【獣医師監修】犬がチョコレートを食べても大丈夫?少量舐めても中毒に!?原因と対処法!
出典 : Dima Sobko/Shutterstock.com

【獣医師監修】犬がチョコレートを食べても大丈夫?少量舐めても中毒に!?原因と対処法!

犬がチョコレートを食べると中毒症状を起こすというのは有名な話ですよね。世間では「一口だけでも重症になってしまう」「チョコレートが毒という話自体が嘘」などとチョコレート中毒に対する意見が分かれているようです。今回はチョコレートがなぜ、犬に悪影響を及ぼすのか、中毒症状に至る量はどのくらいかなど詳しく見ていきましょう。

  • サムネイル: PECO編集部
  • 更新日:

監修:徳本 一義 先生(獣医師)

犬がチョコレートを食べても大丈夫?中毒症状の原因は?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Popoudina Svetlana/ Shutterstock.com

犬がチョコレートを食べると中毒症状を引き起こす危険性があります。

チョコレート中毒を引き起こす成分は「テオブロミン」というカカオに含まれる苦味成分です。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Chiociolla/ Shutterstock.com

板チョコのような固形のチョコレートだけではなく、チョコレートパウダーやシロップ、ココアなどにも含まれており「大脳興奮作用」や「呼吸興奮作用」があります。

人間も犬も食後、このテオブロミンを肝臓で分解していく作業を行いますが、犬や猫は人間に比べてこの分解を行う速度が半分以下となっています。

そのためテオブロミンの効果が過剰に発揮され、結果として中毒症状が出ます。

犬がチョコレートを食べると中毒症状で死亡する?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Sam Strickler/ Shutterstock.com

犬がチョコレートを食べたからといって、すべての犬が死に至るわけではありません。

その理由として、まず個体差があることが挙げられます。

基本的に犬にとってチョコレートは危険な食べ物ですが、感受性に個体差があるため、食べても何でもない犬から、少し食べるだけで発症してしまう犬もいます。

また、中毒症状になった場合でも、食べたチョコレートの量が少なかったり、催吐処置(食べた物を吐かせる処置)や胃洗浄(胃の中のものを洗い流す処置)、点滴治療などを行ったことによって死に至ることを防げることもあります。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Konstantin Zaykov/ Shutterstock.com

ただし、処置をしても中毒症状が出てからしばらく時間が経ってしまうと手遅れになり、死に至るケースもあります。

犬の感受性が高い場合には取り返しがつかないことになるため、犬にチョコレートをあげることは避けてください。

犬がチョコレートを食べて中毒を起こした場合の症状は?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Maria Sbytova/ Shutterstock.com

犬がチョコレートを食べた場合、以下のように様々な中毒症状が起きる可能性があります。

・嘔吐(おうと)
・下痢(げり)
・喘ぎ(あえぎ)
・失禁
・動悸
・神経過敏
・興奮
・頻脈
・心臓のリズム障害
・昏睡(こんすい)
・痙攣(まひ)
など

犬がチョコレートを食べてしまった場合、どのくらいの量で中毒症状が起こる?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

k.nykyforova/ Shutterstock.com

犬の体重1kgあたり、100mg前後のテオブロミンを摂取すると毒性が発生すると言われています。

日本で販売されているチョコレートの「テオブロミン」含有量は、ミルクチョコレートで100gあたり250mg程です。

テオブロミンの含有量はチョコレートの種類によっても異なります。

例えばホワイトチョコレートにはテオブロミンは含まれません。

一方でミルクチョコレート、特にブラックチョコレートにはテオブロミンが多く含まれています。

最近では高カカオのチョコレートが数多く販売されていますが、これらは普通のチョコレートの2.5〜4倍のテオブロミンが含まれているため、特に注意が必要です。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Africa Studio/ Shutterstock.com

一般的なミルクチョコレートが1枚50gだとすると、5kgの小型犬がこのチョコ4枚を食べると中毒症状が現れます。

一見「こんな量をあげることはない」と思われるかもしれません。

しかし、盗み食い等で飼い主の目の届かないところで大量に食べしまうケースもあります。

特に犬は猫に比べて甘いものを好むため、飼い犬が気づく範囲にチョコレートを放置してしまうと、勝手に食べてしまう可能性があります。

チョコレートは必ず飼い犬が食べることができない場所に置くようにしましょう。

犬がチョコレートを食べてしまった場合の対処法!

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Ilike/ Shutterstock.com

犬がチョコレート中毒になった場合、テオブロミンを効果的に解毒する薬剤は現時点では存在しません。

犬が中毒症状をおこした際の基本的な治療は対症療法になります。

チョコレートの摂取直後であれば、催吐処置によって胃の中のチョコレートを吐き出させることなどがおこなわれます。

ただし、自分で吐かせることが難しいようなら、無理に吐かせるようなことはせず、急いで動物病院へ連れて行き獣医師にみてもらいましょう。

また、チョコレートを何時頃、どれくらいの量を食べたのか、種類や成分などについても獣医師に伝えましょう。

飼い主の正確かつ迅速な行動が、愛犬を守ることにつながります。

【参考文献】
禁忌食(その2)ーチョコレートとイヌ・ネコの健康
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpan/15/1/1536/pdf

コンテンツ提供元:愛犬(ペット)の一生涯に寄り添い、飼い主を支えるメディア - hotto(ホット)

内容について報告する