犬や猫の殺処分。どのように行われているか知っていますか?
出典 : fuyuna/Shutterstock.com

犬や猫の殺処分。どのように行われているか知っていますか?

今日も飼い主に捨てられ、行き場を失った多くの犬や猫が保健所に送られています。犬や猫の飼い主であっても、彼らにどのような運命が待っているのか、よく知らないという人も多いのではないでしょうか。ペットを愛する者として、殺処分の現実をきちんと知っておきましょう。

  • サムネイル: 富士男
  • 更新日:

犬や猫の殺処分の現状

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Robert Hoetink/Shutterstock.com

人間の身勝手な事情で捨てられた犬や猫たちは保健所に送られ、所定の期限内に新しい飼い主が見つからなかった場合には殺処分されてしまいます。昭和の時代は、保健所に持ち込まれたペットたちのなんと95~98%が殺処分を受けていました。平成に入った頃から「殺処分をやめよう」という動物愛護運動が活発化し、殺処分を待つ犬や猫たちの新しい飼い主を探すボランティア活動が開始されます。

その甲斐あって、現在のところペットの殺処分率は改善されつつあります。しかし、それでもまだ保護された数のうち5~6割近い犬や猫たちが殺処分を受けており、その実数は5万6,000頭にも及びます(2016年度)。このように、犬や猫の殺処分をめぐる状況は、各地の自治体や動物愛護団体が目標とする「殺処分0」にはほど遠いのが実情です。

殺処分されるのはどんな場合?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 PongMoji/Shutterstock.com

2013年9月に改正された動物愛護法では、ペットの飼い主の責務として、終生飼養(飼育している動物が、その寿命を迎えるまで適切に飼育すること)の努力義務が明記されました。しかし、現在においても、人間の勝手な都合で捨てられるペットが後を絶ちません。一部の心ない飼い主たちは、「思ったより世話に手間がかかる」「成長して大きくなりすぎた」といった理由から、ペットを野外に捨てたり、保健所に持ち込んだりします。恐ろしいことに、こういった人たちの中には、邪魔になったペットを自分で殺してしまうと犯罪になるため、「保健所に代わりに殺処分してもらう」という残酷な考えを持っている人も少なくないそうです。

犬や猫の殺処分はどのように行われるか

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Sue McDonald/Shutterstock.com

保健所では数日間の預かり期間を設けており、期間中に新しい飼い主が見つかった場合は殺処分を免れることができます。しかし、すべての犬・猫に新しい飼い主が見つかるわけではなく、大半は悲惨な最期を迎えることになるのです。

多くの保健所で行われている「殺処分」とは、CO2(二酸化炭素)での窒息死です。この方法は安楽死とは言いがたい残酷なもので、殺処分を受ける犬・猫たちは複数頭が一度に狭い部屋に閉じ込められ、窒息の苦しみと恐怖感を味わうことになります。飼い主のもとで幸福に一生を終えることができたはずの健康でかわいいペットたちが、悲惨な方法でその生涯を終えているのです。

殺処分は、ペットを飼うことと切っても切り離せない負の側面です。殺処分数を減らすためには、まず無計画にペットを増やさないこと。かわいいからといって命ある生き物を衝動買いしないこと。ペットを家に迎え入れた際には避妊手術や去勢手術を行って、飼いきれない数のペットを生み出さないことも、愛犬家・愛猫家の重要な義務であることを肝に銘じておきましょう。

内容について報告する