ブリーダーから猫を迎える方法と、その際の注意点について
出典 : ANURAK PONGPATIMET / Shutterstock.com

ブリーダーから猫を迎える方法と、その際の注意点について

飼い猫を選ぶ方法の中に、ブリーダーから迎えるという方法があります。そこで今回は、良いブリーダーの探し方や選び方をご紹介します。

  • サムネイル: 下田ウニ子
    下田ウニ子
  • 更新日:

ブリーダーとは

ブリーダーとは、犬や猫(主に血統書付き)などのペットを繁殖させ、流通させる仕事です。ペットショップで見かけるペットたちは基本的にブリーダーの手によって生まれています。

ブリーダーと飼い猫を探している人が直接取り引きを行うこともあります。愛情込めて育てた猫を新しい飼い主に譲渡し、しつけや飼い方の指導をするのもブリーダーの仕事です。

ブリーダーから猫を迎えるメリット

ブリーダーから直接猫を迎えることには、以下のようなメリットがあると考えられます。

1.入手価格を抑えられる

一般的にブリーダーとの直接取り引きは、ペットショップよりも価格が低めに設定されています。そのため、血統書付きの猫を飼いたいという希望があり、猫種が決まっている場合はブリーダーから猫を迎えたほうが良いかもしれません。

2.健康リスクが少ない

ペットショップへの流通段階で感染症にかかるおそれがないため、健康リスクが比較的少なく済むというメリットがあります。

3.知識が豊富

猫のブリーダーはいわば猫の専門家。猫に関する知識が豊富なことはもちろん、特定の猫種の特徴にも詳しいことが多いものです。ペットショップやマニュアルでは得られない、ブリーダーならでは知識を教えてもらうことも、ブリーダーから猫を迎えるメリットの一つと言えるでしょう

4.猫が人になつきやすい

飼育環境にもよりますが多くの場合、ブリーダーの下では誕生日の近い猫や兄弟猫などが集団で育てられているので、猫に社会性が身についているとも言われています。社会性の高い猫には人になつきやすく、ほかの猫や動物とも仲良くしやすいという性質があります。

そのほか、親猫に会えたり、育った環境を見学できたりというメリットもあります。

ブリーダーの探し方

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

ESB Professional/Shutterstock.com

「ブリーダーから猫を飼いたい!」そう思ったら、どうやってブリーダーを探せば良いのでしょうか? いくつか方法はありますが、今はインターネット経由で連絡を取るのがおすすめです。多数のブリーダーが登録しているブリーダー検索サイトもありますし、個人でWebサイトを立ち上げているブリーダーもいます。

ブリーダーにはそれぞれ専門にしている猫種があるので、飼いたい猫種が決まっている場合は「猫種名×ブリーダー」で検索を、特に決まっていないという人はブリーダー検索サイトで気になる猫を探すと良いでしょう。

いいブリーダーの見分け方

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

tankist276/Shutterstock.com

ただし、ブリーダーと直接取り引きをする際には、大きな注意点があります。それは悪徳ブリーダーにだまされないこと。残念なことに、ブリーダーを名乗る人の中には、お金儲けのためだけに繁殖を重ね、劣悪な環境で飼育している猫を高い金額で販売する人もいます。そういったブリーダーの猫には血統書が付いていなかったり、いい加減だったりすることも少なくありません。そんな悪徳ブリーダーにだまされないためにも、良いブリーダーの見分け方を知っておくことが大切です。ブリーダーとやり取りをする際、以下のポイントをチェックしておきましょう。

1.飼育環境を見学させてもらえるか、清潔な環境で飼育しているか

まず大切なのは、実際の飼育環境を見学できることです。良いブリーダーは基本的に、見学を申し出られて拒むことはありません。見学を拒否するということは、見られて不都合な事情があるということ。そのようなブリーダーとは取り引きを避けたほうが良いでしょう。また、見学ができても「これは…」と思うような、不潔だったり狭かったりする環境で飼育されている場合も同様に取り引きは避けましょう。

2.人柄は良いか

猫を譲ってもらうだけの間柄と言ってしまえばそれまでですが、そうは言っても人と人とのお付き合いです。自分と相性が良く、信頼できるブリーダーを選ぶことをおすすめします。将来にわたって猫のことを相談できるような相手を選びましょう。

3.動物取扱業の届出がされているか

動物を販売するには各自治体の保健所に、動物取扱業の届出をする必要があります。動物取扱業の届出をすると番号が発行されるので、その番号を確認し、実在する業者なのかどうか、保健所のWebサイトでチェックしておきましょう。

なお、ブリーダー検索サイトに登録しているブリーダーは事前審査を受け、口コミによって悪徳ブリーダーが淘汰されていることが多いですが、それでも完全に安心はできません。ブリーダーから猫を迎える際は慎重に判断し、大切な猫を選びましょう。

内容について報告する