一体なぜ? 猫が毛布をチュパチュパ吸う意味と対策について

猫を飼っている人なら、猫が毛布を吸っているところを、一度は見たことがあるかもしれません。この行動にはどんな意味があるのでしょうか。また、猫が毛布を吸う時は、どのように対処すればよいのでしょうか。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:ますだ動物クリニック 増田国充院長

どうして猫は毛布を吸うの?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Andreas Krumwiede/Shutterstock.com

猫が毛布をチュパチュパと吸う…。これは、仔猫の時期に満たされなかった愛情を取り戻すための行動であると考えられています。親猫の温かいカラダに寄り添っていたり、母乳を飲んでいたりする時は、仔猫にとって最高に幸せな瞬間です。しかし、親猫から充分な愛情を注いでもらえなかった、もしくは幼い頃に親猫と離れてしまった猫などは、親猫からの愛情や、幸せな瞬間を充分に経験できないまま成長していくことになります。その結果、カラダは大きく成長しても、仔猫のように甘えて毛布を吸うという行動に出てしまうのです。

ウールサッキング

猫などがカラダの栄養にはならないものを口にしてしまう異常行動のことを「異食症(いしょくしょう)」、あるいは「異嗜(いし)」と呼びます。猫に関する異食症の実験を行ったところ、羊毛を口にする割合が圧倒的に多かったといわれています。このことから、猫が毛布などを吸うことをウールサッキング(Wool Sucking)と呼ぶようになりました。

ちなみに、猫が吸う対象にするのは毛布だけとは限りません。人間の腕や耳たぶ、頭髪の場合もあれば、ほかの猫の体毛、自分の肉球を吸う猫もいるようです。

どうして毛布なの?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Tony Campbell/Shutterstock.com

猫が毛布、より正確にいうと、その原料である羊毛にこだわる理由とは何なのでしょうか。これは、羊毛に含まれる「ラノリン」と呼ばれる成分が湿気を帯びた時、母猫を思い出させるようなニオイを発するからといわれていますが、確かなことはわかっていません。

もしかすると、毛並みの肌触りがよく、暖かくてやわらかい毛布自体が、母猫の感触や体温に似ていることが関係しているのかもしれません。

また、ウールサッキングとは別に、毛布を前足で揉む行動をすることがあります。これも、はっきりとした原因はわかっていませんが、毛布を親猫に見立てて、母乳が出るのを促している行動であるという説があります。

やめさせる必要はあるの?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Ronnachai Palas/Shutterstock.com

毛布を吸っている時の猫は、とてもリラックスしている状態です。そのため、この行動は猫が甘えたい時や、眠たい時によくみられます。ウールサッキングは、猫の成長と共に減っていくことが多いといわれていますが、中には何歳になっても、毛布を吸い続ける猫もいるようです。

毛布をチュパチュパ吸っている猫の姿はとても可愛らしいものですが、一方で、猫が毛布の繊維などを飲み込んで腸閉塞を起こしたり、毛布についている菌により体調を崩したりしてしまうこともあります。病気や事故を防ぐためにも、猫が毛布を吸っている時は注意して観察するようにしましょう。

また、猫のウールサッキングをやめさせたい場合には、いくつかの方法があります。

対象物を取り除く

異食の対象となる毛布などを、飼育環境から一掃してしまうという方法があります。こうすることで、猫にとって吸えるものがなくなるので、異食症も治まります。

ウール製品を与える

猫の異食症の対象がウール製品だけである場合、腸閉塞を起こす可能性は低いといわれています。逆の発想で、やめさせるのではなく、思う存分に吸うことができるように、比較的安全なウール製のものを与えるという方法があります。ただし、この場合、誤飲事故が起きないように注意することが必要です。

ストレスの軽減

猫に何らかのストレスがあり、それが原因となって異食症を起こすケースもあります。その場合は、猫のストレスを解消することが一番の治療方法です。飼い主としても、愛猫としっかりコミュニケーションをとって、不安や愛情不足を感じさせないように心がけましょう。

猫が毛布を吸っている光景は、猫好きにはたまらないものかもしれません。ただ、誤飲のリスクがあることを頭において、猫から目を離さないようにしてください。

内容について報告する