屋外の犬小屋に暖房器具を入れたい! 便利なグッズと注意点

屋外の犬小屋に暖房器具を入れたい! 便利なグッズと注意点

屋外で犬を飼っている飼い主さんは、愛犬が冬の寒さに耐えられるのか心配ですよね。屋外でも使える暖房器具や小屋を暖かくする方法を紹介します。

  • サムネイル: 秋月 落葉
  • 更新日:

もくじ

1.屋外で暖房器具が必要な犬は?
2.屋外の犬小屋に使える暖房グッズと注意点

屋外で犬を飼っている飼い主さんは、冬の厳しい寒さを少しでもやわらげてあげたいですよね。
暖房が必要な犬について、犬小屋に使える暖房器具などについて紹介します。

1.屋外で暖房器具が必要な犬は?

・老犬や子犬
・寒冷地に住んでいる犬
・留守番の時間が長い犬

チワワやパグなどの小型犬は屋外飼育に向かないので、暖房が効いた室内で生活させてあげましょう。
老犬や子犬などは体温調節がうまくできないため、屋外飼育の場合は暖房器具などで暖かい生活環境を作ってあげる必要があります。また、寒さに強い犬種でも北海道などの寒冷地に住んでいる場合は暖房器具などを入れる必要があります。

2.屋外の犬小屋に使える暖房グッズと注意点

・パネルヒーターや床暖房パネル
・湯たんぽ
・発泡スチロールや段ボールなどの断熱材
・古着・タオル

日の当たる場所や、これらの道具を使い少しでも温かく過ごせる場所をつくってあげましょう。

暖房グッズを置いても犬が寒がるようであれば、一時的でもいいので玄関や室内に避難させて犬の体調に気を配るように心掛けましょう。

特に高齢の犬の場合は暖房グッズを置いても徐々に屋外飼育が難しくなってくることがあります。犬が高齢になってきたら、無理に屋外飼育をせずに室内飼いに切り替えることも飼い主さんは考えておくことが必要です。

注意点

・電気を使用する暖房グッズは目の届く範囲で使用する
・給餌量と水分量
・肥満

電気ヒーターなどの暖房グッズは優秀ですが電気コンセントを使用するため感電や低温やけどが心配です。必ず飼い主さんの目が届く範囲で使用し、留守中にはつけっぱなしで出かけないでください。
屋外飼育の場合は体は熱を保持するために多くのカロリーを消費します。しかし、高カロリーなものを与えることも大事ですが、動かなければ肥満になってしまいます。散歩にはしっかりと連れていきましょう。

3.まとめ

屋外飼育で冬を越すには暖房グッズをそろえることが大切です。寒がっていないようでも毛布など簡単な暖房グッズを入れてあげて、快適な生活環境を作れるように心掛けてあげましょう。
電気の暖房器具が使えなくても飼い主さんの工夫次第で、屋外飼育でも暖かい犬小屋を作ることができます。

内容について報告する