犬のクッシング症候群 考えられる原因や症状、治療法と予防法

犬が年を取り、お腹だけがぽっこりしてきた…これは、単なる老化ではないかもしれません。もし、手足が細いのであれば、別名「クッシング症候群」という副腎皮質機能亢進症を患っているかもしれません。このクッシング症候群、どのような病気なのでしょうか?

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:ますだ動物クリニック 増田国充院長

犬がクッシング症候群になる原因

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Holly Michele/Shutterstock.com

犬の腎臓の近くには、小さな豆の形をした副腎という臓器があり、様々なホルモンを生成しています。そのホルモンのひとつであるコルチゾールが過剰に分泌されてしまうと、カラダ中の臓器に悪影響が及んでしまうという病気です。性別に関わらず、6歳以上の高齢犬がかかりやすく、放置すると徐々に進行し命に関わる病気です。

このコルチゾールというホルモンは、体内の臓器が活動するために必要なエネルギーのもととなるブドウ糖の欠如により過剰分泌されます。正常な状態では、血糖を保つために肝臓内に蓄えてあるグリコーゲンをブドウ糖に変化させて体内に放出したり、体内の脂肪や筋肉などを分解したりして一定の血糖を保つのですが、このバランスが崩れてしまうことでクッシング症候群になるというわけです。

このクッシング症候群になる要因としては、以下の2種類の異常があります。

下垂体に異常がある場合

下垂体とは、脳の真ん中の底部にある、カラダに必要な様々なホルモンの分泌を指示する司令塔の役割を果たしている臓器です。この下垂体がどんどん肥大化し、脳神経を圧迫するような場合には正常な司令を出せなくなってしまいます。

副腎に異常がある場合

コルチゾールは、下垂体から司令が出て副腎で生成されます。下垂体が正常でも、副腎に腫瘍がある場合は、コルチゾールが大量に分泌されることがあります。

犬がクッシング症候群になった時の症状

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

MonicaChadwick/Shutterstock.com

犬がクッシング症候群になり、コルチゾールが大量に分泌されると、必要以上に脂肪・筋肉・コラーゲンなどを分解して血糖に変えてしまうので、以下のような症状が見られます。

●分解のし過ぎで、筋肉量が少なくなる
●同じく分解のし過ぎでコラーゲンが不足し、脱毛や皮膚の石灰化が起こる
●内臓を支える腹筋がなくなってしまうので、腹部が下に垂れる
●大量に水を飲み、大量におしっこをする
●皮膚が薄くなり、弾力性がなくなる

この中でも、クッシング症候群でよく見られる症状が、腹部が下に垂れる…お腹がぽっこりするポットベリーと呼ばれる症状です。また、血糖が常に高い状態が続くことから、糖尿病を筆頭に膀胱炎や皮膚炎、血栓塞栓症・脂肪肝・肝不全などのような病気を併発することも多くなります。

犬のクッシング症候群の治療・予防方法

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Billion Photos/Shutterstock.com

クッシング症候群が疑われる犬には、コルチゾールの過剰分泌を調べるために血液検査・ホルモン検査を行います。その結果、下垂体に異常があり、コルチゾールの分泌量をコントロールできなくなっていると診断された場合は、投薬治療を行います。

副腎の腫瘍の場合は、手術で除去する方法もありますが、非常にリスクが高くなります。というのも、通常の動物病院では機器が揃っていないこともあるので、手術もしくは放射線治療を希望する場合は、大型の動物病院を紹介してもらう必要があります。

クッシング症候群は、栄養のバランスを欠いてしまい血糖のバランスがコントロールできなくなることが要因になりうるので、バランスの良い食事が予防になります。しかし、犬は高齢になると食事の量も減るので、自然発生的にクッシング症候群を患う犬もいます。このクッシング症候群を早期に発見するために、犬をよく観察しておくことです。

飼い主が日頃から犬がどのような生活を送っているかチェックしていると、いつもとちょっと違うなと感じることがあると思います。その違いが、クッシング症候群の症状に近いものであれば、単なる老化と思わず、獣医師の診断を仰いだ方がよいでしょう。

内容について報告する