犬のお葬式について。ペットを火葬する際はどうする?
出典 : fantom_rd / Shutterstock.com

犬のお葬式について。ペットを火葬する際はどうする?

犬を亡くした悲しみの中でも、すぐに考えなくてはいけないのがお葬式のこと。犬を火葬する方法と、業者の選び方などをご紹介します。

  • サムネイル: まやみ 美穂
  • 更新日:

犬が亡くなったときにすべきこと

遺体の安置
遺体は時間とともに死後硬直がすすみます。亡くなったら温かいうちに手足を自然な姿勢に折りたたみ、段ボールなどに入れてあげましょう。お花や、好きだったおやつ、おもちゃなどを供えても(ただし、燃えないものは火葬の前に取り除く必要があります)。火葬の前に遺体が傷むのをできるだけ防ぐために、頭やお腹の下に保冷剤を入れて、直射日光の当たらない涼しい場所で安置してください。

火葬の予約
お別れは悲しいですが、遺体はそのままにしておくと傷んでしまいます。きれいなうちに火葬してあげるためにも、犬が亡くなったらできるだけ早く火葬の手配をしましょう。火葬した後のお骨はペット霊園に納骨、庭に埋葬、骨壺に入れて部屋に置いておく手元供養などがありますが、どうするかは火葬の後でゆっくりと決めても大丈夫です。

そのほか、犬が亡くなったら30日以内に自治体に死亡届を提出する必要があります。また、ペット保険に加入していた方はその手続きなども忘れずに。

火葬サービスの紹介

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

cpreiser000/Shutterstock.com

犬を火葬するには、民間のペット火葬業者・葬儀社を利用する方法と、自治体の火葬サービスを利用する方法があります。火葬に立ち会って最後のお別れがしたいか、遺骨を引き取って手元に置きたいかなどを考えて、自分が希望するスタイルの火葬ができるところを選びましょう。いろいろな火葬のスタイルをご紹介します。

合同火葬
遺体を業者に引き渡し、他の犬と一緒に火葬してもらいます。お骨は共同墓地に埋葬されます。火葬後に希望してもお骨を返してもらうことができないので、その点を理解して利用しましょう。

個別一任葬
遺体を業者に引き渡して、愛犬だけで個別に火葬をしてもらいます。その後、骨壺に入ったお骨を受け取ることができます。この場合、お骨を拾って骨壺に入れることは含まれません。

個別立ち会い葬
人間のお葬式に近いイメージで火葬前に犬とお別れし、火葬後は家族がお骨を拾って骨壺に入れることができます。火葬の時間が決まっていたり、待ち時間ができたりすることを理解しておきましょう。

訪問火葬
火葬炉を搭載した車で自宅まで訪問してくれるサービスです。ただし、火葬が終わるまでの時間(犬のサイズにもよりますが、1時間程度)、駐車しておける場所がないとご近所トラブルなどのおそれも。また、大型犬は対応できないこともあるので、確認が必要です。

費用は?
一般的には合同葬よりも個別葬、一任葬よりも立ち会い葬の方が費用は高めになりますが、火葬プランは業者によって内容がさまざま。自治体の火葬サービスも合同葬のところもあれば、個別葬のところもありいろいろです。費用も数千円~10万円程度まで幅広いので、自分なりに予算の上限を決めておきましょう。
悲しくて立ち会うのがつらいという方もいますし、高価なプランの方が犬によいというわけではありません。どんなスタイルでも、心をこめてお別れができればそれが一番ではないでしょうか。

業者選びの注意点

とても残念なことですが、犬を火葬して合同供養をすると偽って、不法に投棄するような悪徳業者がいるのも事実。信頼できる火葬業者を選ぶためにも、下記のようなポイントをチェックしましょう。

・費用が明確に表示されているか
・質問に丁寧に答えてくれるか
・火葬や納骨の場所ははっきりしているか
・評判はどうか
・会社の所在地や連絡先が明記されているか

業者を選ぶのに迷ったら、犬を見送ったことのある知人や、かかりつけの獣医さんに聞いてみる方法もあります。大切な犬の火葬ですから、安心してお願いできる業者を選べるといいですね。
また、自治体で行っているペット火葬は、実施の有無や火葬スタイル、依頼の仕方もさまざま。自治体によってはペットの火葬サービスを行っておらず、有料で引き取って廃棄物として処理するところもあるので、注意してください。

内容について報告する