表情にあらわれる、猫のココロって?

表情にあらわれる、猫のココロって?

犬と比べて感情表現が淡泊な猫。しっかりと観察すれば、察してあげることができます。

  • サムネイル: 勝田 琢磨
  • 更新日:
動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


猫のココロ

先日野良猫と出会いました。近づいてみても逃げないので、人馴れしていると思って手をだしてみると、鋭い猫パンチ一閃、人差し指を負傷しました。

嫌な顔一つしていなかったのに、いきなりの猫パンチ連打にタジタジです…
もう少し感情を前に出してくれれば、猫パンチ連打を避けられたかもしれません。

犬猫の違い

犬は表情豊かで、猫は鉄仮面。そんなイメージがあるのは私だけでしょうか?

嬉しいことがあれば跳ねまわり、悲しいことがあれば伏せて鳴く。犬の喜怒哀楽は、まるで日本の四季のようにハッキリしていて、眺めているだけで癒されますよね。

でも猫は?
猫は喜ぶと跳ねまわりません。悲しいことがあっても、大きく表現することはありません。

犬と猫の表現力の違いは、その生い立ちに関係しています。犬は集団で狩りを行い生活をしていました。獲物を追い込むためにコミュニケーションは欠かせず、群れが円滑に機能するためにリーダーが必要でした。

そこで感情を伝える力が鍛えられました。相手と意思疎通するために、犬の表現力はこうも豊かになったのです。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


猫は犬とは違い、群れをつくりません。狩りをするときは基本的に一匹。子育てやパートナー探しをするとき以外、コミュニケーション能力は必要ありません。

犬のようにリーダーを置くこともないため「まいりましたワン・あんたにはかなわないワン」という意思を示す意味がありませんでした。

猫は "事なかれ主義"

猫社会の基本は顔を合わせないことです。
もちろん、なわばりを犯した敵には「フーッ」「シャーッ」と威嚇します。この威嚇も猫の言葉で「やめろ」「コラ!」のような意味合いがあります。

顔を合わせない? でも、近所の野良猫はお互い近い位置にいるけど。

それは、相手を敵対視していないゆえに、無視をしているのです。猫は友だち、顔見知り(友好的な)を見かけると、見てみぬふりをします。

つまり、近くにいるのに猫が無表情で無視している場合は、敵とは思われていないと考えていいと思います。

猫の表情

そんな猫でも恐怖に対する反応は素直です。
怖いな、と感じると逃げます。面倒だなと思えば、すぐに背中を向けて歩き出します。怖い・面倒は逃げる。猫はそういった感情表現がとてもスマートです。

どうしても逃げられないときは、頭を下げ耳を後ろに引き、尻尾を足の間にいれて「あんたとやりあう気はないニャ」と訴えます。ここは犬と似通っていますね。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


猫の怒りの形相は、一見するだけでわかります。「シャーッ」としながら、牙を見せつける。猫にそんな表情を向けられたら、少しひるんでしまいますよね。

逆に、満足しているとき、猫はどんな顔をするのでしょうか?

猫は耳、髭、目から心を読み取ることができます。髭は敏感な感覚器官で、猫の表情で重要な部分です。猫のココロを読みたいときは、髭に注目必須です。

表情に映るココロ

満足しているとき、猫は耳を前に向け、目を半分閉じます。いうなれば夢見心地状態です。髭が頬に張り付いていれば、猫は大いに満足中。

のどをゴロゴロ鳴らしていれば「よくやった下僕、余は満足ニャ」と言っているも同然です。

ただ、猫は気まぐれです。ブラッシング中に「満足の表情」をしていても、すぐ「シャーッ」とされるかもしれません。

「もうそれ以上やらんでいいニャ」というNGの声「うう~」「シャーッ」がでたら、すぐにやめておきましょう。そのまま続行すると肉球にしばかれます。

また髭が広がっているときは、周囲を警戒しています。鼻より前にでていたら、猫レーダー全開のサインです。何か不審なものを感じ取ったのでしょう。

また、うれしいときも髭がピーーーンと立っています。髭と一緒に尻尾が立っていたら、「下僕、かまえニャ」と言っています。存分に遊んであげましょう。
※やりすぎると殴られます。

髭はリラックス・退屈しているときに、ダランとします。あなたを見つめる猫の髭が力なく下がっていた場合、「暇だな下僕」と言っています。ただ、遊びたいかどうかは別です。気を付けないと殴られます。

猫も戸惑う

子猫に多くみられる表情として、耳をぴくぴくさせるものがあります。
これは戸惑いを示しています。

「甘えていいのかニャ?」
「警戒すべきなのかニャ」

というためらいですね。もしも子猫の耳がぴくぴくしていたら、迷っている証拠です。優しく接してあげたいですね。

猫は表情を操る

無表情な猫は、実は感情豊か。生い立ち的に、感情を表現する必要がなかったから淡泊なだけで、実はとってもナイーブです。
お家で猫を飼っている飼い主さんは、ぜひ猫の表情を観察してください。なにか、新しいものを発見できるかもしれません。

※しつこすぎると殴られます。

内容について報告する

Facebookコメント

  • Kazuhiro Hasegawa

    2016年09月12日 12:49

    にゃんデレ(^^;)))にゃんツン(^^ゞ もーぉっ、その距離感いいにゃ(^^;)(;^^)

  • Masato Komagamine

    2016年09月11日 11:51

    仲良くなると とても豊かな表情を見せてくれるよ。