家族に見守られて旅立ったワンコ → 想いが詰まったぬいぐるみとなり、みんなと再会するのでした。

オーダーメイドぬいぐるみ【PECO Hug】には、飼い主さんからの数々のエピソードが寄せられています。今回は、愛犬「だいすけくん」のオーダーメイドぬいぐるみを作った飼い主さんに、背景やお気持ちなどをお伺いしました。

  • サムネイル: 蒼樹 りんどう
  • 更新日:

ワンコの性格や雰囲気はその子によって本当に様々。
今回ご紹介するのは、甘え上手で愛嬌のある仕草をみせた子のお話です。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


白と茶色模様がキレイに分かれたこちらのワンコさんは、シーズーの「だいすけ」くん。
つぶらな瞳はもちろんのこと、お口まわりのボリューミーなもふ毛も、おヒゲを連想させてとても愛くるしいですね。

だいすけくんは以前までは、ママのご実家 ―― お母様のもとで暮らしていました。
しかしお母様が体調を崩し入退院をくり返すように…。そのことをきっかけに、だいすけくんは飼い主さんご夫妻のお家で暮らすことになったのです。

出会いと思い出

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


ママがだいすけくんと初めて顔を合わせたのは実家に帰省したとき。彼がまだ子犬だった頃です。
当時は、あまりの可愛さに一瞬で心を奪われてしまったのだとか!
話を聞いていたパパも、初対面した際には大はしゃぎ♪

「やぁ!」
「君がだいちゃんか!」

そんな喜びいっぱいの姿が今でも忘れられないと、ママはおっしゃいます。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


そして月日は経ち、前述のようにご夫妻のもとへやって来たもふもふワンコ。
家族から絶え間ない愛情を受け、愛らしい様子もたっくさん見せるようになります。
たとえば、↓こんなエピソードも。

飼い主さん宅では、だいすけくんがフードをしっかりと食べたら、おやつをあげるということにしていました。
そのことを分かっているワンコさんは、頑張ってモグモグ。
でも途中で食べるのを止め、「おやつ貰えませんか〜?」とおねだり開始〜♪ もちろんそれは断られてしまい、だいすけくんはフードの所へしょんぼり戻ります(´・ω・`)
ところが…
ニオイをくんかくんかだけして、「僕ちゃんと食べたよ!」とすまし顔で再度おやつを貰いに来るんです!
そう、まさかの食べたフリ…。なんて悪知恵なの〜(笑)

もちろん、その可愛さに飼い主さんが負けてしまったことは言うまでもありません。

ちなみにフードを完食したときは、エッヘン! とドヤ顔をしちゃいます( ̄^ ̄*)
だいすけくんは元々食が細いワンコで、人が食べている物は欲しがることはありません。
…どうやら大好きなおやつが絡むと、ちょっと違うみたいですね♪ これが別腹っていうものなのかな?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


また、
いつも起きるのは最後だったというだいすけくん。
「だいちゃーん、起きなさーい!」とお迎えすると、ようやく寝ぼけ顔でお返事zzZ
そんな様子に「重役出勤だね」とつい笑ってしまうご夫妻。
だいすけくんは、きっと好きな人の声を聞いて起きたかったんだね♪

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


このように、その仕草や行動は茶目っ気であふれています。
性格もとても優しく穏やかで、お客さんには基本的にWelcome♡
寝言で時々「ワン!」と言うくらいで、吠えることもほとんどなし。お散歩姿を見なければ、ワンコを飼っていると分からないほどなのだとか!
飼い主さんからすれば、まさに自慢の息子。

他にも、旦那さんのフルート演奏を楽しみに聴いたりと、毎日みんなでたくさんの思い出を作っていくのでした。

しかし…

ある日、幸せな家族に悲しい現実が突きつけられます。
それは

だいすけくんに悪性リンパ腫が判明。

飼い主さんは、診断を受けた日の帰り道はショックのあまりどのように帰宅したかも分からなかったそうです。

その後、次第に体調を崩していくだいすけくん。
それでも懸命に生きようとし、ご近所の方々にも挨拶するなどしっかりとした姿を見せるのでした。

…そして、冷たい風吹く12月2日。
家族に名前を呼ばれながら、だいすけくんはママの腕の中で静かに息を引き取ります。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


ツラい気持ちを押し殺し、当時のことをママはこう教えてくれました。

「(だいちゃんが逝ったときの)力が抜けていく重さは忘れられません」
「本当に苦しくて、メモリアルグッズを探しまくりました」

あの日以降、家族の心にはポッカリと穴が…。
ママは隙間を少しでも埋めようと、羊毛フェルトのぬいぐるみを迎えることも考えます。
しかし、デリケートな作りのため気軽に触ることもできず断念する結果に…。

そんな半ば諦めかけたときに出会ったのが、
リアルな上に抱っこでもできるオーダーメイドのぬいぐるみ【PECO Hug】でした。

もうひとりの、だいちゃん

さっそくオーダーし、担当者とも密に連絡。
「訂正や希望を伝える時間は寂しさが紛れました」、ママはこのようにおっしゃいます。
そして待つこと数ヶ月…。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


ついにお家に帰ってきた、だいすけくん。

その以前と変わらない姿に、嬉しさのあまり涙してしまうママ。「本当にそっくりだね」とパパも喜んだそうです。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


現在「だいすけくん」は、リビングのいつも寝ていた場所でちょこんとお座りしています♪ おやすみの時間がくると、ママと一緒に寝室へGO〜zzZ
また、旅行にも当然のことながら(?)同伴。
(その際、部屋に入って来たスタッフが「本物のワンコかと思った!」とビックリしたのだとか。)

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


最後に、ママはおっしゃいます。

「(家の中で)やっと普通にだいすけの話題が出るようになってきました」
「あれこれと主人と二人、色々なだいすけの表情を思い出せました」
「12月2日の命日の前に、だいすけが素敵なプレゼントを届けてくれた様な気がします」
「本当にありがとうございました」

みんなと何年も過ごしただいすけくんは、もういないのかもしれません。
ですが、家族の想いとしてPECO Hugの中でこれからも生き続けるのではないでしょうか。

※ ぬいぐるみのサイズは、種類や体重などによっても変わりますが、30〜45cmほどです。
愛犬・愛猫のオーダーメイドぬいぐるみは大切な記憶を思い出すきっかけになったり、寂しいときは抱きしめて可愛がることもできます。
遠く離れてしまっても、いつでも一緒にいられるような気持ちになれますね。

内容について報告する