猫にカニを与えてはいけません! その理由と口にしてしまった時の対処法

海に囲まれた日本では、猫は魚が大好きなイメージがあります。そのため、同じ魚介類であるカニを与えても大丈夫では、と考える人もいるかもしれません。しかし、猫にカニを与えると、重大な病気を引き起こすおそれがあるので紹介します。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:ますだ動物クリニック 増田国充院長

猫にカニを与えてはいけない理由

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

mykeyruna/Shutterstock.com

猫にカニを与えてはいけない理由。それは、カニなどの魚介類に含まれている「チアミナーゼ」という成分が原因です。このチアミナーゼという成分は、猫の体内にあるビタミンB1を破壊してしまう性質を持っています。

そのため、猫がカニを大量に摂取してしまうと、「ビタミンB1欠乏症」を発症するおそれがあります。ビタミンB1は体内エネルギーの生産と消費、神経や筋肉、心臓の機能を整えるなど、様々な役割を持っています。このビタミンB1が破壊されると、以下のような症状が現れます。

ビタミンB1(チアミン)欠乏症のおもな症状

●食欲不振
●吐き気
●ふらつく
●瞳孔が開く
●痙攣
●骨の変形
●不整脈
●網膜出血
●昏睡

猫がビタミンB1欠乏症になると、食欲がなくなり、吐き気などの症状がみられます。症状が重篤になると、痙攣を起こしたり、ふらついたりと、日常の生活に支障をきたします。さらには不整脈や網膜出血などを起こすケースもあり、この段階で治療を施さなければ、昏睡状態になった後、命を落としてしまうことも…。カニなどの魚介類を食べた猫に上記のような症状がみられた場合は、すぐに動物病院で診てもらいましょう。

猫がカニを食べてしまった時の対処法

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Surachat yaepae/Shutterstock.com

ビタミンB1欠乏症は、カニをはじめとするチアミナーゼを含んだ食物を大量に食べ続けることで発症します。ですので、猫が誤って少量を口にしてしまった程度なら、命の危険まではありません。ただし、その場合でも下痢や嘔吐などの症状が出る可能性は充分あるので、しばらくは目を離さないようにしましょう。

ビタミンB1欠乏症の治療法

カニなどのチアミナーゼを含む食物を摂取した猫がビタミンB1欠乏症を起こした場合は、ビタミンB群を注射することで不足分を補います。また、普段食べているフードについても、ビタミンB1を豊富に含むものに変更するなど、食生活の改善が求められます。

加熱すればカニを与えても大丈夫?

チアミナーゼの特徴として、熱に弱いという点が挙げられます。そのため、生の部分が残らない程度に加熱をすれば、たとえ猫がカニを食べたとしても問題はありません。

カニにはチアミナーゼのほか、様々な栄養素が含まれています。しかし、カニに限った話ではありませんが、猫に人間の食べ物を与える必要はありません。なぜなら、普段食べているキャットフードに、猫が必要とする栄養素はすべて含まれているからです。

また、おやつとして、猫のカラダに害のない程度に人間の食べ物を与える飼い主もいます。おやつは、猫が一日に必要とする総カロリー数を、エサを含めて上まわらないならば与えても問題ありませんが、人間の食べ物をおやつとして与えることは基本的にはおすすめできません。それは、一度でも猫に人間の食べ物を与えてしまうと、それ以降猫は人間の食べ物に興味を示し、何でも食べたがるようになってしまうからです。飼い主の目を盗んで、カラダに害のある食べ物を食べてしまうことも考えられます。そういった事故を防ぐためにも、最初から猫に人間の食べ物の味を覚えさせないようにしましょう。

普段、人間が食べているものの中で、猫が食べると有害なものは意外とたくさんあります。ものによっては激しい中毒症状を起こし、命を落としてしまうことも。人間と猫では食べられるものが異なることを理解し、事故の防止に努めましょう。

そして、もし万が一、猫がカニなどの有害な食べ物を口にしてしまった時は、自分の判断で吐きださせたりはせず、すぐに動物病院に連れて行きましょう。診察の際は、食べた時間と量を獣医師に伝えると、その後の治療に役立ちます。

内容について報告する