ポメラニアンの毛の特徴とカットの種類
出典 : Ohhlanla/Shutterstock.com

ポメラニアンの毛の特徴とカットの種類

ポメラニアンは、フワフワの被毛が人気の犬種ですが、トリミング次第でいろいろな表情を見せてくれます。そこで今回は、ポメラニアンの被毛の特徴と、カットスタイルの種類を解説していきます。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:電話どうぶつ病院Anicli(アニクリ)24 三宅亜希院長

ポメラニアンの毛の特徴

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 mikumistock/Shutterstock.com

ポメラニアンの毛色は、ジャパンケネルクラブ(JKC)で認められているカラーだけでも、オレンジ・ホワイト・ブラックなどおよそ13種類があり、数ある犬種の中でも最多といわれています。チョコレートやブルーなど、カラーによっては交配が難しいものもあるので、実際にすべてのカラーを目にすることは難しいかもしれません。

ポメラニアンのフワフワとした被毛は、ダブルコートと呼ばれるトップコート(上毛)とアンダーコート(下毛)の二層構造になっています。寒さに強い反面、暑さには弱いので、夏場は熱中症などに注意しましょう。

犬は被毛の量で体温調節をするため、春と秋に換毛期を迎えます。ポメラニアンはダブルコートなので、通常でも抜け毛の量が多い犬種ですが、換毛期はとくに抜け毛が多くなります。個体差はありますが、換毛期にブラッシングをすると、1回でコップ一杯分もの抜け毛が発生することもあります。

そのため、ポメラニアンを家族に迎えたら、毎日のブラッシングは欠かせません。ブラッシングを怠ると、被毛の通気性が悪化し、皮膚病や寄生虫のリスクが高くなってしまいます。また、ブラッシングは皮膚に適度な刺激を与え、血行を良くする効果があるので、全身の健康維持にも役立つとされています。

また、月に1~2回のシャンプーも必要です。ポメラニアンに限らず、犬はシャワーの音などに驚いてパニックを起こしてしまうことがあるので、シャワーヘッドをカラダに密着させて全身を濡らしていきます。熱湯はやけどの危険があるので、ぬるま湯を使いましょう。それから、犬用シャンプーを使って全身を丁寧に洗い、ドライヤーでしっかり乾かします。この時、皮膚や被毛に水気が残っていると細菌が発生しやすくなり、皮膚病を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

ポメラニアンのヘアスタイル特集

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Evmefoto/Shutterstock.com

カラーバリエーション豊富な美しい被毛が特徴のポメラニアン。スタンダードな長毛スタイルも魅力的ですが、トリミングで様々なスタイルに変身することができます。

チャウチャウカット

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Suti Stock Photo/Shutterstock.com

近年、画像投稿サイトで話題になったのが、まるでチャウチャウのように見えるこのカット。顔の周りと耳の被毛を少しだけ長めに残してカットします。

俊介君カット

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Suti Stock Photo /Shutterstock.com

SNSで大人気のポメラニアン「俊介君」のカットスタイルです。日本犬の仔犬のように全身の被毛を短くカットしたスタイルで、ころころとした丸みのあるビジュアルが人気を集めているようです。

柴犬カット

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Bussakorn Ewesakul/Shutterstock.com

夏用に被毛を短くカットする「サマーカット」で、柴犬のようなルックスに。被毛を短くすることで涼しくなりますが、直射日光が皮膚にあたりやすくなるデメリットもあります。

タヌキカット

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 KristinaSh/Shutterstock.com

タヌキカットは、柴犬カットよりも長く被毛を残すスタイルです。ポメラニアン本来の丸みのあるフォルムを生かしたスタイルですが、従来のポメラニアンとは雰囲気がかなり違い、意外な人気を誇っています。

ライオンカット

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Suti Stock Photo/Shutterstock.com

胸の周りと尻尾の先の被毛だけを長めに残し、胴体の毛を短くカットすることで、ライオンのように見えることからこの名前が付きました。ライオンの勇ましさと、ポメラニアン本来のかわいらしさが混ざりあって、何ともいえないキュートな仕上がりになります。

このように、様々なスタイルが楽しめることも魅力的なポメラニアン。ただし、短く切り込むスタイルは、失敗すると皮膚のトラブルにもつながるので、慣れないうちはトリミングサロンでカットしてもらうことをおすすめします。被毛の状態や気温の変化などにも気をつけながら、愛犬にぴったりのスタイルを見つけましょう。

内容について報告する