猫に近づくとくしゃみや目のかゆみが…もしかして猫アレルギー? 症状・対策について

猫に近づくとくしゃみや目のかゆみが…もしかして猫アレルギー? 症状・対策について

可愛い猫ちゃんに近づいたらくしゃみや鼻水が…ひどい時には皮膚が腫れてしまう。そんな症状が出た方は猫アレルギーかもしれません。できれば克服したい猫アレルギーについて、その症状や対策方法などについて紹介します!

  • サムネイル: ゆき 真白
    ゆき 真白
  • 更新日:
動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

猫が好きで近づくのになぜかくしゃみが止まらない…もしかしたら猫アレルギーかもしれません。重度の場合は皮膚が腫れ、発作を起こすこともあるため決しては油断できません。ここではそんな猫アレルギーについて、症状や原因、治療法や対策法などをまとめました。

1.症状

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

目の症状

■かゆみ
■充血
■腫れ
■涙

鼻の症状

■くしゃみ
■鼻水
■鼻づまり
■かゆみ

皮膚の症状

■発赤(ほっせき)
■かゆみ
■蕁麻疹

喉の症状

■イガイガ
■枯れる
■痛み
■咳

その他の症状

■息苦しさ
■吐き気
■唇の腫れ
■花粉症のような症状
■喘息のような症状

症状は一つだけ出る方もいれば、複数同時に発症する方もいらっしゃいます。他にも猫に触れたり過度な接触によって症状が出る方もいれば、同じ空間にいるだけで症状が出る方など、一口に猫アレルギーといっても症状の出方や条件は変わってきます。猫アレルギーが心配な方は病院で検査を受けることをオススメします。

2.原因

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

■毛
■フケ
■唾液
■尿

猫アレルギーの原因は、猫ちゃんの毛だけではなくフケや唾液、尿などに含まれる物質によって引き起こされると考えられています。もともと喘息を持っている方などはかかりやすいですが、他にも今まで猫ちゃんに触れられた方が突然発症することもあるそうです。

人によってアレルギーの原因は変わると言われていますが、猫ちゃんのフケは長時間空気中に漂っているらしいので、同じ空間にいるだけでアレルギー症状が出る方はこの可能性が高いかもしれませんね。

症状がひどい場合は呼吸困難に陥ったり、過剰に反応してしまう方はアナフィラキシーショックを起こして、最悪死に至ることもあるそうです。アレルギーの疑いがある方は十分注意する必要がありますね。

3.治療法

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

治療法は見つかっていません

原因は研究の結果わかってきたことも多いですが、花粉症などと同様アレルギーというものに対して効果的な治療法が確立されておらず、猫アレルギーについても治療法はまだありません。症状を緩和する薬を飲んだり、環境を整えたりすることで猫ちゃんが飼えることもありますが、症状がひどい場合は距離をとって同じ空間にいないようにすることも大事になります。

また長い時間を有し、少々荒治療のようにもなりますが、毎日少しづつアレルゲンを体内に取り込み免疫をつけていくという方法もあります。免疫がついたことで症状が出なくなった方もいるそうですが、場合によってはアナフィラキシーを引き起こしてしまう可能性があるため、この方法をとる方はよくお医者さんと相談してください。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

市販薬を服用しても大丈夫?

アレルギーだと気付かず「喉が痛い」「鼻水が出る」ということで、市販の風邪薬を服用してしまった方もいらっしゃるかもしれませんが、猫アレルギーは花粉症などと同じ「アレルギー」です。症状が軽度で病院に行く時間がない場合は、花粉症にも効果的な市販の抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬などを代用しても症状が緩和されることがあります。

もちろん、病院で処方される薬に比べて効果は薄くなりますし、まったく効かない方もいらっしゃいます。市販薬でやり過ごすのは一時的なものですので、後日改めて病院を受診しましょう。

4.対策法

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

空気清浄機を使う

空中に漂う毛やフケを人の手で排除するのはとても大変なことなので、空気清浄機を設置するようにしましょう。思っているより猫ちゃんは抜け毛が多い動物ですので、部屋の広さに対して大きめの空気清浄機を用意しておくといいですね。

こまめな掃除

コロコロやクイックルワイパーなどを使って、こまめに床やカーペット、隙間などの掃除をしましょう。もし可能であれば布製品は定期的に洗濯をしてあげるといいですね。猫ちゃんはよく狭いスペースに潜みますし、埃がアレルギーの原因になることもあるので家具などの隙間も忘れずお掃除するようにしましょう。

こまめなお手入れ

猫ちゃんを飼っている方はこまめに「ブラッシング」するようにしましょう。短毛種であれ長毛種であれ抜け毛が多い子は多いので、事前に落ちてしまう毛を取り除くのも有効的です。また換毛期などの特に多量の毛が抜けるときは「シャンプー」をしてあげましょう。

これから飼う人は「アレルギー」が出にくい猫種を

「ベンガル」「ロシアンブルー」など、中にはアレルゲンになりにくい品種の猫ちゃんもいますので、どうしても猫を飼いたいという方はこういった猫種を飼ってはいかがでしょうか。 猫ちゃんの毛に対してアレルギーを発症する方は「スフィンクス」などもいいですね。ただ、スフィンクスも無毛猫と言われていますが実際には産毛が生えていますし、ベンガルなどもまったくアレルギーを引き起こさないわけではないので、できる限りの対策をとって飼うようにしましょう。

最後に

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

猫ちゃんが好きなのに猫アレルギーだ、という方のお話をよく聞きますが、皆さん本当に猫が好きで症状が出ても構わないという方がとても多いです。いつか猫アレルギーを根本的に治すような特効薬が作られ、皆さんが素敵な猫ちゃんとの同居生活を送れるようになることを祈っています。

内容について報告する