猫のトイレに敷く猫砂、どれを選べばいいの?

猫のためのグッズを揃えていると、意外とどれを購入すればいいのか悩むのがトイレに敷く猫砂ではないでしょうか。様々な種類があり、果たしてどれが猫の気に入るのか、わかりませんよね。そこで今回は、様々な猫砂の種類を紹介します。購入の際はご参考ください!

  • サムネイル: 関 慶之
    関 慶之
  • 更新日:

1.猫砂の種類

猫砂は細かく分けていくと非常にたくさんの種類がありますが、今回は代表的な種類を紹介します!

紙製

紙でできている猫砂です。使用後はそのままトイレに流したり、燃えるゴミとして捨てることができるものが多く、処理が簡単なのが最大の利点です。また、おしっこをしっかりと吸いとり固めてくれるので、掃除も簡単に済ますことができます。

おから製

豆腐のしぼりかすであるおからを使用して作られた猫砂です。食品を原料としているので、猫が多少口に入れてしまっても安心することができます。処分の際は可燃ごみとして出すことができます。固まる際には大豆に含まれるイソフラボンの抗酸化作用が臭いを防ぎます。何でも口に入れる癖のある猫にはぴったりな猫砂といえるのではないでしょうか。

木製

木材を作るときに出た廃材を材料とした猫砂です。特にヒノキの廃材を使っているものなどは香りがよく、室内によくマッチします。また、燃えるごみとして出すことができ、トイレに流せる商品もあります。ただし、ややほこりが立ちやすいものもあり、木の香りは猫が必ずしも気に入るとは限らないことがデメリットです。

鉱物製

ゼオライトやペントナイトなどの、粘土のような特徴をもった鉱物を材料とした猫砂です。脱臭性に優れており、よく固まる性質があります。また猫が本来野生下で排泄をしていた砂の上に最も近い環境を作り出せるので、猫が最も気に入る猫砂であるともいわれています。ただし燃やしたり流したりすることはできず、不燃ごみとして出す必要があります。やや重たい点にも注意が必要です。

鉱物製の猫砂の中でもシリカゲル製の猫砂は、非常に軽く扱いやすい性質を備えています。またすぐに乾燥し、脱臭性にも優れています。しかし誤飲すると猫の体によくないため注意が必要です。

2.最後は猫が気に入るものを

以上、代表的な猫砂の種類を紹介してきました。猫砂を購入する際は、価格、重さ、掃除や処理が楽かどうか、脱臭性など、さまざまなことを考慮に入れながら選んでいくかと思います。しかし一番大切なのは、やはりその猫砂を猫が気に入るかどうかということではないでしょうか。猫の中にはどの猫砂も気に入らず、新聞紙やペット用マットを敷いたトイレを好む個体もよく見かけます。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

最後に

どんなトイレにするとしても、子猫のうちから慣らすのが一番です。もし、引き取った時点で使用していた猫砂の種類が分かっている場合は、それを継続して使用するのがよいでしょう。猫に合わない猫砂を使っていると、トイレ以外の場所で排泄するなどの問題が起きてしまう可能性があります。猫砂と猫の相性をよく見極めてください。

内容について報告する