チョコレート色のとっても賢い猫 ハバナブラウンをご紹介します!

ちょっと変わったチョコレート色の猫、ハバナブラウンのご紹介です。ヨーロッパで生まれ、キューバの葉巻にちなんでその名を付けられた彼らは、とても賢く活動的な猫です。ハバナブラウンの魅力、のぞいてみませんか?

  • サムネイル: 関 慶之
    関 慶之
  • 更新日:

1.概要

ハバナブラウンは、イギリスにおいてシャムから作出された、独特なチョコレート色の被毛を持つ猫種です。数が少なくマイナーな猫種ですが、歴史は意外と古いものがあります。

2.歴史

ルーツはシャム猫

ハバナブラウンは偶然から生まれた猫であるといわれています。1890年ごろ、チョコレートポイントのシャムと、シャムの血が入った栗褐色がかった黒猫が交配した結果、原型となる猫が誕生しました。この猫は栗色の毛並みにグリーンの目をしており、「スイスマウンテンキャット」の名前も付けられましたが、シャムのスタンダードからは大きく外れていたためよい評価を受けることはできず、廃れてしまいます。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

ハバナブラウンが再評価され、作出が開始されるようになったのは20世紀半ば、戦後になってからでした。1952年、イギリスのブリーダーがシールポイントやチョコレートポイントのシャム、ロシアンブルー、雑種の黒猫などを利用し、単色のチョコレートブラウンの猫と明るめのチェスナットブラウンの猫が生まれます。

この猫はイギリスの愛猫家団体であるGCCF(Governing Council of the Cat Fancy)の公認を受けますが、このときはまだハバナブラウンという名前はなく、「チェスナットフォーリンショートヘア」と呼ばれていました。

アメリカへ

チェスナットフォーリンショートヘアはアメリカに輸出され、さらに繁殖が行われます。もともとこの猫はオリエンタルタイプとよばれるほっそりした体型でしたが、アメリカではセミフォーリンとよばれるがっしりした体型が好まれたため、作り替えが行われました。このため現在のハバナブラウンにはイギリス系とアメリカ系の二系統が存在しています。

1964年、アメリカの愛猫家団体であるCFA(キャット・ファンシャーズ・アソシエーション)は、この猫を「ハバナブラウン」として公認しました。当時はブラウンの毛色のみが存在しいていたためこの名前が付きましたが、個体数が非常に少なかったため、遺伝子の多様化を促す目的でロシアンブルーやシャムとの交配が1974年まで認められていました。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

この結果ブラウン以外にもライラック色の個体が生まれるようになり、1980年代には「ブラウン」を外して「ハバナ」が正式な名称となりました。しかし日本においてはいまだにハバナブラウンと呼ばれることが多いようです。

ハバナという名前の由来は、ハバナ産の葉巻に色に体毛の色が似ているからという説が有力ですが、ハバナラビットという種類のウサギに似ているからであるともいわれています。

3.身体的特徴

被毛

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

ハバナブラウンは短毛て、体色はもともとはチョコレートのみでしたが、前述のようにロシアンブルーの影響でライラックも登場しています。ただ、ライラックのハバナブラウンはTICAでは認められているもののCFAでは非公認となっています。

体格

体格は中くらいで、ほっそりとしています。尻尾は長く先端が太いです。目はグリーンで、耳は離れて付いています。

4.性格・気質

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

tristan tan / Shutterstock.com

■非常に賢い
■活発
■好奇心旺盛
■甘えん坊
■ヤキモチ焼き

ハバナブラウンはシャムの血を色濃く引いているため、その性格もはシャムによく似ています。すなわち好奇心旺盛で活発で非常に知的、心を許した飼い主に対しては甘えん坊な一面をよく見せてくれます。またとても賢いため、猫としては珍しく犬のような芸を仕込むことも可能だそうです。しつけも比較的すぐに習得できるでしょう。

とても愛情深い半面、飼い主が長時間家を留守にするといじけてしまったりすることがあり、やや嫉妬深い猫ということができます。このため、多頭飼いには向かないといえるでしょう。

5.生活環境

運動量がとても多い猫種なので、室内でもよく動けるようキャットタワーは必須と言えるでしょう。またその賢さから、トイレなどの基本的なしつけもスムーズに行えることが多いようです。

ご家庭によっては、リードをつけてまるで犬のように外で散歩してしまう子もいるとか…!

6.お手入れ

ハバナブラウンは短毛の猫であるため、お手入れの負担はほとんどありません。ブラッシングは1日1回程度、コミュニケーションを兼ねて軽く行う程度で充分でしょう。シャンプーも汚れ具合によりますが、3か月から半年に1回程度で問題ありません。

7.かかりやすい病気

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

ハバナブラウンは頭数が少ないため、どのような遺伝病を持っているかは詳しく分かっていません。しかし、シャムの血が濃いためシャムに特有の遺伝病を発生する可能性はあります。進行性網膜萎縮症、進行性網膜変性症といった目の病気や慢性腎不全などがシャムの発症しやすい病気として知られています。注意しておくに越したことはありません。

最後に

いかがでしたか。ハバナブラウンは日本ではとてもマイナーな猫ですが、普通の黒猫にはない美しい毛並みと、知的で愛情深い性格がとても魅力的です。

これを読んでハバナブラウンの魅力に気付いたあなたは、ぜひともハバナブラウンを飼ってみませんか?

内容について報告する