犬のフィラリア 考えられる原因や症状、治療法と予防法

犬の感染症の中でも代表的なのが、長さ15~30cmもの糸状のフィラリア虫が犬の心臓の右心室や肺動脈に寄生してしまう犬フィラリア症です。別名を犬糸状虫症ともいうこの犬フィラリア症、重度の場合には犬の命をも奪ってしまう厄介な病気です。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:ますだ動物クリニック 増田国充院長

犬がフィラリアになる原因

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

ArnuphapY/Shutterstock.com

犬フィラリア症は、犬フィラリア症に感染している犬の血液を吸った蚊を媒体として、感染していない犬に移っていくというメカニズム。
まず、蚊が犬フィラリア症の犬の血液を吸います。その血液の中にはフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)がいて、その血液を吸った蚊がまだ感染していない犬の血を吸う時に、このフィラリアの幼虫が体内に入ってしまうというわけです。

犬のフィラリアの症状

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

sanjagrujic/Shutterstock.com

このようにして、犬の体内に侵入したフィラリアの幼虫は、成虫になると15~30cm という長い糸状の寄生虫となり、犬の血流に障害を与えます。しかしこの犬フィラリア症、放置すると命をも奪う厄介な感染症にも関わらず、初期症状がほとんどないのです。そのため、治療をするのが遅くなってしまい、重症になった時には命にも関わってきます。

犬フィラリア症の症状としては「元気・食欲の減退」「吐くような咳をする」「痩せていく」「苦しそうに呼吸をする」などが挙げられます。また、症状が進行するとお腹に水がたまり膨らんだり、血尿に似た茶色がかった(※正確には血尿ではなく、血色素尿であるため、色調が若干異なります)おしっこをしたりするなど、明らかな体調悪化が見られるようになります。

フィラリアは動物の体内で脱皮を繰り返し、静脈に侵入し、肺動脈に運ばれ寄生します。肺動脈だけでなく右心室にも寄生します。そして、犬の血液の流れに影響を与える(心臓に寄生すると、血液の逆流を起こす大静脈症候群という重症になる)ことで、犬の健康を蝕んでいくのです。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

siriwat sriphojaroen/Shutterstock.com

犬フィラリア症の治療には長期に渡る可能性が高く、危険と経済的負担が伴います。犬フィラリア症の治療は、成虫駆除薬で駆除を試みる方法、首の血管から専用の器具を挿入し、心臓からフィラリアを取り出す手術を行う方法、現在寄生を許してしまっている成虫の駆除は積極的に行わないものの、以後の寄生を徹底的に予防する方法などがあります。治療方法には一長一短があり、いずれの治療も長期間に渡ります。また、完治を目的とするものではなく、あくまでも症状の緩和や悪化をさせないための手段と考えた方がよいでしょう。

このような事態にならないために大切なのは、しっかり予防をすることです。犬フィラリア症の場合、すでに感染している犬に予防薬を与えるのは逆効果になってしまう可能性がある(フィラリアの幼虫が一気に駆除されるとショック症状を起こすことがある)ので、事前に検査を行います。血液検査を行うと、すぐに犬フィラリア症に感染しているかどうかがわかります。

検査の結果、犬フィラリア症に感染していないことがわかると、予防プログラムを組んで実行していきます。そのプログラムとは、犬フィラリア症予防薬(もっとも一般的なのは経口剤ですが、滴下剤や注射などいくつかのタイプがあります)を、毎月1回、1ヵ月間隔で投与させるというものです。犬フィラリア症は厄介な病気ではありますが、この投薬により予防できる病気でもあります。予防期間は地域によって異なるので、獣医師の指示を守って投与してください。なお、注射剤は12ヵ月間効果が持続するため、1年に1度の注射で確実な予防が行えます。

このプログラムで気をつけなければいけないのは、途中の投薬や最後の投薬を忘れてしまうと感染リスクが一気に高まってしまうことです。たった1回、投薬を忘れてしまうと犬フィラリア症に感染してしまう可能性が出てきてしまうので、最後の投与まで気を抜かずに、カレンダーに印をつけるなど忘れないようにしましょう。もし、途中で投薬を忘れてしまった場合には、すぐに獣医師に相談してください。

内容について報告する