょう。ほとんど、深夜から明け方にかけて出産します。デリケートな時期なので優しく見守ってあげましょう。フェレットの赤ん坊は生まれたときは6~12グラムで大人になるまでは約16週間

食べ物

フェレットは食肉類のため、野菜などを与えると下痢を起こすことがあります。フェレットに与えると良い物はフェレット専用のフードです。フェレットの体の事が考えられつくられたものなので非常にバランスがとれています。フェレットは1回の食事をたくさんとるのではなくこまめに分けて食事を取ります。水は沢山飲むので多めに用意しておきましょう。おやつをあげる際はフェレット用のおやつを、ジャーキーなどの肉類はよろこんで食べます。最初はフェレット用フードが合わずに食べてくれないなんて事もあると思いますので、様々なフードを試してあげるなど工夫しましょう。

しかし、与えすぎると肥満の原因になるのでなるべくフード以外は与えない方が良いでしょう。また、刺激物やじゃがいも、甲殻類、魚、チョコレート、ドライフルーツ、乳製品など与えてはいけないものが沢山ありますので、フェレットが室内で間違えて人間の食べ物を食べてしまわないように注意しましょう。

病気・寿命

フェレットは犬や猫と同じようにイヌジステンパーウィルスやフィラリアがありますので予防接種が必要です。癌や副腎疾患に掛かりやすいのもフェレットの特徴です。フェレットの病気を早期発見し、早期治療に導くのも飼い主さんの勤めですね。食欲がない、体を痛がる、かゆがる、冬でもないのに寒がる、下痢や便秘をしているなど普段と違う様子をみせたらすぐに掛かりつけの動物病院へ連れて行きましょう。フェレットは通気性が良いケージ、定期的なブラッシングをしてあげるなど日頃のこまめなケアやスキンシップで体調をみてあげることが大切です。

フェレットの寿命は7〜10年ですが、与える食べ物、環境、ストレスを溜めない生活をさせてあげる事で寿命が短くなったり長くなったりもするでしょう。フェレットは人と同じように高齢期(4歳から)はどんどん退化していきます。動きが鈍くなる、小食になる、寝てばかりになるなど個体によって様々です。若い頃のようにいかない事も増えますが、失敗したからと言って怒ってはいけません。飼い主さんがサポートしてあげフェレットにとって良い余生を過ごせるように考えてあげましょう。

最後に

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

フェレットについて、いかがでしたか? フェレットは知れば知る程面白い動物ですね。土の中で生息していたためケージの中にハンモックをかけてあげると体が包まれ安心するのでとても喜びますよ。フェレットには噛み癖がつき、飼い主さんだけではなく子供や老人が被害にあってしまうなんてケースがありますので、幼少期の頃から根気強くしつけを行う事が大切ですね。これからフェレットを飼おうと思っている方は、フェレットが気持ちよく生活できるように、まずはケージや給水器、トイレ、を用意し準備万端の状態で臨みましょう。

また、フェレットは幼少期の頃から兄弟同士で噛み合って成長していくので多頭飼いもおすすめできます。きちんとしつければ人生最高のパートーナーになってくれること間違い無しのフェレットを是非、家族に迎えてはいかがでしょうか。フェレットと飼い主さんの幸せな日々が続きますように。

内容について報告する