多頭飼いは至福の生活【カバヲ&へこべえ 多頭飼い日記 #4】

多頭飼いは至福の生活【カバヲ&へこべえ 多頭飼い日記 #4】

ペットを飼っている人なら一度は憧れる「多頭飼い」。しかし、多くの不安もあるため、足を踏み出せずにいるという飼い主さんも少なくないでしょう。そこで、多頭飼いを行う上での大変なことや苦労などを、実体験をもとに紹介したいと思います。実録「多頭飼い日記」第四回。

  • サムネイル: PECO編集部
  • 更新日:

フレンチブルドッグのカバヲ(10歳)と、ブリュッセルグリフォンのへこべえ(1歳)という2匹の犬を飼っている私が、多頭飼いのアレコレを綴ります。第四回は、多頭飼いの魅力を綴ります。

<以前の記事はこちらからどうぞ!>
多頭飼いは楽しい?大変?【カバヲ&へこべえ 多頭飼い日記 #1】
犬同士は仲良くなるの?ならないの?【カバヲ&へこべえ 多頭飼い日記 #2】
多頭飼いで大変なこと、困ること【カバヲ&へこべえ 多頭飼い日記 #3】

犬の魅力が浮き彫りになる

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


大変なことや困ることもたくさんありますが、やっぱり多頭飼いは楽しいです。なかでも意外な発見でうれしかったのが、先住犬であるカバヲのいいところが浮き彫りになったこと。

たとえばカバヲは、トイレを覚えるのが異様に早く、ほとんど失敗をしたことがありませんでした。私は犬を飼うのが初めてだったので、そのカバヲの様子を見ながら、「やっぱり犬って賢いんだな~」くらいに思っていたのです。

ところが、へこべえは違っていました。
何度教えても失敗ばかり。トイレをきちんと覚えるのに3か月ほどかかったのです。“比べる”という言葉は不適切かもしれませんが、へこべえが我が家にきてから、「あ、カバヲって賢い犬だったんだな」と感じることが本当に増えました。

失敗や後悔なく育てられる

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


また、へこべえに関しては、とてものびのび育てることができています。
カバヲを育てる際に、神経質になりすぎたり、過保護になりすぎたりして失敗だったなと感じたことを、へこべえを育てる際に活かすことができたからです。

おかげでへこべえは、犬にも人にも懐っこく、本当に気ままでノー天気な犬に育ちました。

とにかく幸せ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


ウチの犬は決して仲良しではありませんが、それでも寄り添って寝たり、2匹並んでエサを待ちわびていたりする姿を見ると、本当にかわいいです。私がソファに座っていると、必ず膝の取り合いをするし、寝るときは2匹がべったりくっついてきます。外から帰ってくると、2匹で顔をぺろぺろ舐めてくれます。

カバヲとへこべえが私に与えてくれる幸せや楽しさは、挙げたらきりがありません。犬好きにとって至福の生活。それが多頭飼いだと思います。

文・写真/イトウウミ

内容について報告する