猫には生理がない!? 妊娠のメカニズムと出血があった場合の注意点

猫には生理がないって本当? 出血を生理だと勘違いして病気のサインを見逃さないよう、妊娠のメカニズムと不正出血の理由を紹介します。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
    ひなた ふゆみ
  • 更新日:

猫の排卵・妊娠のメカニズム

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

NAPI WAN ALI/Shutterstock.com

猫も人間と同じ哺乳類ですが、なぜか猫には「生理」がなく、妊娠のメカニズムも人間とは異なります。しかも、ミックスの場合は、生まれた仔猫の毛色や柄が兄弟姉妹でもまったく違うことは珍しくありません。そこには、猫ならではの「排卵」との因果関係が大きく影響しているのです。

人間をはじめ、犬やキツネ、牛、馬など多くの哺乳類は自然排卵動物と言って、性周期の中で自然に排卵し、タイミングよくオスの精子と出会えば妊娠へと至ります。しかし、排卵が起こっても受精に至らず、妊娠が成立しない場合は、妊娠の準備を整えていた子宮内膜の一部がはがれ、血液とともに子宮口から排出されます。いわゆる、この現象が「生理」です。

猫が人間と違うのは、交尾によって排卵がうながされる交尾排卵動物であること。周期的に排卵が起きないため、生理になることもありません。そのうえ、交尾後の排卵は受精確率を格段に引き上げるという特質も備えています。発情期間中に複数のオス猫と交尾すれば、交尾のたびに排卵するため、メス猫はそれぞれのオス猫の子どもをほぼ同時に妊娠することができるのです。これは猫が種の保存のために身につけた生存本能とも言えます。生まれた仔猫の毛色や柄が違うのもそれが理由です。

生理がないのに出血!?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Imageman/Shutterstock.com

メス猫の陰部から出血していたり、トイレに出血のあとが見られたら、それは生理ではなく、病気の可能性があります。不妊手術をしていない猫の場合は、子宮の病気かもしれません。

子宮の病気では、子宮内に膿がたまる「子宮蓄膿症」がもっとも多く、発情後期から妊娠中にかけてホルモンバランスが変化し、免疫力が低下するため、発症率が上がると言われています。寝床やトイレが汚いなど、不衛生な環境で飼育している場合も、発症の原因となるようです。同じように、「子宮内膜炎」や「子宮ガン」なども陰部からの出血が発症のサインです。

血尿は、慢性的な「膀胱炎」や腎臓・尿管・膀胱・尿道などに小さな石のような結石ができる「尿路結石」などを発症したときに見られる症状です。

「膀胱炎」には、細菌感染が原因の「細菌性膀胱炎」と原因が特定できない「突発性膀胱炎」があり、細菌性が多い犬に対して、猫は突発性の方が多いとされています。

一方、「尿路結石」は、人間が発症すると七転八倒するほどの痛みに襲われる病気ですが、猫の場合もおしっこをするときに鳴いたり、落ち着きがなくなるなど、痛がる様子が見られます。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Zanna Holstova/Shutterstock.com

そのほか、「タマネギなどのネギ類を食べた」「猫伝染性貧血などの感染症を発症している」「猫白血病ウイルスに感染している」などが原因の場合、血尿によく似た血色素尿が出ます。
血色素尿は血液を赤く見せるヘモグロビンだけが混ざった尿のことで、血液中の赤血球が破壊される「溶血」を起こしているときの症状です。赤血球が破壊されると、全身に酸素が行きわたらなくなり、最悪の場合は命を落としてしまいます。

初めてのペットとして猫を飼う人、犬を飼ったことはあるけれど猫は初めてという人は、哺乳類にも生理のない種がいることに驚いたのではないでしょうか。じつは猫以外にも、トラやライオン、ヒョウなどの野生ネコ科動物も交尾排卵動物です。

メス猫だけでなく、オス猫も血尿または血尿に似た症状は重篤な病気につながるSOS。早期発見、早期治療が猫の命を守る最善策だけに、普段から猫のトイレや排泄物を小まめにチェックして、出血があるかないかを確認することが大切です。

内容について報告する