愛犬のストレスなし♪ 思い通りのスタイリングが叶う、 失敗しないトリマーの選び方

愛犬のストレスなし♪ 思い通りのスタイリングが叶う、 失敗しないトリマーの選び方

トリミング初体験の飼い主は、サロン選びから迷う人も多いですよね。じつはトリミングサロンでは、シャンプー&カットだけでなく健康チェックなど提供してくれるサービスは多岐にわたります。それだけに相性のいいトリマーと出会えるかどうかはとても大事。そこでトリマー歴27年の三条順子さんに選び方のポイントを教えていただきました。

  • サムネイル: 山富龍
  • 更新日:

まずは、下調べが大事

近所の人のクチコミをチェック!

繁盛している=いいサロンとは限りません。近所で実際に犬を飼っている人数名に聞いてみるといいでしょう。「あそこのサロンの中でも、とくに○○さんが良かった」など、サービスやトリマーについて具体的に教えてもらえるかもしれません。

「当然ながら、できるだけ家から近いサロンの方が、犬にとっても飼い主にとっても移動の負担が少ないです。ただし、人間の場合もそうですが、素敵にカットしてくれる所は多少遠くても足を運びますよね。車や電車での移動が大丈夫でしたら、技術力があって快適なサロンも選択肢に入れていいと思います」(三条さん)

サロンによってはペットショプや獣医、ペットホテルが併設されている所もあります。トリミングのついでに予防注射や健康チェックもして欲しいとか、ホテルに愛犬を預ける機会が多い人などは、こうした施設が併設されているサロンをチェックしてみるのもいいかもしれません。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


ネットで料金やメニューを確認

お店のホームページなどがある場合は、メニューと犬種ごとの料金が明確に表記されているかどうかもチェック。犬種によってカット方法やかかる時間が異なるので、当然料金も変わってきます。サロンに行って「思っていたのと違った!」ということがないように、事前に料金体系も確認しておきましょう。

また、温泉浴やマイクロバブル、炭酸泉などのスパメニューが充実しているサロンもあります。皮膚の弱い子に適したメニューもあるので、事前に内容を聞いてみるといいでしょう。

<料金のチェックポイント>
□犬種ごとに料金が記載されているか
□セット料金の場合、金額に含まれている内容の詳細が記載されているか
□歯磨きや部分カットなど、オプションメニューの料金も記載されているか

次に、見学に行ってみる

お店が清潔かどうかを確認

情報収集が終わったら気になるサロンに足を運んでみましょう。いきなり愛犬を連れて行くのは不安という人は、サロンを見学するだけでもOKです。その際にチェックすることは、まずお店が清潔かどうか。お店に入った途端、犬のニオイがひどくしたり、蓄積された汚れや毛があったりするなど、掃除がきれいにされていないサロンはちょっと考えものです。

<来店時のチェックポイント>
□サロンの目立つ所に「動物取扱業登録証」が掲げられているか
□サロン内が清潔か、トリマーさんが使う道具が整理整頓されているか
□トリミングが終わるごとに、片付け、掃除をしているか

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

「お店が清潔なことは第一条件ですが、道具が整理整頓されているかどうかも重要なポイントです。きちんと道具を扱えない人は、プロ意識に欠けていると思われても仕方がありません。いいトリマーさんは常にいい状態で施術できるように道具の手入れも怠りません」(三条さん)

施術を受けている犬の表情を見る

実際に施術してもらっている犬が穏やかな表情で落ち着いているかどうかも確認すべきポイントです。犬が極端に嫌がっていたり、常に落ち着きのない様子をしたりしているようであれば避けた方が良いかもしれません。

もちろん、犬の性格によってはじっとしているのが苦手な子もいます。そういう犬を相手にトリマーがどのような態度で接しているかもチェックポイントです。犬に無理のない体勢で固定したり、犬の不安を取り除く対応をしたりしている人は経験豊かなトリマーさんと言えるでしょう。

<施術中のチェックポイント>
□シャンプーやカットの様子を見学させてくれるか
※場合によっては、飼い主さんや見学者が近くにいると落ち着かないこともあるのでトリマーさんにお任せしましょう
□犬に無理な姿勢をとらせていないか
□犬が安心できるように声をかけ、落ち着かせるなど、愛情をもって接しているか

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


実際に来店して、トリマーさんとの相性をチェック

丁寧なカウンセリングをしてくれるか

担当のトリマーさんと直接話ができることは大事です。「こんなスタイルにして欲しい…」など細かな希望も伝えるので、受付の人に言うだけでは飼い主さんの希望をきちんと理解してもらえないことも。また、愛犬の性格や苦手なことなども知ってもらった上で施術してもらうことがポイントです。

「とくに初めての方で、こうして欲しいという希望があれば、写真などを持参すると伝わりやすいですよ。たとえば『短めでお願いします』という希望の場合、飼い主さんの短めのイメージとトリマーさんとでは温度差が生じることもあります。また、トリマーさんとの感覚的な部分での相性もあるので、直接話せるサロンが望ましいですね」(三条さん)

健康状態までチェックしてくれるか

犬の体に直接触れるトリマーだからこそ、飼い主が気づかない愛犬の体の不調や皮膚のトラブルに気がつくことも。

「たとえば『お腹の部分にちょっとしこりがありました』とか『耳の中がかなり赤くなっていました』、『今日はご機嫌斜めでしたけど、家ではいかがでしたか?』など愛犬の状態を細かく伝えてくれる人は安心です。ちょっとした会話でお互いのコミュニケーションをはかれることは大事だと思います」(三条さん)

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

トリミング終了後、写真を撮ってくれ、犬の体重や体調、使用したシャンプーなど、愛犬手帳に細かく記載してくれるサロンも。次回訪れる際、こうした情報があると役に立ちます。

年齢に合わせたトリミングをしてくれるか?

トリミングは犬にとって体力を使うので、老犬になると長い時間の施術に疲れてしまいます。

「若いときはトリミングをしてくれたのに年をとったらできないと言われた、という飼い主さんの声も耳にします。私のサロンでは、年をとった犬に対して今日は爪のカットだけ、今日はシャンプーだけというように短時間ずつ数度に分けてすることもあります。ですから、年をとってもずっと対応してもらえるかどうか、年齢層に合わせたトリミングをしてもらえるかどうかも事前に聞いておくことをおすすめします」(三条さん)

トリマーさんと相性が悪かったら断れる?

相性が合わないと思ったら、我慢せず担当者を変えてもらうようにお願いしましょう。直接トリマーさんには言いづらいので、まずは受付の人に相談してみてもいいと思います。たとえば「初めてなので、いろんな方にお願いをしてから決めたい」という伝え方をすればいいでしょう。

どんなにベテランのトリマーさんでも自分に合うかどうかがいちばん重要です。不安に思ったら何件かサロンを訪れ、飼い主さんにとっても愛犬にとっても安心して任せられるトリマーさんを見つけましょう。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


内容について報告する