猫の体重はどのくらい? 肥満度を触って判断しよう。

猫の体重はどのくらい? 肥満度を触って判断しよう。

猫を健康に育てる上で気をつけなければいけないのが体重です。どれほどの体重が適正なのか把握しておきましょう。

  • サムネイル: Knp
    Knp
  • 更新日:
動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

ほっそりとした足に小さい顔、スリムな体型が愛らしい猫ですが、近頃はぽっちゃり気味の子も多いですよね。大きなお腹をたずさえてのしのしを歩く姿や、お腹を出して座る姿などは愛嬌があり「おデブ猫」として一定の人気を誇っています。しかし肥満は様々な病気を誘発し、猫の寿命を縮めてしまう可能性もあるんです。

ここでは、猫の年齢別の平均体重をまとめるとともに、肥満チェックの仕方やダイエット法などをまとめました。

1.猫の体重

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

猫の平均体重は約3.5kg〜4.5kg

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

性別や骨格、小型のシンガプーラや大型のメインクーンなど猫種によっては当てはまらないことがあります。上の表は日本猫など標準的な猫の体重を平均してまとめました。

猫は1歳を過ぎるとあまり体重が変化しないため、成猫はだいたい3.5kg〜4.5kgほどとなります。老化により多少体重が前後することもありますが、もし大幅に増減するようなことがあれば病気の可能性も考えられるので早急に病院に行きましょう。

ちなみにシンガプーラのような小型サイズの猫は2.0kg~3.5kg、メインクーンのような大型の猫であれば4.5kg~8.0kgが平均と言われています。

2.肥満の確認方法

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

飼っている猫が肥満かどうか知りたい飼い主さんの為に、肥満のチェック方法をご紹介します。

適正体重の20%以上が「肥満」

その猫種の適正体重を20%を超えた状態で「肥満」という扱いになります。まずは飼っている猫の適正体重を知りましょう。その猫の肥満の状態を調べることが可能になります。

1歳の時の体重が理想体重

基本的には成猫とされる1歳を過ぎた頃の体重が、その猫の生涯を通しての理想的な体重と言われています。そのため1歳当時の体重を測り、それを基準に肥満かそうでないかを判断すると良いでしょう。

動物病院に連れて行けば、より正確に体重を測れますので可能であればその頃に一度連れて行ってあげて下さい。

※ノルウェージャンフォレストキャットやメインクーンなどの大型の猫は成長期が長く、ここには当てはまりませんのでご注意ください。

痩せている子の特徴

■助骨が浮き出ている
■尾てい骨がせり出ている

言わずもがなですが骨が浮き出ていれば痩せすぎです。「助骨が少し見えているのは平気では?」と思われるかもしれませんが、どの部分であれ見て骨がわかる場合は痩せている証拠です。上から見たときにきゅっと明らかに腰がくびれている場合も痩せているので、食事の量や内容を変えてあげてください。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

理想体型

■助骨の上に薄い脂肪がついていて触るとわかる
■緩やかなくびれがある
■骨格は滑らか

歩いたときに肩甲骨が見え、お腹はわずかにへこみ、全身が薄い脂肪で覆われていると理想的と言えます。骨太な猫種や長毛種はくびれなど体格的なものがわからないと思いますので、体重を測ってみましょう。ワクチン接種や定期検診のとき動物病院で測ってもらうようにするといいですね。

太り気味の子の特徴

■助骨は触ってもわかりづらい、またはわからない
■くびれはわかりづらい、またはない

お腹が下に垂れ下がり、大きく膨らんでいる場合は平均体重30%超えで太り過ぎです。くびれがわかりづらいくらいだと20%超えの体重過多です。どちらも同じ「肥満」ですので、そこまでお腹が大きくないと思っていても20%を超えた場合はダイエットするようにしましょう。

ボディコンディションスコア(BCS)でチェックする

どうしてもご家庭で体重を測りたいという方は『ボディコンディションスコア』と呼ばれる方法をお試しになってみて下さい。

人間の場合BMI(肥満指数/体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=25以上が肥満)など、統計から測る肥満の判断基準がありますが、猫の場合はまだこうした明確な基準値はありません。

ボディコンディションスコアとは、猫の体を触って脂肪のつき具合を調べるボディチェックです。
家庭でも簡単に調べることの出来る肥満度チェックの方法です。

ボディコンディションスコアのやり方

ボディコンディションスコアの詳しい方法については、下記の表をご参照ください。

ただこの測り方の場合、どうしても主観的な判断によるものが多くなってしまいますので、正確に測る場合はやはり動物病院に連れて行ってあげたほうが確実です。

3.猫のダイエット方法

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

それでは、ここからは実際に愛猫が肥満だった場合のダイエット法をご紹介していきます。

食事の内容を変える

やはり痩せるのに一番効果的なのは、普段の食事を変えること。

これは摂取する量を減らすということではありません。猫は私たち人間と異なり、理性が乏しく本能が強い動物。そのため極端な食事制限は強烈なストレスとなり、場合によっては凶暴な性格となってしまいます。

ですので減らすのではなく、摂取カロリーの低いキャットフードにする、野菜を多めに与えるなど、食事の内容を変えるという方法で乗り切りましょう。

食事の回数を増やす

これは少々予想外かもしれませんが、食事の回数を増やすことは実は猫のダイエットに大きな効果があります。ただ気を付けていただきたいのは、増やすのは一日に与える回数のみであって、量はこれまで通り変わらないようにしてください。

つまり毎日朝と夜だけなど2食にしていたものを、3~5回などの小分けにして与えるようにして、余分な脂肪形成を減らすことが出来ます。

運動量を増やす

ダイエットの基本と言えば、やはり運動!

とにかく愛猫が満足いくまで猫じゃらしなどで存分に遊んであげて下さい。一緒に遊んであげることで、愛猫とのコミュニケーションにもなりますし、ストレス解消にも効果的。

また、例え室内飼いでも時には外に散歩に連れて行ったりするのもアリです。猫を散歩に? とあまり馴染のないように思われますが、海外では猫用のリードを付けて外を散歩するというのは割とポピュラーで特別おかしなことではないんですよ。

他にも、キャットタワーを飼ってあげたり、高い足場を作って上げれば、高い所が好きな猫ですので喜んで上り下りの運動をしてくれますよ。

最後に

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

ゴロゴロしていることが大好きな猫、その奔放さが彼らの魅力のではありますが、肥満は放っておくと病気を呼び込む元となります。甘やかしたい気持ちもとてもよく分かりますが、猫にいつまでも健康に長生きしてもらうためにも、肥満防止を心がけるようにしましょう。

内容について報告する