犬のてんかんはどんな症状が出るの?発作が起きても落ち着いて対処を!

犬のてんかんはどんな症状が出るの?発作が起きても落ち着いて対処を!

人間でもかかる可能性があるてんかんですが、ワンちゃんもかかる可能性があるのです。もしワンちゃんがてんかん発作を起こしても慌てないようにするにはどうすればよいのでしょう。

  • サムネイル: 笹山 ゆきこ
  • 更新日:

目次

1.犬のてんかんってどんな病気?どんな症状があるの?
2.犬のてんかんの原因は何?
3.犬のてんかんの治療はどんな方法があるの?

猫のてんかんに比べて、犬のてんかんは発症率が高いと言われています。どんなワンちゃんもかかる可能性がある病気ですが、その症状ゆえにパニックを起こしてしまう飼い主さんも多いのです。冷静に対処するために、しっかり学びましょう。

1.犬のてんかんってどんな病気?どんな症状が出るの?

てんかんとは、脳神経の異常により突然発作が起きる症状のことを指します。

主にどんな症状があるの?

てんかんは二種類の発作に分けられます。脳の一部分だけが興奮して、意識はあり体の一部のみがけいれんする部分発作と、全身がけいれんし意識がなくなる全般発作です。

【部分発作】
■意識が残っていて体が動かない
■体の部分的な痙攣だけが起きている
など

【全般発作】
■全身がけいれんする ※体の震えとは異なります。
■意識がない

2.犬のてんかんの原因は何?

突発性てんかん(原因不明)・二次性てんかん(何らかの障害によって引き起こされる)の二種類があり、

■突発性てんかん
原因不明・遺伝的要素

■二次性てんかん
・低酸素症
・外傷による後遺症
・脳腫瘍や脳炎
・水頭症

があります。

ワンちゃんはほとんどが原因が分からない特発性てんかんです。

てんかんは遺伝的な要因も指摘されており、レトリーバーなどの特定の犬種はてんかんにかかりやすいといわれています。

3.犬のてんかんの治療はどんな方法があるの?

■病院の治療
・投薬治療

■自宅でできる予防
・ストレスの少ない生活
・食事に気を付ける

投薬治療は長い期間での治療が必要で、発作が治まっても日常的に投薬の必要があります。

てんかんは治ったと思っても再び発作が起きることがしばしばあるので、勝手な判断は禁物です。普段から犬にかかるストレスを可能な限り軽減し、快適な環境を作ってあげてください。

発作が起きたらどうすればいい?

まずは落ち着いて見守ります。

てんかん発作それ自体で死に至ることはほとんどありませんので、発作が起きても慌てずに対処することが重要です。

そして

■てんかんの時の状況をメモ
■20~30分発作が続くなら病院へ直行
■ぶつかってケガをしないように物をどかす

てんかんが起きた時の状況を詳しくメモしておくことで、獣医さんに診せた際の助けになります。

通常は2~3分で治まりますが、長く続くようなら病院に直行しましょう!

最後に

犬のてんかんについて解説しました。もしワンちゃんがてんかんを起こしても落ち着いて対処しましょう!

内容について報告する