【獣医師監修】犬に氷を与える時の正しい方法と注意点!特に子犬や小型犬は要注意
出典 : APIWICH PUDSUMRAN/Shutterstock.com

【獣医師監修】犬に氷を与える時の正しい方法と注意点!特に子犬や小型犬は要注意

氷を犬に与えても問題はありません。しかし、氷を与える際にはいくつかの注意点があります。特に子犬や小型犬には注意が必要です。注意点を順にご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • サムネイル: PECO編集部
  • 更新日:

監修:徳本 一義 先生(獣医師)

犬が氷を好きな理由とは?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Valentyn Volkov/ Shutterstock.com

犬が氷を好むのは、見慣れないものや食べたことがないものに興味関心を示すためと考えられます。
必ずしもすべての犬が氷を好むわけではなく、もちろん全く氷に対して興味を示さない犬も存在します。

基本的に、氷を食べることにメリットもデメリットもないため、どうしてもあげたい場合は氷は間食(おやつ)として与えるのがおすすめです。

子犬に氷を与えても大丈夫なの?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

demanescale/ Shutterstock.com

犬に氷を与えることは基本的には問題はないものの、当然その際にはいくつかの注意点を抑えておかなければなりません。

なかでも犬がまだ子犬の場合は特に注意が必要となります。子犬は好奇心が旺盛で、明らかに飲み込めないサイズの氷の塊を飲み込んでしまい、のどに詰まらせる可能性が考えられます。与える氷のサイズには十分注意してください。
サイズが飲み込める程度の小さい氷ではなく、どうやっても飲み込めない大きなサイズの氷かカキ氷のように細かく砕いた氷は喉に詰まらせるリスクが低いため、比較的安全です。

犬が氷を食べ過ぎて、下痢や嘔吐をした時の対処法は!

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

WilleeCole Photography/ Shutterstock.com

まず、犬が氷を食べたり、舐めたりしたことが原因で下痢や嘔吐などの症状が表れる可能性はほぼありません。
しかし、体調不良を訴えている場合は、すぐに氷を与えることをやめ、犬の健康状態を確認するようにしてください。その際に下痢や嘔吐以外の症状が見当たらなければしばらく氷を与えることをやめ、様子見をしていれば問題はありません。ですが、ぐったりとしていて元気がないなど、少しでも気になる点があれば、念のため動物病院へ行き、体調不良が生じるまでの経緯を話し、獣医師のアドバイスに従うようにしましょう!

犬が下痢や嘔吐をした後は脱水症状を引き起こすこともあるため、飲み水を与えることに関しては中止するべきではありません。
また、その際にはお腹を冷やさないよう、常温の水を与えるようにしてください。

氷を使って愛犬を喜ばせましょう!

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Javier Brosch/ Shutterstock.com

ここでは犬に氷を与えるときの注意点や正しい方法、下痢や嘔吐などの症状が表れてしまった際の対処法などについて解説しました。

犬に氷を与えても基本的には問題はないといえます。しかし、特に子犬や小型犬などの体が小さい子に氷を与える際には喉のつまりに十分注意をして与えるようにしましょう。

多くの犬は氷を与えると喜ぶことから、リスクのことを過剰に心配するのではなく、適切な知識のもと愛犬を喜ばせるためにはどうしたらよいかということを考えてみるのが重要といえるでしょう。

コンテンツ提供元:愛犬(ペット)の一生涯に寄り添い、飼い主を支えるメディア - hotto(ホット)

内容について報告する