障害のため、介助犬を伴って仕事を探す男性。そんな彼らのために、ある企業が取った計らいとは…

障害のため、介助犬を伴って仕事を探す男性。そんな彼らのために、ある企業が取った計らいとは…

脳障害を患っている男性。彼が生活していくためには、介助犬の助けがどうしても必要でした。でも、介助犬の同伴可の職場はなかなか見つかりません…。そんな時、ある会社が彼を採用することに。さらには粋な計らいも…。

  • サムネイル: 蒼樹 りんどう
    蒼樹 りんどう
  • 更新日:

脳障害を患っているオーウェン・リマさん。その影響で、時折パニック症状を見せることもあります。でもそんな時、彼を落ち着かせ支えてくれる存在がありました。それは介助犬の「ブルー」。ふたりはいつも一緒! パートナーであり、家族とも親友とも呼べる間柄。

ところが、そのブルーの存在が大きな壁となっていたのです。実はオーウェンさんは今、新しい仕事を探し中。障害を持っているだけというなら、雇っている企業もいくつかあります。でも、"犬同伴"となると話が違ってくるのです…。

面接を受けても、同伴不可と言われ不採用ばかりのオーウェンさん。今日もまた、ある企業の面接を受けに行きます。「どうせ駄目だろう」と諦めかけていると…

なんと、見事に採用されたのでした!

オーウェンさんを採用したのは、カナダにある大型ホームセンター"Lowe's(ロウズ)"。面接を担当したパオロ・ギャロさんが、オーウェンさんの事情を知り理解を示してくれたのです。
さらには、"ある粋な計らい"をしてくれることに…。

こちらのキャップを被った男性がオーウェンさん。そして中央にいるのがブルー。
ブルーが、オーウェンさんの傍にいるだけに見えます。でも、よく見るとその身体にオレンジ色のものが…。服でしょうか? いいえ、服は服でもただの服ではありません。

ブルーの背中を見てみると、そこには「Lowe's」の文字。

そう、実はブルーもロウズの従業員として迎えられたのです。

特注のベストを着て、オーウェンさんと一緒にロウズで働くことになったブルー。彼のお仕事は、入り口でのカスタマーサービス♪ もちろん、オーウェンさんの体に異常があれば、すぐに飛んでいきます。

今回の出来事を、ロウズがFacebook上で紹介したところたちまち大反響を呼びました。シェア数は2万、いいね! は4万以上にも及んでいます。「今度、飼い主さんとブルーに会うためにロウズに行くよ!」といったコメントも寄せられるほど。

オーウェンさんに偏見を持つことなく、さらにはブルーの採用という一連の出来事。このロウズの計らいは本当に素晴らしいものです。ホームセンターのため、犬が商品を傷つける恐れだってあるはず。でもそんなことよりも、オーウェンさんとブルーの関係性を何より大切にしたのです。

現在、介助犬と言えど入店を断られるケースは数多くあります。これから先、ロウズのように理解を示し受け入れてくれる場所が増えれば、きっと色んな笑顔も増えるに違いありません。

(参照元:boredpanda)
(参照元:facebook)

内容について報告する