フレンチ・ブルドッグに服を着せるメリットと服選びのポイント
出典 : Oleksii Shalamov/Shutterstock.com

フレンチ・ブルドッグに服を着せるメリットと服選びのポイント

コケティッシュな表情で幅広い人々に愛されるフレンチ・ブルドッグですが、服を着ている姿を見かける機会も多々あります。じつはこの服には、おしゃれ以外にも重要な意味合いがあることを知っていましたか? フレンチ・ブルドッグに服を着せるメリットや、服選びのポイントをについて紹介します。

  • サムネイル: 富士男
  • 更新日:

フレンチ・ブルドッグに服を着せるメリット

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 ArtdayAnna/Shutterstock.com

フレンチ・ブルドッグは寒さに弱い犬種なので、寒い季節には防寒対策が必須です。フレンチ・ブルドッグに限らず、室内飼いしている犬は寒さに対する耐性が低くなり、風邪を引いてしまうことも少なくありません。とくに暑い地域が原産の犬や、体温調節機能が弱い仔犬・高齢犬などは、服を着せることで気候の変化による影響を軽減し、お散歩やお出かけの負担を減らしてあげましょう。

また、フレンチ・ブルドッグは抜け毛が多く、皮膚が弱いという特徴があります。ドッグカフェや病院など、公共の場に出かける際は、服を着せることで抜け毛が落ちる量を軽減することができるでしょう。また、散歩の際には、皮膚トラブルの原因となるノミやダニの被害を防ぐ必要があります。愛犬につらい思いをさせないためにも、草むらや土の上など自然の中を歩かせる時には衣服着用をおすすめします。

フレンチ・ブルドッグの服の選び方

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 hedgehog94/Shutterstock.com

防寒やダニ・ノミ予防としてフレンチ・ブルドッグに服を着せる場合、カラダにぴったり合ったサイズを選ぶことで対策効果が高まります。首回りと胴回り、着丈と前着丈の寸法を確かめて、しっくりくるサイズを選びましょう。同じフレンチ・ブルドッグでもカラダの大きさには個体差があるので、犬種だけを判断材料に購入すると、サイズが合わないこともあります。実際に販売店に行く前に、各部位のサイズを把握しておくとスムーズです。

肌が弱いフレンチ・ブルドッグの場合は、服の素材にも注目しましょう。オーガニックコットンなどの天然素材で作られた肌にやさしいアイテムなら、敏感肌でもアレルギーを起こしにくく、皮膚トラブル対策に役立ちます。

当然のことですが、野生下の犬は服を着る習慣を持たないため、無理やり服を着せてしまうと、犬にストレスを与えてしまうことになります。仔犬のうちから慣れさせておけば、成犬になっても抵抗なく着てくれる場合が多いようですが、成犬になってから服に慣れさせるのは大変です。

まずはフードがないもの、足回りを締め付けないポンチョタイプのものなど、抵抗を感じにくいものから徐々にスタートし、洋服を着ることを習慣化していきましょう。嫌がる犬に服を無理矢理着せると、余計に服を嫌がるようになってしまうため、その犬に合った着やすい服を用意し、少しでも快適に過ごせるように工夫しましょう。

また、日常的に着用する服のほかに、レインコートやマナーベルトを用意しておくと役立ちます。

中には「犬に服を着せるのはかわいそう」と抵抗を感じる飼い主もいるかもしれませんが、上述の通り、犬に服を着せる理由はおしゃれだけではありません。大切な家族の一員として、フレンチ・ブルドッグに快適な生活を送ってもらうためにも、体格や用途にぴったり合った洋服を選んであげましょう。

内容について報告する