【犬】突然死の危険性もある!?恐ろしい犬の心筋症

【犬】突然死の危険性もある!?恐ろしい犬の心筋症

心筋症とは心筋という心臓を構成している筋肉に異常が出て、通常通りに動かなくなっていく事で、血液の循環が悪なってしまう病気です。今回は心筋症について詳しく紹介していきます。

  • サムネイル: ayumi
  • 更新日:

もくじ

1.犬の心筋症とは

2.犬の心筋症の治療

犬の心筋症とは

心筋症は心臓の病気で、心筋という心臓を構成している筋肉に異常が出て、通常通りに動かなくなっていく事で、血液の循環が悪くなってしまうというものです。

特発性心筋症

原因不明
更に、「拡張型」「肥大型」「拘束型」に分類されます。
続発性心筋症よりも多いと言われています。

続発性心筋症

基礎疾患、遺伝など、二次的に生じることが多いそうです。
両親の病歴の中に何らかしらの特発性心筋症があれば子供も、発症する確率が上がるともいわれます。

症状

・元気がない
・虚脱状態が見られる
・運動する余力がない(散歩などを嫌う)
・血の混じった咳
・食欲がなく体重の著しい減少が見られる
・腹水による腹部の張り
・運動や一定以上のストレスがかかると意識を失う
・咳
・呼吸困難
・不整脈
・失神

この病気の怖いところは、初期段階では症状に気づきにくい点です。
よって、症状に気づかず、突然死となるケースが多いようです。

呼吸困難、湿疹など、何か異変を感じたらすぐにかかりつけの病院で診察を受けましょう。
早めの治療でリスクを減らすこともできます。

なりやすい犬種

・アメリカン・コッカー・スパニエル
・ダルメシアン
・グレート・デーン
・ドーベルマン
・ボクサー
大型犬の犬種に良く見られます。

犬の心筋症の治療

投薬される事が多い薬として以下の様なものがあります。

・利尿剤…肺水腫などの症状がある場合、余分な水分を体外に排出するために使います。
・強心剤…心臓の機能を回復
・血管拡張剤…心臓の機能を回復
・抗不静脈剤…不整脈の改善
・L-カルニチン…不整脈の改善
・タウリン…極端なタンパク質不足の犬
・アスピリン…血栓予防のため

症状に合わせて投与します。
心機能の改善を目指すとともに、塩分を制限した食事を与えて心臓の負担を和らげます。
肥満の場合は、減塩に加え減量することもあります。

拡張型心筋症は特に、徐々に悪化するため、予後の定期検診がとても重要になります。
治療をすることで負担を軽減することもできます。

飼い主にできること

定期検診をすることと、日々愛犬にたくさん触れておくことです。
普段から愛犬と接することで、変化や異常に気づきやすくなります。

医師の指示に従い定期的に受診しましょう。

内容について報告する