心優しいイケメン猫さんと過ごした13年間をもう一度。

心優しいイケメン猫さんと過ごした13年間をもう一度。

オーダーメイドぬいぐるみ【PECO Hug】には、飼い主さんからの数々のエピソードが寄せられています。今回は実際にオーダーメイドぬいぐるみを作った「アイにゃん」くんの飼い主さんにお話を伺いしました。

  • サムネイル: PECO Hug
  • 更新日:

アーイ、アーイと鳴く子猫

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


ある日、叔母さんの家の近所で子猫が産まれたことを知った飼い主さん。

当時、ネコが飼いたくて仕方がなかった飼い主さんは、家族と相談し、子猫を家族に迎えることになりました。

「私の初めてのバイト代で、菓子折りを買い、ワクワクしながら迎えに行きました。」

そこにいたのは、兄弟の中でも1番小さな男の子の子猫。

「フワフワしてすごく可愛くって…一目惚れでした!」

ニャーニャーとは鳴かず、「アーイ、アーイ」と鳴いているように聞こえたという飼い主さん。
その子猫は”アイ”と呼ばれていました。

心優しいアイくん

「アイにゃんは一緒に遊んでいるとき、私と妹には負けないぞ!っと
本気で遊んでいたようで、私たちの手足には生傷がたえませんでした…(汗) 」

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

「僕は負けないよっ」

すごくヤンチャだったというあいにゃんくんですが、
飼い主さんが「アイにゃん」とあだ名で呼ぶと、側まで走ってきてゴロゴロ喉を鳴らしてくれていたそうです。

「それだけで、どんなに嫌な事も忘れさせてくれました。 」

「僕はお兄ちゃん!」

「アイにゃんは、自分のほうがお兄さんだと思っていたのか、
大人になると、母がいない時は自分のカリカリを私の所に運んできて、
『ご飯食べなよ』と、得意げな顔をしていました。
『ありがとー』と言って受け取り、寝た後にこっそりと戻してました。 」

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

「お腹、空いてるでしょ?」

お兄ちゃんのような一面もあったあいにゃんくんは、キリッとした顔をしていたそうです。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


「イケメンだねーっと褒めると、胸を張って『そうだよ』っと、得意げになってました。」

仕草までがイケメンなにゃんこさんです。

あいにゃんくんが13歳の頃のこと。
急にフラっと倒れてしまったため、急いで病院へ連れて行った飼い主さん。
原因ははっきり分からず、目も見えなくなってしまいました。

しかし、あいにゃんくんは飼い主さんが名前を呼ぶと、以前のように頑張って飼い主さんのもとへ…

「それから3ヶ月後、奇跡的に視力が回復してきました。
ご飯も自分で美味しそうに食べていたのを見て、涙が止まりませんでした。」

その後、あいにゃんくんには認知症のような症状が現れました。

「徘徊、失禁があったりと、
日替わりで介護の日々でしたが、家族であいにゃんと毎日過ごせた大切な時間でした。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


とても苦しそうな闘病の日々でしたが、最後は、私のそばで眠る様に天に昇っていきました。」

あいにゃんくんがいない日々に…

「何年たってもあいにゃんがいない日々は寂しかったです。」
心にぽっかりと穴があいたような気持で、毎日の生活を送っていた飼い主さん。

たまたま見つけたPECO Hug(ペコハグ)のインスタグラムを見て、
オーダーメイドぬいぐるみを購入しようと決意します。

「すごく丁寧に連絡を頂きました。 3ヶ月後が待ちどうしかったです。」

それから3ヶ月後…

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


「箱から出した瞬間、毛並みがアイで、 『あいにゃん』と、すぐに声を掛けていました。
『おかえりなさい』と泣いてしまいました。」

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


今は、大好きなソファーの上でくつろいでます。
これからもずっとあいにゃんは私達の側にいます。

愛犬・愛猫のオーダーメイドぬいぐるみは大切な記憶を思い出すきっかけになったり、寂しいときは抱きしめて可愛がることもできます。
遠く離れてしまっても、いつでも一緒にいられるような気持ちになれますね。

内容について報告する