犬の急性膵炎 考えられる原因や症状、治療法と予防法
出典 : Jaromir Chalabala/Shutterstock.com

犬の急性膵炎 考えられる原因や症状、治療法と予防法

犬の膵炎のほとんどが原因不明ですが、脂肪のとりすぎが疾患の発生率を上げる可能性があるといわれています。今回は、犬の膵炎について解説していきます。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:電話どうぶつ病院Anicli(アニクリ)24 三宅亜希院長

犬が急性膵炎になる原因

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Soloviova Liudmyla/Shutterstock.com

犬の急性膵炎とは、膵臓の消化酵素が何らかの原因で活性化されることで、膵臓自体を溶かしてしまう病気です。

犬が急性膵炎になる原因は特定できないことが多く、ほとんどが突発性(原因不明)です。しかし、危険因子として知られているものもあり、その中には、高脂肪食、内分泌疾患、肥満などがあります。また、ミニチュア・シュナウザー、ヨークシャー・テリアなどの犬種で起こりやすいともいわれています。

犬が急性膵炎になった時の症状

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Sundays Photography/Shutterstock.com

突然の食欲不振、嘔吐、下痢などの消化器症状に加え、腹部に激しい痛みがあるため、お腹を床につけないようにお尻を持ち上げるポーズをとることもあります。また、炎症が膵臓にとどまらず広範囲に広がると、多臓器不全やショックを起こし、致死率が非常に高くなります。

一方、犬ではあまりみられませんが、徐々に膵臓の軽度炎症と繊維化が起こる、慢性膵炎もあります。こちらはほかの消化器症状と区別がつかないことが多いです。ただし、慢性膵炎の場合も、急性期(病気になり始めの、症状が急激に現れる時期)には急性膵炎と似た症状を呈します。
また、慢性膵炎により膵臓が正常に機能しなくなることで、消化酵素が分泌されず消化不良を起こしたり、インスリンが分泌されず糖尿病を起こしたりすることがあります。

犬の急性膵炎の治療方法

犬が急性膵炎になった時は、一般的に輸液療法と投薬療法を並行して行います。投薬は、痛みを和らげるための鎮痛剤や、吐き気を抑えるための制吐剤などが使用されます。また、口から食事をとれない場合は、経腸栄養なども行います。経過が良い場合は、1週間ほどで1日に必要な量の低脂肪食を食べられるようになります。

急性膵炎の予防方法

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Ammit Jack/Shutterstock.com

犬の急性膵炎は原因がわからないことが多いため、予防は困難ですが、危険因子といわれている肥満、高脂肪食は避けるように心がけましょう。また、急性膵炎を起こしやすい犬種を飼育している場合は、犬の消化器症状に気を配ってあげましょう。

犬が急性膵炎で苦しむリスクを少しでも減らせるように、食事にも気をつけ、異変を感じたらすぐに受診してください。

内容について報告する