猫が寒い時にする行動とは? 猫の「寒い」のサインと防寒対策

童謡にも「猫はこたつで丸くなる」とあるように、猫は寒さに弱いイメージがあります。猫の種類や体調、年齢などによって寒さへの耐性は異なりますが、愛する猫にはなるべく快適に過ごしてほしいという飼い主の思いは同じです。ここでは、猫が寒がっている時の行動と対策についてみていきましょう。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:ますだ動物クリニック 増田国充院長

猫は寒さに弱い?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Kilito Chan/Shutterstock.com

個体差はありますが、猫は基本的に寒さに弱い動物です。室内で飼育していても、とくに温かい場所を好み、寒い日にはコタツや布団に潜り込んだりします。筋肉量が多い若猫の場合は、自分で発熱する機能が高いため比較的寒さに耐性を持ちますが、筋肉量が落ちたシニア期の猫は寒さに弱くなるといわれています。

猫にとって冬の室内の適温は、若い猫の場合は20℃、老猫の場合は23℃くらいといわれています。基本的にはこの温度をキープできれば問題ありませんが、それでも猫によっては寒がるそぶりをみせる場合があります。それでは、猫の「寒い! 」のサインについてみてみましょう。

猫が寒い時にする行動

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Wichatsurin/Shutterstock.com

丸くなって寝る

猫は寒さを感じるとカラダを丸めて寝ます。これはカラダの表面積を減らし、熱が逃げていくのを少しでも防ごうとする本能的な行動です。逆に、暖かいコタツの中などでは、お腹を出して寝る姿がよくみられます。もし猫が丸まって寝ていたら、毛布などを掛けて暖かくしてあげましょう。

人に寄り添ってくる

寒い季節になると、猫は人に寄り添うことで暖を取ろうとする場合があります。布団の中に入ってきたり、人の膝の上に陣取ったりする機会も増えるでしょう。

暖かい場所に移動する

人に寄り添うほかにも、猫は自分で暖かい場所を見つけるのがとても上手な動物です。気温の低下に伴って、陽の当たる場所、ホットカーペットの上、毛布やコタツの中などに猫が移動していたら、それだけ寒さを感じているということになります。

カラダを震わせる

カラダをブルブルと振るわせるのは、筋肉の収縮により熱を生み出すための行動で、猫に限らず多くの動物にみられる生理現象です。

ただし、猫が寒さをしのぐために、ずっと震え続けているというのは、よくみられる現象とはいえません。猫が長時間震え続けている場合、体調の悪化や病的な体温の低下、血糖値の低下などが原因となっている可能性があるので、すぐに動物病院へ連れていきましょう。

毛を逆立て、カラダを膨らませる

猫は寒さを感じると、自分の毛を逆立て、カラダを膨らませることで、被毛の隙間に空気の層(保温層)を作り出し、体温が逃げていくのを防ぎます。

猫の寒さ対策

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Elena Fedorowa/Shutterstock.com

このように、猫が寒がっている様子がみられた時には、どのような対策が効果的なのでしょうか。

ハウス(寝床)を窓から遠ざける

窓の近くは冷気が伝わりやすいので、猫のハウス(寝床)は窓から遠ざけてあげましょう。また、床や壁とハウス(寝床)の間に段ボールなどを挟むだけでも、冷気が伝わるのを防ぐことができます。

部屋の温度と湿度を調節する

先述の通り、冬の室内では猫にとっての適温をキープすることが基本になりますが、猫によって最適な温度は異なるので、飼っている猫に合わせて微調節をしてあげましょう。また、湿度の調節も重要です。

冬は空気の乾燥が激しいため、猫が呼吸器系の病気にかかったり、ウィルスに感染しやすくなったりします。猫にとって理想的な湿度は50%前後といわれているので、加湿器などを利用して調節してあげてください。

エサを増やす

人間も猫も、寒くなると体温を維持するためのエネルギー消費量が増加するため、より多くのエネルギーを欲するようになります。エネルギーは食事から補給するものなので、エサの量を少し増やしてあげることが寒さ対策につながります。エサの与えすぎによる肥満に注意しながら、愛猫に最適な量を見極めましょう。

床を温める

猫に限らず、動物のお腹はもっとも寒さに弱い部分です。寒さにより腸の機能が低下することで、食べ物を消化する力が弱まり、下痢を起こしてしまうことも…。そのため、猫のお腹やお腹が接する床を温めてあげることが、猫の寒さ対策として効果的です。猫用のホットカーペットや湯たんぽなどを使うと、暖が取りやすいでしょう。

ブラッシングをする

先述の通り、猫は自分の毛を逆立てて暖を取りますが、猫の被毛に毛玉ができていると空気の層ができにくくなり、保温効果が弱まってしまいます。日頃からブラッシングをすることで、毛玉の発生を抑えるとともに、皮膚の血行を促進しましょう。

猫の中でも、体温調節の機能が弱い仔猫や老猫は、寒さによる体調不良を起こしやすいので、飼い主が充分に気をつけてあげる必要があります。大切な愛猫が寒い冬を元気で乗り越えられるように、しっかりとした防寒対策をとっていきましょう。

内容について報告する