【チワワスタイル】家でやっているお手入れにも、意外な落とし穴があるんです(ブラッシング編)

【チワワスタイル】家でやっているお手入れにも、意外な落とし穴があるんです(ブラッシング編)

  • サムネイル: PECO TV
  • 更新日:

ふだんおうちで飼い主さんが何気なくやってあげているお手入れ。でもやり方によっては、犬が痛みを感じていたり、怖い思いをしていることも。今回はついやりがち&見落としがちなお手入れのポイントを徹底的に紹介しよう。(チワワスタイル Vol.25より)

監修:野矢雅彦先生

汚れを見落としたり、お手入れを忘れがちな部分について知っておこう

見落としがちなところは毛玉ができやすい!?

ブラッシング、シャンプーの際、洗い、すすぎ、乾燥といった流れの中で、忘れがちな体の部分は意外にも共通している。耳の後ろ、あご、脇、内股、シッポ、足先などだ。

見落としがちなところは毛玉ができやすい!?


特にロングコートのチワワは、耳の後ろ、脇に毛玉ができやすい。毎日ブラッシングしているつもりでも、ある日愛犬の体を触ってみると毛玉ができていてびっくり、ということも。

 ロングのチワワのお尻やシッポの毛はまるでモップのよう。座った時や散歩中にホコリやゴミが毛につくことも多い。

ロングのチワワのお尻やシッポの毛はまるでモップのよう。座った時や散歩中にホコリやゴミが毛につくことも多い。

毛玉も小さいうちはコームでとかせばほぐれやすいが、大きくなったりたくさんできたりすると、ほぐす時に愛犬が痛い思いをすることもあるし、バリカンで刈らなくてはならないことも。

水を飲んだり、ゴハンを食べた後にあごが汚れたり、フセた時に胸にゴミなどがつくことも。毛の豊かなコは特に注意。

水を飲んだり、ゴハンを食べた後にあごが汚れたり、フセた時に胸にゴミなどがつくことも。毛の豊かなコは特に注意。

見落としがちな部分を把握し、愛犬の体を常に清潔に保ちたいものだ。

耳の後ろの毛はとても柔らかく、毛玉がよくできやすい。毛玉を取る時に嫌がるコも多いので、こまめにチェックしよう。

耳の後ろの毛はとても柔らかく、毛玉がよくできやすい。毛玉を取る時に嫌がるコも多いので、こまめにチェックしよう。

ブラッシング

同じ所ばかりブラシをかけていてはダメ

背中などかけやすい所だけでなく、ブラシは全身にかけて。また、スクラッチャーなどダブルコートの犬によく使うブラシでゴリゴリ毛をとかすと、皮膚を傷つけることもあるので要注意。

正しいやり方

自分の腕に当て力加減を知る

①自分の腕に当て力加減を知る

ブラシは犬の皮膚の状態に合わせて使おう。皮膚にダメージがある時はスリッカーよりもピンブラシやラバーブラシがオススメ。使う前に自分の手で力加減を確認。

ブラシは犬の後ろからかける

②ブラシは犬の後ろからかける

ブラシをかける前は「今からブラッシングしようね~」などと声をかけながら、体を撫でたりした後に、顔の後ろの方から優しくブラシをかけていく。

これはNG!

ブラシの先を目の近くに持っていかない

ブラシの先を目の近くに持っていかない

コームやスリッカーのブラシの先は尖っているので、ブラッシング中に犬が動いて先端が目に入るととても危険。犬の正面からブラシをかけないように気をつけよう。

忘れがちな所

耳の後ろ

耳の後ろ

毛玉が小さいうちなら、コームも入りやすく、毛玉もほどけやすい。こまめなブラシがけを。

脇の下

脇の下

耳の後ろと同じく毛玉ができやすい脇の下。手を優しく持って、そっとブラシをかけてあげよう。

内股の毛

内股の毛

散歩中にノミやダニがつきやすい内股。ブラッシングしながら、虫などがついていないかチェック。

ゴミやほこりがつきやすいシッポは、先端までこまめにブラシをかけて清潔を保とう。

シッポ

ゴミやほこりがつきやすいシッポは、先端までこまめにブラシをかけて清潔を保とう。

ブラシの種類

犬の毛質や用途によってブラシは使い分けよう。スムースさんは獣毛ブラシやラバーブラシがオススメ。

獣毛ブラシ

獣毛ブラシ

スムースチワワ御用達。静電気が起きにくい。馬毛や豚毛などがある。

スクラッチャー

スクラッチャー

被毛をすいて取るタイプ。柴やコーギーなどダブルコートの犬向き。

ピンブラシ

ピンブラシ

ブラシの先端が丸まっているので、皮膚に触れる感じが優しい。

ラバーブラシ

ラバーブラシ

被毛のお手入れにも使えて、同時に皮膚のマッサージもできる。

スリッカー

スリッカー

毛を整えたり、シャンプー後の毛を乾かす時に主に使う。

コーム

コーム

毛玉をほぐしたり、毛並みを整える時に。ロングコートにオススメ。

Text:Mari Kusumoto
Photos:Miharu Saitoh
Model:Hublot、Choco、Koro

監修:野矢雅彦先生
ノヤ動物病院院長。日本獣医畜産大学卒業後、1983年よりノヤ動物病院を開院。著書に『犬の言葉がわかる本』(経済界)『犬と暮らそう』(中央公論新社)など多数。

ノヤ動物病院
埼玉県日高市上鹿山143-19
http://www.noya.cc/

内容について報告する