賢くてやさしいドーベルマンの里親になる方法
出典 : InBetweentheBlinks/Shutterstock.com

賢くてやさしいドーベルマンの里親になる方法

ドーベルマンを家族に迎えたいと考えている方のために、里親制度を利用する方法を紹介します。里親制度は、ペットショップやブリーダー以外から犬を迎える仕組みとしてよく知られていますが、利用する際にはしっかりとその利用方法を知っておくことが大切です。

  • サムネイル: 富士男
  • 更新日:

ドーベルマンの特徴

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Nikolai Tsvetkov /Shutterstock.com

ドーベルマンは好奇心旺盛でとても賢く、警察犬としての活躍も有名です。初対面の人に対しては警戒心を抱く傾向があるため、犬の飼育に慣れた人向けの犬種ともいわれています。とてもやんちゃな性格で、カラダを動かす運動や遊びが大好き。大型犬の中でもとくに運動量が豊富な犬種なので、マンションよりも一軒家で飼われることが多いようです。

その豊富な運動量を満たすために、1日2回の散歩は必須です。朝・晩など決まった時間帯に、一緒に運動する時間をとれると安心です。また、ドッグランなど自由に走り回れる場所に連れて行ってあげるのもよいでしょう。引き締まったカラダをフルに使って走り回るドーベルマンの姿は、愛犬家の心を魅了してやみません。

ドーベルマンは短毛のスムースタイプなので抜け毛が少ないように思われがちですが、じつはとても抜け毛が多い犬種です。また毛が短いために、抜け毛が布製の家具や衣服の繊維に刺さり、掃除や洗濯が大変になってしまいます。この抜け毛や皮膚トラブル対策として、毎日のブラッシングと定期的なシャンプーを習慣にしましょう。

里親とは?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Canna Obscura/Shutterstock.com

里親とは、やむを得ない事情で犬を飼い続けられなくなった飼い主や捨て犬を保護した人などが、新しい飼い主を探すための仕組みです。行き場のない犬を、家族の一員として迎えてくれる飼い主を探すことで、一つでも多くの命を救おうという仕組みです。インターネットや張り紙などを利用した個人間での譲渡のほか、公共団体や民間のボランティア団体などが橋渡し役となる場合もあります。

公共機関の里親募集

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 pavlinas/Shutterstock.com

地域によって異なりますが、通常は地域管轄の保健所や動物愛護センター、動物保護センターなどがペットの里親募集を行っています。里親希望者が比較的集まりやすい仔犬の場合は、定期的に開催される「譲渡会」などで新たな飼い主とのマッチングを行っていくケースもあります。

地域のNPOやNGOと連携して募集を行う取り組みもあるため、公共機関の窓口になっている組織を見つけて、問い合わせするのも一案です。公共機関に集まった犬たちは、一定期間で飼い主が見つからないと殺処分されてしまいます。そうした犬の里親になることで尊い一つの命を救うことができるので、これからドーベルマンを家族に迎えようと考えている人は、まずお住いの自治体に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

民間団体の里親募集

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Susan Schmitz /Shutterstock.com

民間団体の取り組み例として、インターネット上の掲示板を通じてマッチングを行う仕組みがあります。何らかの事情でペットを手放さなくてはいけない状況になった時に、里親を募集する犬の情報や里親になるための条件などを登録し、犬種や年齢などから検索してきた希望者が里親に立候補する流れです。

なお、里親募集中の犬を迎え入れるにあたっては、犬を届ける際の交通費やワクチン接種・健康診断・不妊手術の費用など、一定の金額を「譲渡費用」として請求されるケースがあります。トラブルを避けるためにも、里親になるための要件をよく確かめた上で応募しましょう。里親希望者・依頼主と双方に対する条件を明確化、一定のルールのもとで運営されている掲示板を活用することにより、心ない詐欺行為や認識違いによるトラブル発生のリスクを軽減することができます。

非常に賢く、飼い主への忠誠心も強いドーベルマン。とても愛情深い犬種なので、前の飼い主との別れが大きな心の傷になってしまうケースもあるでしょう。ドーベルマンの里親になる場合は、過去に悲しい別れを経験してきたこと、その心の傷を癒し、家族として認めてもらうためには相当な努力が必要になる可能性があることを充分に理解した上で、何としても幸せな第二の人生を歩ませてあげる覚悟を持ちましょう。

また、成犬のドーベルマンを引き取る場合、それまで飼育されていた環境やしつけによっては、仔犬をしつけるよりも多くの困難が発生する場合もあります。充分なしつけができるか、適切な飼育環境を整えることができるかについてもしっかり検討した上で、里親になることを決めてください。

内容について報告する