犬のお留守番に暖房はつけていくべき? 冬の留守番について

犬のお留守番に暖房はつけていくべき? 冬の留守番について

冬の季節に愛犬をお留守番させるとき、皆さんはどうしていますか? 夏は冷房をつけていくけど、冬は暖房をつけていくべきなのでしょうか。気になる冬のお留守番について調べてみました。

  • サムネイル: 秋月 落葉
  • 更新日:

もくじ

1.犬に暖房は必要?
2.暖房をつけてお留守番させるべき?

冬の時期、お部屋が寒い中で愛犬をお留守番させるのは心配ですよね。暖房は愛犬のためにつけていくべきなのでしょうか?
暖房をつける際の注意や、冬のお留守番についてまとめてみました。

1.犬に暖房は必要?

犬種や部屋の気温によっては暖房は必要になってきます。

寒冷地に住んでいたハスキー犬や秋田犬などは寒さに強いですが、小型犬や短毛の犬種は寒さに弱いため暖房が必要です。
体が小さい分冷えるのが早く、犬は体温調節が苦手なので寒いところに長時間いると風邪をひいてしまいます。できるだけ暖房をつけてあげることが必要です。

2.暖房をつけてお留守番させるべき?

東京の昼間のお留守番であれば暖房なしでも大丈夫でしょう。心配であればケージやクレート全体を毛布で覆ってあげるとよいでしょう。
北陸など寒い地方に住んでいる人は暖房をつけてあげましょう。寒い中一人でお留守番するのは愛犬にとって、とても不安なことです。
25度ぐらいに室温が保たれるよう暖房を設定し、必要であればタイマーをかけてお留守番させましょう。

暖房をつけてお留守番させるときの注意点

・湿度を50~60%ぐらいに保つ
・犬の体に温風が直接当たらないようにする
・低温やけどをしないようにする
・ヒーターやストーブはつけっぱなしにしない

留守番の際にサークルやケージに入れている飼い主さんは、暖房の温風がケージに直接当たらないように位置を移動しましょう。
ヒーターやストーブは犬が倒す危険性があるので、短い時間でもつけっぱなしで出かけないようにします。
現在はペット用のヒーターなどが販売されていますが、できるだけ犬の手が届く範囲で電化製品を稼働させないほうが安全です。
また湿度が30%以下にならないように室内に水を置いたり、加湿器を使って湿度を保つようにしましょう。

3.犬の防寒グッズ

暖房をつけることも効果的ですが、乾燥や暖かすぎることが心配な飼い主さんは防寒グッズに頼ってみるのも方法の一つです。
暖房をつけるよりも経済的で、自然な暖かさを維持できるグッズが多くあります。

・防寒用の服
・湯たんぽ
・毛布
・ペットヒーター

ペットヒーターは犬自身の体温で温まるものもあるので、コードなどに噛みつく子にはそちらがオススメです。
湯たんぽは低温やけどの心配がなく、カイロを使うよりも経済的です。毛布などにくるめば長時間保温効果が続きます。

4.まとめ

寒い季節の暖房は小型犬など寒さに弱い犬種には必須となります。暖かい空気は上にたまりやすいので、必要に応じて小型のファンなどで部屋の空気を混ぜるようにすると部屋全体に暖かい空気がいきわたるようになります。
必要に応じて暖房をつけてあげて、愛犬が快適に飼い主さんを待てる環境を作ってあげてくださいね。

内容について報告する