【チワワスタイル】家でやっているお手入れにも、意外な落とし穴があるんです(目と耳編)

【チワワスタイル】家でやっているお手入れにも、意外な落とし穴があるんです(目と耳編)

  • サムネイル: PECO TV
  • 更新日:

ふだんおうちで飼い主さんが何気なくやってあげているお手入れ。でもやり方によっては、犬が痛みを感じていたり、怖い思いをしていることも。今回はついやりがち&見落としがちなお手入れのポイントを徹底的に紹介しよう。(チワワスタイル Vol.25より)

監修:野矢雅彦先生

愛犬がお手入れを嫌がるのには何か理由があるのかも

散歩から帰った時の足や体拭き、涙やけのお手入れ、ブラッシング、耳掃除、歯磨き、シャンプーなど、家で飼い主が行うケアにもいろいろある。

上手にやってくれなきゃ泣いちゃうよ

上手にやってくれなきゃ泣いちゃうよ

お手入れ中に嫌がらずおとなしくしていてくれる犬もいるが、「涙を拭こうとすると、豹変して唸ります」とか「歯磨きに挑戦しましたが、犬が怒るので断念しました」といった声を聞くことも多い。こんな場合、「うちの子は怒りっぽいから」とあきらめがち。

汚れやすい所、どーこだ?

汚れやすい所、どーこだ?

でも、もしかすると、例えば乾いてパリパリになった目やにを取る際、ふやかさないで一気に剥がしてまつげも一緒に抜いてしまったり、歯磨きを初めてするのに、いきなり歯ブラシを口の中に入れていたりなど、犬に「嫌だな、怖いな、痛いな」という印象をもたせている可能性があるのだ。

綿棒は危ないって知ってた?

綿棒は危ないって知ってた?

目やにはふやかして取る! のがコツ

涙やけに悩むチワワの飼い主さんは多いもの。こまめに涙や目やにを取る以外にも、意外なコツがあるんです。

正しいやり方

目やには乾いたまま取らない

①目やには乾いたまま取らない

水や涙やけクリーナーなどで、コットンを湿らせておく。

犬の後ろから手を回して拭く

②犬の後ろから手を回して拭く

拭く前に犬に「これから拭くよ~」と声をかけたり、顔を触りながら、犬の後ろから手を回す。湿らせたコットンで目やにをふやかし、あごを抑えながら優しく拭き取る。

これはNG!

いきなり前から拭かない

いきなり前から拭かない

声かけもせず、いきなり正面から拭こうとすると嫌がられる可能性大。犬にも心の準備は必要なのだ。

鼓膜のそばの汚れを取るのが大事

耳掃除は耳の奥の鼓膜に近い部分の汚れを取るのが目的。イヤークリーナーを耳の中に入れて汚れを浮かせて取ろう。

正しいやり方

イヤークリーナーの液を耳の中に入れる

①イヤークリーナーの液を耳の中に入れる

「これから耳掃除するね」などと犬に優しく話しかけ、耳の中にイヤークリーナーの液を入れる。

イヤークリーナーを染み込ませたコットンを使ってもOK

②イヤークリーナーを染み込ませたコットンを使ってもOK

イヤークリーナーの液を耳に直接入れるのを嫌がる犬の場合は、液を染み込ませたコットンで優しく耳の中を拭いてあげてもOK。

これはNG!

綿棒は使っちゃダメ!

綿棒は使っちゃダメ!

綿棒を使うと、犬が動いた時に耳の中を傷つけてしまうことも。基本的に耳の中の掃除をする際は綿棒など柄のあるようなものを使わないようにしよう。

耳のもみ方

あごの裏あたりをもむ感じで

あごの裏あたりをもむ感じで

イヤークリーナーの液を耳に入れた後は、あごの裏あたりをよくマッサージすると、液と共に鼓膜のそばの汚れが浮き上がってくる。

それをコットンで拭き取ったり、犬にブルブルと首を振らせても良い

それをコットンで拭き取ったり、犬にブルブルと首を振らせても良い(首を振らせる場合は、汚れが周りに飛び散るので、風呂場などで行う)。

Text:Mari Kusumoto
Photos:Miharu Saitoh
Model:Hublot、Choco、Koro

監修:野矢雅彦先生
ノヤ動物病院院長。日本獣医畜産大学卒業後、1983年よりノヤ動物病院を開院。著書に『犬の言葉がわかる本』(経済界)『犬と暮らそう』(中央公論新社)など多数。

ノヤ動物病院
埼玉県日高市上鹿山143-19
http://www.noya.cc/

内容について報告する