犬は尻尾でしゃべる!ワンコの気持ちを尻尾で読み解く方法とは?

犬は尻尾でしゃべる!ワンコの気持ちを尻尾で読み解く方法とは?

犬は尻尾でしゃべります。尻尾の動きに注目してみると、犬の気持ちを推し量ることができます。「ワンコ気持ちを知りたい…!」そんな時は尻尾を観察すれば、スムーズに意思疎通を図ることができるかもしれません。犬の尻尾ロジック!

  • サムネイル: 勝田 琢磨
  • 更新日:

犬の尻尾

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


犬と初めて会ったとき、あなたは犬のどこを見ますか?

顔? 鼻? 眼?

私は尻尾です。もふもふだったり、ちょこんとしていたり、色々なかわいさがあります。

私が一番好きな犬の尻尾はピンシャーです。ちっちゃいくせに、凛と立っていて、なんだか愛おしくなります。

私たちは尻尾を見て、犬の気持ちを考えますよね。尻尾を振っていたら、喜んでいるなぁと推測します。でも、実は尻尾の振り方にも種類があります。尻尾を振っていても、ウェルカムという状態ではないのかもしれません。

そもそも尻尾ってどんな役割があるの?

犬の尻尾は、気持ちを表す部分だけではなく、走るときのバランサーとして使われます。

犬が元気に駆け回る姿を見ると、尻尾が大きく動いています。

同じ尻尾を持つチーターの場合、走りながら獲物を追って、鋭くカーブ。そのときに尻尾が振れて、転ばないようにバランスをとっています。

キツネなどは尻尾を体に巻き付けて寒い夜をしのぐこともあります。

事故により尻尾を失ってしまった犬が、バランスを取れずによたよた走ってしまうケースがありました。
運動面において、尻尾はとても重要なのです。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


犬の社会面においても、尻尾は重要性を発揮します。
犬同士のコミュニケーションをとるとき、ボディランゲージのひとつとして用います。
自分の気持ちを相手に伝え、相手の気持ちをうまく察する。私たち人間も、尻尾を正しく見ることで、犬の気持ちを理解できるはずです。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


尻尾の高さに注目

犬の尻尾で特に見るべきなのは、高さです。

犬の匂いはお尻の肛門腺からでています。尻尾が高いと、匂いをいっぱい振りまけます。低いと、匂いが広がりません。
自信家な犬は尻尾を凛と立て、自信のない犬は尻尾を低く。そうやって匂いをふりまいたり隠したりしているのです。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


高い=「なんだおまえ、ぼくは強いんだぞワン」
自分に自信を持ち、強さをアピールしている。

水平=「あれ、面白そうだワン」
興味があって、面白そうなものに近づきたい。

低い=「なんだか不安だワン、あんたにはかなわないワン」
気持ちが不安になっている、もしくは相手に恐れ入っている。

足の間に巻き込む=「めっちゃ怖いワンやばいワン」
不安をこえて怖がっている。

気の強さ、弱さ。そんな犬の性格も尻尾にでてくるのです。あなたの愛犬はどうですか?

揺れ幅も重要

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


揺れ幅は大きくなるほど友好的で、小さくなるほどネガティブになります。
大きく揺れるほど、自分を示したがっており、小さい場合は「そんなでもないワン」状態です。
振る激しさは興奮の大小を表しています。

高さ+揺れ幅=いぬのきもち

高さと揺れ幅。ふたつを組み合わせて考えると、犬の気持ちがくっきりと浮き出てきます。

大きく大きく尻尾を振っている場合は、どの高さでも相手が大好きで興奮している状態と言えます。
前足だけ低い姿勢で笑顔の場合は「遊ぶワン!」「仲良くしたいワン!」という気持ちです。

注意したいのは小さい揺れ幅のときです。
低い位置で揺れ幅が小さいと、「甘えたいワン!」「ありがとうだワン!」のような表現になります。ご飯の後にこの動きがあれば「ご飯ありがとうワン!」と言っていると思いましょう。

高い+小さい揺れ幅=警戒

しかし、高い位置だと意味が一変します。尻尾を上向きに立て、小さい揺れ幅で振っているときは、あなたをとても警戒しています。
振り方の激しさで警戒レベルが表現されるので、その場合は喜んでいないと捉えてあげたいですね。

犬はお世辞を駆使する

友好的な場合でも尻尾の揺れ幅が小さいと、お世辞で「とりあえずふっとくワン」の可能性があります。
犬は頭がよく、人間の笑顔を真似る表現力があります。会った犬の尻尾がそこまで高くないけど、尻尾の揺れ幅が小さいときは、愛想よくしてもらっているんだなぁ……と悟ってあげてくださいね。

尻尾ぐるぐる祭り

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


いぬ「尻尾! 尻尾! 楽しい! 楽しい!」

さらに犬独特のひとり遊び、尻尾追いかけぐるぐる祭りがあります。
これはただ楽しくてやっていることですが、裏を返せば退屈でつまらないという表現です。
犬を寂しくさせていませんか? おもちゃを用意してあげていますか?
心当たりがあれば、すぐに遊んであげましょう。一緒に尻尾ぐるぐる祭りをしてあげましょう。

尻尾で気持ちを知る

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


犬は尻尾でしゃべります。尻尾ぐるぐる祭りで「寂しいワン」と語り、尻尾を小さく振って「お世辞だから勘違いするなワン」と茶目っ気を発揮します。
しっかりと意思疎通することができれば、ドッグライフはもっと豊かになるはずです。今度犬と会ったら、尻尾に注目してみましょう。

内容について報告する

Facebookコメント

  • Daizen Tiger Ogata

    2016年09月10日 15:14

    Shareさせて頂きます

  • Mika Horie

    2016年09月10日 08:23

    我が家のポメラニアンは、尻尾が曲がっていていつも背中にぐるぐるってのっかってるから、わかりずらい💦

  • 糸川尚正

    2016年09月10日 02:41

    尻尾を振るのが、緊張で…が忘れられてますな。

  • 山本 ヒロ子

    2016年09月09日 22:50

    ワン🐶ワン🐶しっぽフリフリ❗縦フリフリ横フリフリがあるんですぅ😍横フリフリが喜び表現だよね😍