《東日本編》犬と快適ドライブ! 高速道路のドッグラン付きSA・PAをご紹介
出典 : Javier Brosch/Shutterstock.com

《東日本編》犬と快適ドライブ! 高速道路のドッグラン付きSA・PAをご紹介

高速道路を利用する時にチェックしておきたいのが、犬にも快適なSA・PAの情報。《東日本編》は、首都圏から群馬方面に向かう「関越自動車道」、栃木・宮城・青森方面に向かう「東北自動車道」、茨城方面に向かう「常磐自動車道」、千葉方面に向かう「館山自動車道」の情報を紹介します。※2017年09月現在の情報

  • サムネイル: 小田むじか
  • 更新日:
《東日本編》高速道路MAP

《東日本編》高速道路MAP

※注)ドッグラン付きSA・PAは【上下線】で異なる場合があります

出典 http://www.e-nexco.co.jp/

■東北自動車道(埼玉⇔栃木・宮城・青森)

【上下線】長者原SA

ラムサール条約湿地に登録された「化女沼(けじょぬま)」を見渡せる展望広場があり、愛犬とのお散歩にもおすすめ。ドッグランは、小型犬エリアとフリーエリアが完備されています。

■ドッグラン広場面積/下り620㎡・上り620㎡
■犬用水飲み場/◎
■排泄物用ゴミ箱/◎
■ペットOKのテラス/◎(レストランのテラスもOK)
■ペット関連グッズ/◎(犬用おやつなどの販売あり)

【下り線】那須高原SA

広大な芝生のドッグランで大型犬ものびのび駆け回ることができます。遊歩道や緑地もあり人もワンちゃんも快適に過ごせる環境のサービスエリアです。

■ドッグラン広場面積/600㎡
■犬用水飲み場/◎
■排泄物用ゴミ箱/◎
■ペットOKのテラス/◎

【下り線】佐野SA

ドッグランは小型犬エリアとフリーエリアがあり、レストラン前の屋外テラス席には便利なリードフックも設置。ドッグランの設置は下り線のみですが、徒歩で上り線から下り線への移動が可能なので、上り線の利用者もドッグランを楽しむことができます!

■ドッグラン広場面積/420㎡
■犬用水飲み場/◎
■排泄物用ゴミ箱/◎
■ペットOKのテラス/◎

■常磐自動車道(千葉⇔茨城・宮城)

【上下線】守谷SA

常磐自動車道で唯一のドッグラン。ドッグランには小型犬エリアと中・大型犬エリアがあり、入口手前には水洗機能付きのおしっこポールも設置されています。

■ドッグラン広場面積/下り500㎡・上り中大型犬エリア450㎡ 小型犬エリア280㎡
■犬用水飲み場/◎
■排泄物用ゴミ箱/◎
■ペットOKのテラス/◎
■ペット関連グッズ/◎(犬用おやつなどの販売あり)

■館山自動車道(千葉⇔茨城)

【上下線】市原SA

館山自動車道唯一のドッグランは小型犬エリアと中・大型犬エリアの2タイプ。通常のベンチのほか、雨や強い日差しが防げる屋根付きベンチも。テイクアウトコーナーも充実しているので、ベンチでゆったりランチを楽しむこともできます。

■ドッグラン広場面積/下り290㎡・上り360㎡
■犬用水飲み場/◎
■排泄物用ゴミ箱/◎
■ペットOKのテラス/◎

「わんわん広場」(長者原SA下り線)というドッグランがあるサービスエリアをはじめ、ドッグラン付きのショッピングセンターや、ペットOKの芝生広場(冬場はスキー場)など、東日本エリアにはワンちゃんに優しい施設がいっぱい。9月〜11月の秋シーズンはワンちゃんとのドライブにおすすめの季節。お出かけする時は、ケージに入れるか犬用のシートベルトを忘れずに、安全&快適にドライブを楽しみましょう。

内容について報告する