『万全の体制で、安全でおいしいエゾシカ肉を提供します』鹿肉生産者・曽我部さんにお話を伺いました

『万全の体制で、安全でおいしいエゾシカ肉を提供します』鹿肉生産者・曽我部さんにお話を伺いました

プレミアムドッグフードPECOPECOは、直接現地を訪ね、人の食用としても高品質の食材を作っている生産者さんから、愛犬用に提供してもらっています。鹿肉もそうした食材の一つ。その生産販売を手がける北海道釧路市の北泉開発・曽我部さんにお話をうかがいました。

  • サムネイル: PECOPECO
  • 更新日:

PECOPECOは直接現地を訪ね、人の食用としても高品質の食材を作っている生産者さんから、愛犬用に提供してもらっています。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

曽我部元親さん
養鹿事業・エゾシカ肉販売 北泉開発株式会社 常務取締役

鹿肉もそうした食材の一つ。鹿肉は牛肉や豚肉と比較して鉄などのミネラルが豊富で、日本の食料環境で育った愛犬にとっては食物アレルギーを起こしにくい食肉として知られています。PECOPECOはそうしたメリットも踏まえ、北海道の大地で育ったエゾシカ肉を使用しています※。その生産販売を手がける北海道釧路市の北泉開発・曽我部さんにお話をうかがいました。

※すべてのフードレシピに鹿肉が含まれるわけではありません
 

なぜエゾシカ肉の生産販売をはじめたのですか?

曽我部さん(以下略):

もともとは草木や農産物を荒らす害獣と見なされ、駆除されるだけだったエゾシカを活用しようということで鹿肉を扱い始めました。今では釧路の代表的な産業の一つとして発展し、地産地消と食育のため、当社の鹿肉が学校給食やレストランでも食べられていますよ。鹿肉の調達方法には、ハンターが狩猟した鹿の買い取りと、牧場で鹿を育てる「養鹿」があります。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


ハンターから買い取った鹿の品質に不安はありませんか?

鹿を受け入れた日付やハンターの氏名を、一頭ずつ記録し管理しています。外部から受け入れるのは頭を撃った鹿だけです。体を撃った鹿は、弾丸の破片が販売する肉の部位に混入している可能性があるので。そうした肉もドッグフードに使われることもあるようですが、当社では扱いません。
 

養鹿とはどのように行うのですか?

エゾシカ被害の対策として阿寒湖畔の山林に囲い罠を設置し、捕まえた野生の鹿を自社所有の広い牧場の中でのびのびと育てています

牧場の中にはエゾシカが身を隠せる森林や水飲み場になる池や小川もあり、できるだけストレスを与えない快適な環境を確保しています。そうすることで、肉質が良くなり味わいが増すんですね。エゾシカ牧場の運営から食肉加工まで一貫して行っているのは、当社が日本初です。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


北泉開発が認証を受けている「エゾシカ肉処理施設認証制度」とは?

北海道が定めた制度です。主な認証の条件は「エゾシカ肉衛生処理マニュアル」を遵守していること、北海道HACCP(北海道保健福祉部)※ の評価においてA評価以上を取得していること、出荷する製品の流通経路が明らかで、書面での追跡が可能なことなどです。厚生労働省が新たに設けた「国産ジビエ認証制度」よりも厳しい基準が定められているんです。

※HACCPとは、食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようする衛生管理の手法です。この手法は 国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の合同機関である食品規格(コーデックス)委員会から発表され、各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。【厚生労働省HPより】

 

うちの子もおいしく食べられるでしょうか?

人にとっても愛犬にとっても、おいしいお肉の条件はきちんとした処理がされていることです。

当社では熟練した作業員がしっかりと血抜き・解体洗浄を行っています。鹿肉はすごく動物に好まれる肉で、たとえば動物園の動物に当社のエゾシカ肉をあげると、それ以外の肉に目が向かなくなると言われます(笑)。きっと夢中になって食べてくれると思いますよ。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


 

内容について報告する