スコティッシュフォールドと長く暮らすために気をつけたい病気やご飯選び
出典 : Dizfoto/Shutterstock.com

スコティッシュフォールドと長く暮らすために気をつけたい病気やご飯選び

スコティッシュフォールドと長く暮らすためには、どんな病気に気をつければよいのでしょうか。お手入れや病気のこと、ご飯選びについて紹介します。

  • サムネイル: 石山 マキ
  • 更新日:

監修:ますだ動物クリニック 増田国充院長

スコティッシュフォールドのかかりやすい病気

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 zossia /Shutterstock.com

スコティッシュフォールドは、近親交配が多くなされた歴史を持つことから、遺伝性疾患が発生しやすいといわれています。

とくに多いとされているのは、遺伝性骨軟骨異形成症という軟骨の病気です。この病気は、手足やしっぽの関節部の軟骨が瘤状に大きくなり、痛みと歩行困難を伴います。立ち耳タイプと比較して折れ耳タイプの発症率が高く、とくに折れ耳タイプ同士の交配により生まれた仔猫は、この病気を発症するリスクが非常に高いため、折れ耳タイプ同士の交配はタブーとされています。

また、猫全般に多い病気の一つとして、膀胱や尿道に石ができる尿石症があります。ドライフードを好み、水をあまり飲まない猫や、室内飼いで運動不足の猫、歳を取ってくると発生しやすくなる病気で、オス猫の場合は尿道が狭いため症状が重くなることがあります。

病気以外でも、室内が高温になり熱中症になる、輪ゴムなどを誤飲する、電源コードなどを噛んで感電する、お風呂に落ちておぼれるなどの事故も発生することがあります。猫が安全に暮らせるよう、身の回りに気を配りましょう。

近年、猫も室内飼いが中心ですが、それでも様々な病気・ケガにかかるリスクはあります。とくにノミ・ダニの寄生は下痢や貧血、皮膚病につながることがあるので、室内を清潔に保ちましょう。

スコティッシュフォールドのご飯の選び方

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 zossia /Shutterstock.com

猫の食事には栄養バランスにすぐれたキャットフードが基本です。ドライやウエットなど様々な種類がありますが、「総合栄養食」と書かれたものを主食として選びましょう。

最近はおやつ用のフードも多数発売されていますが、与えすぎは肥満の原因となるので注意してください。また、病気治療の一環として療法食を使用する必要がある場合は、獣医師の指示に従いましょう。

また、近年は年齢に対応したフードや猫の品種に合わせたフード、肥満対策や長毛タイプ用のフードなど、様々なフードが販売されています。仔猫のうち(満1歳まで)は高カロリーのフードを、成長期を過ぎた後は低カロリーでバランスの取れたフード、7~8歳を過ぎたら脂肪分が少なく消化の良いシニア用のフードに切り替えてください。

離乳期の仔猫や歯が悪くなったシニア猫にドライフードを与える場合は、お湯でふやかすなどの工夫をしてあげましょう。

猫は犬と違い、昼夜を問わずに少量ずつ食べる習性があります。1日分を2~3回に分けて与えるか、フードをいつでも食べることができるように置いてあげましょう。

ただし、置いておく場合も常に清潔で新鮮な状態にし、衛生を保つことが重要です。とくに水分の多いウエットフードは、そのまま放置しておくと傷んでしまい下痢などの原因になるので、食べ残しはそのままにせず、すぐに片づけてお皿を清潔に保ちましょう。

スコティッシュフォールドと長く一緒に暮らすために

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 zossia /Shutterstock.com

スコティッシュフォールドは、7~8歳を越えた頃になると高齢期に入ります。目や耳、歯、筋肉などが弱くなり、寝る時間が長くなっていきます。身づくろいも苦手になってくるので、ブラッシングや目やにを取ってあげるなどのケアをこまめにしてあげてください。

シニアの猫では腎臓系、歯周病、心臓系など、様々な病気にかかりやすくなるといわれています。腎臓系の病気は水分を多くとることが予防につながるので、新鮮な水をたっぷり用意すること、またウエットフードやペーストタイプ、ドライフードをふやかしたものをあげることもおすすめです。

大切なスコティッシュフォールドがずっと健康でいられるよう、かかりつけの動物病院を決めて定期検診を受けるようにし、気になることがあった場合はすぐに相談できる体制を整えましょう。

内容について報告する