猫たちのために保護猫カフェを作る!【赤羽】

(猫びより 2019年5月号 Vol.105より)

  • サムネイル: 猫びより編集部
  • 更新日:

2018年9月23日にオープンした「保護猫カフェGOMA」。
店主の佐々木大(ひろ)さんは子どもが生まれるのをきっかけに、3匹の元保護猫たちと一緒に渋谷区から北区に転入。

肩乗りが得意技の、あんちゃんと大さん

肩乗りが得意技の、あんちゃんと大さん

もともと大の猫好きで、お店の名前にもなったごまちゃん(2歳♀)を最初に譲渡会で引き取った後、縁あってあんちゃん(8歳♀)、らいおん君(1歳♂)も引き取ることに。

ごまちゃんがお昼寝から目覚めてチラリ

ごまちゃんがお昼寝から目覚めてチラリ

大さんは北区で犬猫の殺処分ゼロ運動のボランティア活動に参加するものの、あまりの猫の数の多さを目の当たりにし、引っ越しから数ヶ月で自ら保護猫カフェを作ろうと決意。

シャム系ミックスのもも君(左)とラファ君

シャム系ミックスのもも君(左)とラファ君

「北区には個人的に猫の保護活動をされている方はいるんですが、大きな保護団体というものがないんです。だったら自分で保護猫カフェを開いて、里親探しをやろうと思ったのがきっかけです」とのこと。

模様が個性的なほいっぷちゃん

模様が個性的なほいっぷちゃん

ちょうどいい物件もすぐに見つかり、あれよあれよと言う間に保護猫カフェがスピードオープン。
週末にはたくさんの方々が訪れ、これまでに10匹以上の猫たちに新しい家が見つかったそうですが、今もカフェでは17匹の猫たちが飼い主さんを募集中です。

ちょっぴりシャイなマロン君

ちょっぴりシャイなマロン君

昔から「まずはやってみないと分からないでしょう?」が信条だったと笑う大さん。
猫たちの医療費やエサ代を捻出するために、最近オンラインショップも始めたとか。

オンラインショップで人気の猫箸置き

オンラインショップで人気の猫箸置き

行動力のある大さんの猫愛がギュッと詰まった保護猫カフェを応援する意味でも、一度こちらのカフェで器量良しぞろいの猫さんたちとたわむれてみませんか?

保護猫カフェGOMA

保護猫カフェGOMA


東京都北区志茂4-11-9 1F
TEL 03-6667-5386
営業時間/12:00~20:00(土日曜・祝日~22:00)
定休日/月・水曜、第1・3木曜
http://catgoma.jp

オンラインショップ
https://catcafegoma.stores.jp

取材・平野敦子

内容について報告する