犬のがん 考えられる原因や症状、治療法と予防法

犬の高齢化に伴い、発症数が増えている「がん」。いたずらに怖がらず、早期発見と治療に役立つ基本的な知識を身につけましょう。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:ますだ動物クリニック 増田国充院長

がんが生じる原因

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Alex Mladek/Shutterstock.com

がんとは、悪性の腫瘍のこと。良性腫瘍とは異なり、他の組織への転移、除去後の再発が特徴です。腫瘍ができる原因は、免疫の低下。腫瘍はある細胞が何らかの刺激を受け、過剰に増殖したもので、本来であれば免疫の機能によりこうした現象は未然に防がれます。しかし、老化などで免疫の働きが弱まると、異常な細胞の増殖を防げなくなり、腫瘍が形成されてしまうのです。

できもの、血便、震え…多岐にわたる症状

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Daxiao Productions/Shutterstock.com

がんの進行をくい止めるためには、早期発見が大切です。症状によっては、飼い主が早い段階で気づいてあげられることも。体や体調にいつもと違う点はないか、日常的によく観察してください。がんの特徴的な体の異変は、できものやしこり、腫れ。犬をなでたときに腫瘍に気づくケースがよくあります。体重の減少、鼻血や血便、体の震えが続くときも注意を。また、足を引きずるなど、歩行時に異常が現れることもあります。

なお、がんが発生した部位や進行の度合によっては、目立った症状が現れない場合もあります。とくに内臓に患ったがんは、検査を受けない限り、早期の発見は難しいでしょう。年に一度は動物病院で健康診断を受けましょう。

薬物・サプリメント療法から末期の緩和治療まで

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Pressmaster/Shutterstock.com

がん治療は、癌の種類や進行状況などによって異なります。麻酔を用いた腫瘍摘出手術や放射線治療、点滴や飲み薬などの投与による抗がん剤療法、血液中の免疫細胞を活用した免疫療法などがあり、複数の治療法を組み合わせることもあります。また、動物病院によっては、免疫の働きを上げるとされる成分を含むサプリメントを、補助的な療法として取り入れているところもあります。検査結果をもとに、獣医師とよく話し合いながら、愛犬にとってどの治療が最適なのか、冷静に判断したいものです。

なお、さまざまな健康効果をうたったサプリメントが市販されていますが、使用する場合は必ず獣医師に相談しましょう。成分によっては治療の効果を妨げたり、病状が悪化する恐れがあります。

がんによっては、痛みをともなう場合もあります。長期間にわたり苦しむ愛犬を見て、ふと安楽死という言葉が頭をよぎった飼い主がいらっしゃるかもしれません。つらい状況ではありますが、苦痛の軽減を第一の目的とする緩和治療を選択する道もあります。末期の段階であればなおさら、残された大切な時間を愛犬が少しでも穏やかに過ごせるよう、飼い主の愛情を注いであげてください。

適切な食事、去勢・避妊手術で癌予防

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Javier Brosch/Shutterstock.com

免疫の正常な働きは、がんをはじめとする病を愛犬から遠ざけます。栄養不足または過多、運動不足、ストレスは、免疫低下につながります。とくに毎日の食事では、適切な量と栄養バランスに留意してください。おやつの与え過ぎには注意しましょう。

犬が若いうちに去勢・避妊手術を受けさせることで予防できるがんもあります。雄は精巣、雌は子宮と卵巣の腫瘍の発生を防ぐことができます。さらに雌は発情出血前、あるいは2回目の発情前までに避妊手術を行うことで乳腺腫瘍の発生率も下がると言われています。

癌になりやすい犬種は?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Cindy Hughes/Shutterstock.com

人気の高い大型犬ゴールデンレトリバーは比較的、がんができやすい傾向が。また、高齢になると、犬種に関わらず、がんの発症率が上がります。日頃のケアやスキンシップを通して、犬の体や様子に異変がないかチェックし、気になることがあったら獣医師に相談しましょう。

内容について報告する